Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

ナントカ堂

ナントカ堂 2020年12月20日 09:35

阮文存

 前回と同じく『大南寔録』「正編列伝初集」巻二十八より、カンボジア人奴隷から阮朝建国の功臣となった阮文存の伝を見ていきましょう。

阮文存

阮文存、眞腊の茶栄の人で、もとは宮中の奴隷である。
 甲辰(1784)春、嘉隆帝が望閣に逃れると、該隊に任命された。
 丁未秋、嘉隆帝が暹(シャム)から帰国すると、黎文勻に従って西山朝側の巴淶堡を攻め落とした。
 まもなく命により、茶栄と斌切に住むカンボジア人数千人を集めて兵とした。これを暹兵屯と号し、阮文存が統管となった。
 阮文存は初め名を沿といい、姓は無かった。嘉隆帝側に付き従って功があったため、姓を賜った。
 己未(1799)に武性に従って平定城を守ったが、辛酉(1801)に城は落ち、西山朝の軍に捕らえられた。ここで西山朝に降って兵の指揮を任された。
 阮軍が西山軍と交戦すると、阮文存は偽って西山軍のために戦った。阮軍から誘われても阮文存は無視したため、西山軍は阮文存を信用した。そこで隙を見て阮軍に逃げ帰った。阮文誠からこの報告を受けた嘉隆帝は、阮文誠の麾下として西山軍と戦うよう命じた。
 ある人から「先に敵軍にいて我らと戦ったのはなぜか。」と問われると、阮文存は「わが軍に大打撃を与えなければ敵軍は私を信用しなかったでしょう。敵に信用されなければ麾下全軍を率いてわが軍に戻る事は出来なかったでしょう。」
 人々はその知恵に感服した。

 嘉隆元年(1802)に該奇に昇進した。
 その年の冬、阮文存の麾下の暹兵は郷里に帰って休息することを許され、阮文存は鎭江に斜温堡を築いて、茶栄と斌切の二府を管轄し、永鎭営に属すよう命じられた。
 七年(1808)、都に召されて多大な恩賞を賜り、再び任地に戻った。
 九年、暹兵を改めて威遠屯とし、阮文存は統屯となって、元通り管轄した。
 十年に再び都に召されると統制に昇進し、威遠屯を管轄することとなった。任地に戻る際、黄金十両・白金三十両・銭二百緡・大朝冠服一式を賜った。まもなく屯兵千人を率いて南栄を守るよう命じられた。
 十八年(1819)、兵を指揮して永済運河を開浚した。
 明命元年(1820)に卒去すると、弔問に使者が遣わされ、宋錦二枝・布二十疋・銭百緡を賜り、墓守七名が給された。

 八年、子の阮文謂が更なる贈位を求めたため、統制を追贈された。明命帝は礼部にこう言った。
 「阮文存は奴隷の身であったが、生来忠義で勇猛で、漢の金日磾にも劣らない。昔、平定の役で威遠軍が西山軍に捕虜となった際、敵将は阮文存の才を気に入り、阮文存も偽って従った。このため威遠軍は温存されてわれらに帰した。これこそ真の智勇というものである。」

 阮文謂は初め該隊となり、まもなく衛尉に転じた。靖辺奇を管轄し、これを「原威大屯」と号した。
 十四年、黎文𠐤が乱を起こすと、人々は「阮文謂は密かに、黎文𠐤と通じていた」と訴えた。このとき阮文謂は既に死んでいたため不問に付した。


 この他、同巻にあるカンボジア人とタイ人の伝も見てみましょう。


葉茂

 葉茂もまたカンボジア人である。初めに軍に入って長支となった。長い間従軍し、また多くの家産を出して軍費を助けた。嘉隆三年(1804)に欽差該奇管茶栄府に昇進した。

栄麻離

栄麻離は暹羅人である。初め冤産の乱を避け、人々を率いて古龍島に移り住んだ。
 癸卯、西山軍から攻撃されて世祖(嘉隆帝の祖父)が河僊に避難したと聞いた栄麻離は、麾下二百人あまり、軍船十数艘を率いて拝謁し、自ら帰附することを願い出た。世祖はこれを受け入れた。
 その年の夏、世祖の軍は西山軍と畳石嶼で戦って敗れ、栄麻離・尊室谷・黎福晪らは敵に捕らえられて殺された。

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

最新の記事

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索