Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2015年 09月の記事(2)

ナントカ堂

ナントカ堂 2015年09月25日 02:23

傅友徳

wikiを始め、私がざっと見た限りでは傅友徳はなんで殺されたのかが分からないとありますのでここに述べましょう。
『明史』には「賜死」つまり自殺を命じられた。とあり、『太祖実録』には本来これくらいの地位の人には卒伝があってしかるべきなのに無く、ただ卒したとのみあります
ただ『名山蔵』や『国榷』には死んだときの状況が記されています(『名山蔵』は明末に完成、『国榷』も大部分が明代に編まれており、明代の史観で書かれ、明末清初に散逸する以前の文書群を見て編まれたものです)
ほぼ同内容なのでここでは『名山蔵』巻五十七から訳してみます



藍玉が誅されると、傅友徳は自分は功が多いので問題ないと考えていたが内心では恐れていた。定遠侯の王弼が傅友徳に「主上はもう先が短く早晩われらを絶やすつもりであろう。われらは合従連衡すべきだ。」と言った。太祖はこれを耳にした。ちょうど冬の宴があり、従者が食べ物を片付けたが、一品だけ片付け忘れた。そこで太祖は不敬であると傅友徳を責め、その上で「汝の二人の子を連れて来い。」と言った。傅友徳が宴会の場から出ると、衛士が出てきて、太祖が、「二人の子を手に携えて(手を繋いで)来るように」と言ったと伝えた。しばらくして、傅友徳が二人の子の首を手に持って入ってきた。太祖は驚いて「どうしてそんなことをしたのか、人としてよくそのようなことができるものだ。」と言った。傅友徳は袖の中から匕首を出すと「われら父子の首が欲しいだけであろう。」と言って自刎した。太祖は怒ってその家族を遼東と雲南の地にばらばらに移住させた。王弼もまた自害した。



『名山蔵』は満洲族を貶める記述があるので清代には禁書で焼却処分にされていたため『明史』の編纂官が目にしなくても仕方ないと思いますが『国榷』なら閲覧できたはずなので、傅友徳の死をぼかすことで太祖が見境無く粛清を行ったように印象付けようとしたのでしょうか
太祖の粛清に関しては『明史』の記述は所々怪しく、例えば『明史』巻百三十二に



九月になって詔を下した。そこにこうある。「藍賊は乱を起こそうとして計画が漏れ、族誅となった者は一万五千人。今後胡党、藍党は赦して不問とする。」



とあり、これが万単位の大粛清の根拠の一つとなっていますが、『太祖実録』巻二百二十九にはそのような記述がありませんし、『皇明異典述』の「誅公侯二特詔」に



明朝では勲臣・大将で藍玉のような輩を誅したが、どれも詔で天下に示したことは無かった。詔を頒布したのはただ、忠国公の石亨、太傅・咸寧侯の仇鸞のみである。



とあって、王世貞がこれほど有名な事件について詔があったかどうか間違えるとは思われず、この詔というものは偽文書でしょう
これも、前王朝をなるべく悪く印象付けようという正史の特性によるものでしょう


\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
ナントカ堂

ナントカ堂 2015年09月21日 00:18

宦官の家の使用人

宦官が権勢を振るって、一族どころか家の使用人まで要職に就けるとなると、その者はろくでもない人間、というイメージがありますが、宦官だって数多くいる使用人から人物を見て抜擢しているわけであり、宦官が粛清されると連座して一掃されてしまい、その一党は全否定されてしまうので、どの程度の人物であったかは量りがたいものがあります。
そんな中から運よく粛清を免れた劉玉について『明史』巻百七十五より見て行きましょう。(劉玉が仕えた曹吉祥についてはwikiに記事があるのでそちらをご覧ください)


劉玉、字は仲璽、磁州の人である。生来膂力があり、曹吉祥の家の使用人となった。麓川遠征に従軍して、副千戸を授けられ、軍功を重ねて都指揮僉事となった。天順元年(1457)、「奪門」の功により都督僉事に昇進し、まもなく右参将となり、潯州を守備した。慶遠蛮が博白に攻め入り、広東の寧川にまで及んだので、劉玉は左参将の范信とともに迎撃して破った。まもなく貴州を分担して守ることとなり、方瑛に従って東苗を討ち、干把豬を滅ぼした。西堡の苗族を討ち、その首魁の楚得を捕らえた。数度に渡る戦いで千の首級を挙げ、根拠地を破壊して帰還した。凱旋すると右副総兵となって貴州を鎮守した。曹吉祥が誅されると、劉玉はその部下であったので斬るべきであるとされたが、遠方にいて陰謀に関与していなかったので、死を免れ、左遷されて海南副千戸となった。
天順六年(1462)、帝が谷登を甘粛副総兵にしようとしたところ、李賢が、谷登は任に耐えず、劉玉が経験も能力もあると言った。そこで再び登用されて都督僉事・右副総兵となり、涼州に鎮守した。咎ソウ族が叛乱を起こしたので、兵を合わせて平定し、都督同知に昇進した。
成化四年(1468)、満俊が固原で乱を起こしたので、白圭は劉玉を総兵官に推挙した。劉玉は左右参将の夏正、劉清を従え兵を七つに分けて討伐に向かった。劉玉は総督の項忠とともに石城に到着したとき、賊はすでに官軍を数回破っていた。このとき毛忠が死に、劉玉もまた包囲された。流れ矢が当たり、力戦してようやく包囲から脱出した。対峙すること二ヶ月、大小百十回戦い、ついに乱を平定した。左都督に昇進して、右府の政務を執った。劉玉が自ら以前の西堡の功を訴えたので、俸禄を百石増やして、耀武営を統括するよう命じた。六年(1470)、左副総兵となり、朱永に従って延綏に遠征した。五月、河套部が攻め込んできたので、劉玉は兵を率いてこれを退けた。翌年に卒去して、固原伯を追贈された、諡は毅敏。

劉玉は下僕から身を起こしたが、その勇気と決断力は人より優れ、よく兵士を慰撫して、向かう所必ず勝利した。満俊は、叛逆すると石城の天険に拠り、何度も官軍を破ったが、劉玉は力を尽くして戦った。論功に及び、ただ一階級昇進したのみであったので、当時の人はその恩賞の薄さを残念に思った。子の劉文が指揮使を継いだ。

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

最新の記事

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索