Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2014年 02月の記事(6)

ナントカ堂

ナントカ堂 2014年02月27日 01:34

兵部尚書・徐晞

日本で一口に「官吏」と言われるものが、中国で「官人」と「胥吏」で分けて考えられていました。
まずはwikipediaの「胥吏」に項をご覧ください。
「官」と「胥」には大きな差があり、特に明清では科挙に受かった人でなければ高級官僚にはなれませんでした。
ただ、人間の社会である以上は例外があるわけで、胥吏から兵部尚書となった徐晞もその例外の一人です。

徐晞は『明史』に列伝が立てられていませんが、『国朝献徴録』巻三十八に簡単な伝が記されています。
それによればもともとは江陰県の役人で、永楽の初めに北京で宮殿を建設するために呼ばれ、見事工事を完成させて工部営繕主事(正六品)となりました。
その後も順調に職務に務めて昇進して行き、麓川に遠征するときに兵糧補給を任されて、敵の妨害を撥ね退けて滞りなく輸送を行ったため兵部尚書となりました。
明は兵部尚書を含む九卿が皇帝の命により政治を行い、これ以上の官職は名誉的なものなので、徐晞は小役人から文官のトップにまで上り詰めたものといえます。
この異例の出世は人々の興味を引いたようで明代の筆記史料に徐晞のエピソードが散見されます。
この他に『皇明異典述』に明代で胥吏出身者として高官になった人物が以下の如く挙げられています。

吏部尚書:張度
戸部尚書:徐輝
刑部尚書:李友直
兵部尚書:滕徳懋・徐晞
工部尚書:李質・万祺
吏部左右侍郎:李信・王春
戸部左侍郎掌光禄寺:李亨
礼部右侍郎掌光禄寺:蔚能
刑部右侍郎:劉敏・王詔
大理寺卿:汪懋・楊時習
陝西左参政:平思忠
蘇州府知府:況鍾
泉州府知府:熊尚初
西安府知府:賈信



また同じく『皇明異典述』には低い身分から高官となった人として



元木工



工部尚書:徐杲
工部左侍郎:カイ義
工部右侍郎:カイ鋼・蔡信・郭文英



元石工



工部左侍郎:陸祥



が記されています。
これらは明代の前期の人物であり、後期になると高官は科挙に受かった人物で占められていきます。
国家体制が固まると、下から使えそうな人物を見出して登用するよりも科挙で選ぶほうが無難だからなのでしょう。


\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
ナントカ堂

ナントカ堂 2014年02月26日 22:00

海陵王(4)

wikipedia曰く
「嫡母の徒単氏は海陵王に諫言したが、海陵王は「私に楯突くこの目障りな老婆を焼き殺してしまえ!」と罵って、この年老いた嫡母を焼き殺した挙句、」



これはひどい(笑)
というか『金史』巻五の「海陵本紀」には、宋討伐を諌めた徒単氏を殺してその宮を焼いたことしか出ていないのに、一体どこからこんな会話が出てきたんでしょう?
小説か何かでしょうか?
徒単氏が殺されるまでのいきさつは詳しくは『金史』巻六十三「后妃伝」の「海陵嫡母徒単氏」の条に出ていますが、ここにかいつまんで記してみます。



①宗幹の正室の徒単氏は子がいなかったため、海陵王とその兄の充を実子同様に扱った。
兄の充は酒癖が悪かったため疎まれ、海陵王は賢かったため愛された。
海陵王は徒単氏が女真の名族の出で正室。実母の大氏は渤海人で側室という身分の差があったため常に気に病んでいた。
②海陵王が熙宗を殺すと、臣下の分を越えたとして、徒単氏は海陵王の即位を祝わず、海陵王はこれを怨んだ。
③徒単氏の誕生祝の宴会が催され、このとき海陵王の実母の大氏が祝いの言葉を述べたが、徒単氏はこれを無視して他の者と談笑し、大氏は長時間跪くことになった。海陵王は怒って退席した。
翌日、海陵王は徒単氏と談笑していた者たちを鞭打とうとしたが、大氏がこれを諌めて止めさせ、海陵王は徒単氏をますます憎むようになった。
④海陵王は中都に移り、徒単氏は上京に残った。
⑤大氏が病死。いまわの際に、徒単氏と仲直りして、自分にしたと同様に孝行するよう遺言する。
⑥海陵王が徒単氏のもとに出向き、鞭を捧げて跪き、今までの非礼をわびて、罰として鞭打つよう願い出る。
徒単氏は「度量の広さ」を見せて海陵王を許し和解する。
⑦徒単氏が外出するときは、海陵王は先導役を務めて恭順の意を表す。
ご機嫌伺いのため頻繁に徒単氏の宮に出向くが、宋討伐を決めると、会うたびに中止を求められて不満を溜めていく。
⑧宋討伐を前にして、徒単氏が軍のトップの僕散師恭を呼び出し、海陵王の無謀さを嘆く。
これを密告する者があり、海陵王は、兄の充の4人の子が立派に成人していること。僕散師恭の兵は王宮の近くにおり、徒単氏と僕散師恭は結びついていること。徒単氏はなんとしてでも宋討伐をやめさせようとしていること。などの状況から政変を起こされると判断して先手を打つことを決断。
⑨側近を呼び集め、「太后に会ったら詔があると言って頭を下げてさせ、頭を下げたら苦しまないよう速やかに撃ち殺すように。」と指示。
⑩徒単氏の宮に乗り込んで打ち合わせ通りに徒単氏を殺害。徒単氏の側近を殺して宮に火をつける。


\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
ナントカ堂

ナントカ堂 2014年02月26日 00:11

海陵王(3)


これらの粛清で右腕として働いていたのが蕭裕ですが、この蕭裕に裏切られたことにより海陵王は深い人間不信に陥りました。
蕭裕は海陵王が中京留守だったころから親交があり、海陵王を太祖の直系で人望もあるのだからとそそのかして帝位に即かせました。その後、右丞相兼中書令となって天下を差配するようになり、一門も要職に就けました。しかしその専横を憎む者も多かったので、海陵王はその非難の矛先をそらすために蕭裕の弟の蕭祚を左副点検から益都尹に、妹婿の耶律辟離剌を左衛将軍から寧昌軍節度使へと地方に出してしまいました。これを自分が排除される前触れではないかと不安に覚えた蕭裕は、天祚帝の孫を担ぎ出して謀叛を起こそうと企みます。この謀叛計画について複数の経路から報告を受けた海陵王はそれが信じられず、押される形でしぶしぶと蕭裕を取り調べることになります。その場面が『金史』巻百二十九にこのようにあります。



海陵王は宰相を遣わして蕭裕に問い質させた。
そこで蕭裕は罪を認めた。
海陵王は大いに驚愕しながらもなおそのことが信じられず、蕭裕を引見して自ら問い質した。
蕭裕が言った。「一人前の男がやったことです。ことここに至ってどうして隠し通すことができましょうか。」
海陵王はさらに尋ねた。「汝は朕に何の怨みがあってこのようなことをしたのだ?」
蕭裕が言った。「陛下は大概の事はみな臣とともに協議しましたが、蕭祚らを都から追い出すことは臣が知らないようにしました。省を統括する重臣や王の身分にある皇族がことあるごとに陛下に、臣が権力を専有して外部の意見を妨げていると言っておりましたが、臣は、陛下がその意見に納得したのではないかと恐れました。陛下は唐括弁と臣とともに生死を共にすると約束しましたが、唐括弁はその不遜な行いのため暗殺される羽目になりました。臣はどちらの出来事もよく知っており、自分も思いがけず殺されるのではないかと思って、このたび謀叛を企てて身の危険を逃れようとしたのです。太宗の子孫は罪無くしてみな臣の手にかかって死にました。そのようなことをした臣は死ぬのが遅すぎたとは思いませんか?」
海陵王は蕭裕にこう言った。「朕は天子である。もし汝に疑いを持ったなら、汝の弟が朝廷にいたとしても、どうして汝を排除できないことがあろうか。その件で私を疑ったのは汝の勘違いである。太宗の諸子を殺したことはどうして汝一人に責任があろうか。朕が国家の計として行ったことである。」
さらにこう言った。「昔から私と汝は仲良く付き合ってきたのだ。このような罪を犯したことは確かだが、いましばらく猶予を与えよう。ただ宰相にしておくことはできないから、汝は生涯、自分の先祖の墓を守るようにせよ。」
蕭裕が言った。「臣はすでにこのように叛逆を犯したのです。何の面目があって天下の人に顔向けできましょうか。ただ願わくば絞殺して、他の不忠者への戒めとしていただきたい。」
海陵王はついに刀で自分の左臂を刺し、その血を取って蕭裕の顔に塗りこう言った。「汝は死んだ後、朕が本心から汝の心を疑っていなかったことを知るだろう。」
蕭裕が言った。「永い間陛下より特別のご恩を蒙り、想い出すだけで切なく感じ、自らの思い違いを知るに、悔やんでも悔やみきれません。」
海陵王は声を上げて泣き、蕭裕が門を出るまで見送り、これを殺した。


\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
ナントカ堂

ナントカ堂 2014年02月25日 23:37

海陵王(2)

海陵王が非難されるべきは大粛清を行ったことにあります。
海陵王の父の宗幹の代から太宗系とは対立しており、熙宗の前で宗磐に刀を突きつけられることもありました。
宗磐はその後、謀叛を起こそうとして誅殺されましたが、その弟らは熙宗に優遇されたため、海陵王が即位したときには、宗本が領三省事として中央政府を押さえていたほか、太宗系が東京留守・北京留守・中京留守を占めており、(以上『金史』巻七十六による)やろうと思えばいつでも海陵王を倒せる状況にありました。
その上、窮鼠猫を噛むような状況で追い詰められてやったとはいえ、海陵王は直接皇帝を殺したため、これを討つのに大義名分も十分でした。
結局、太宗系では海陵王に味方した烏帯のみが残りましたが、司空・左丞相兼侍中となった烏帯は、ある日朝礼に出て、雨が降りそうだから中止だろうと無断で帰り、百官もこれに従いました。
その後出てきた海陵王は朝礼に誰もいないのを見て、皇帝の権威が無視されたことと、官僚が自分よりも烏帯に従っていることで、これを排除することに決め、暗殺しました。
烏帯の猛安謀克はその子の兀答補が継ぎ、兀答補はのちに同知大興尹となりました。(以上『金史』巻百三十二による)
ここで問題なのは烏帯の妻を後宮に入れて貴妃にしたことで、この他にもたびたびこのようなことをして非難を浴びているのですが、あるいは保護する意味合いでもあったのかもしれませんが、ここが儒家の倫理観から隋の煬帝よりも悪いと言われる点です。
天祚帝の子孫を滅ぼしたのは、実際に契丹人の撒八が天祚帝の子孫を擁立して大規模な反乱を起こしたことによります。
決して肯定できないことではありますが、日本でも尼子氏の新宮党事件や頼朝が兄弟と平氏を滅ぼしたりしていますし、粛清自体は歴史的にはそれほど珍しくないと思います。



\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
ナントカ堂

ナントカ堂 2014年02月25日 00:05

海陵王(1)

「盗人にも三分の理」と言いますが、史上最も悪逆非道といわれた海陵王だって多少は人間味があるところはあったわけで、それについて簡単に記しましょう。
『金史』の原文はこちら
蕭肄という人物は『金史』巻百二十九の「佞幸伝」に記されています。
それによれば蕭肄は張鈞の言葉尻を捕らえて讒言し、熙宗は張鈞を数百回鞭打たせて、まだ死ななかったので、熙宗自ら剣を執って張鈞を口から裂いて塩漬けにし、蕭肄には褒美として玉帯を賜りました。
その後、蕭肄は同僚を見下す態度をとったので海陵王と対立するようになりました。
海陵王は政変後に即位すると、「どうして張鈞は死ななければならなかったのか」と言って蕭肄を責め、
蕭肄を処刑すれば私怨により殺したと思われるので郷里に帰してそこから他所に行くことを禁じました。
このころはまだ悪評を恐れて、政敵を殺すことはしませんでした。
また、『金史』巻八十二の「蕭恭伝」では、蕭恭が金牌を紛失して、それを気にして病気となり都に戻ってこないと
「金牌を失くしたから病気と言って戻ってこないのであろうが、ただ汝が戻ればそれだけで良いから早く戻ってくるように。」という手紙を送り
蕭恭が本当に病気でそのまま死んでしまうと深く嘆き悲しみ国から費用を出し自らも葬儀に参列しました。
『金史』巻八十四の「高楨伝」では、海陵王のお気に入りの近侍が禁令を破って夜中に酒を飲んで歩いていたので、中京留守の高楨が散々に打ち据えましたが、その後も高楨は順調に出世し、海陵王はその実直さを気に入って、老齢を理由に辞任を申し出ると慰留し、死んだときにも嘆き悲しんで弔問の使者を出しました。
先代の熙宗と比べると臣下にだいぶ気を遣っているほうだと思いますよ。
あと、面白いなと思ったのが『金史』巻百二十九「佞幸伝」のうちの張仲軻の伝で
側近たちと内々に集まって高麗を攻め取ろうだの、西夏を攻め取ろうだの言って、最後に海陵王が「宋も高麗も西夏も攻め取って天下を統一したらお前たちの苦労には必ず報いるからな。」と言ってその場面は終わり。そのあとに一行。
「四年三月、仲軻死。冬至前一夕、海陵夢仲軻求酒、既覚、嗟悼良久、遣使者奠其墓。」
(四年三月、仲軻が死んだ。冬至の前のある晩、海陵王は仲軻が酒を求める夢を見た。目が覚めてからしばらく仲軻の死を嘆き悼み、仲軻の墓に使者を遣わして弔わせた。)
この寂寥感ある『金史』の書き方が結構好きです。

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
« 1 2
  • クリエイタータグ

最新の記事

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索