Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2017年 03月の記事(2)

ナントカ堂

ナントカ堂 2017年03月27日 00:05

文天祥の一族

私事で躓くことがありまして
申し訳ありませんが次回作は五月ごろになります

代わりと言っては何ですが今回は小話を

wikiの「文徴明」の項に「文天祥を祖に持つ名門の出身で」とありますが、その文集である『甫田集』の巻二十六の「先君行略」にこうあります


文氏は姫姓の末裔で、前漢の成都太守の文翁から蜀の名族となった。後唐の荘宗の帳前指使軽車都尉の文時が成都から廬陵に移り、その十一代目の子孫が宋の宣教郎の文宝と丞相の文天祥である。文宝は衡州教授となり、子孫はこれを機に衡山に住んだ。元代の文俊卿は鎮遠大将軍・湖広管軍都元帥となり金虎符を佩びて武昌に鎮守し、六人の子を成した。長子の文定開は洪武帝の陳友諒討伐に従軍して添龍という名を賜り、功により荊州左護衛千戸となった。次子の定聰は洪武帝の近侍として散騎舎人となった。


文天祥が直接の先祖ではないのですがそれは置いておいて、ここで気になるのが文宝がかなり高い地位にあるということです
陳自中という人物がいました
兄は南宋最後の宰相である陳宜中で、弟の陳自中は大都督行軍司馬となり、兄弟共に南宋復興運動に従事し、兄は南方で援軍を得るために奔走しているうちに行方知れずになり、弟は最後まで元軍と戦うも孤立無援となって自害しました
クビライはこれを高く評価して陳自中の子である陳萍を取り立て、陳萍本人も才能があったことで正一品という最高の官職に就けられました
http://www.eurasianhistory.com/data/articles/a02/2036.html
文俊卿のこの高い地位も同様に文天祥に対するクビライの評価によるものでしょう
また陳萍や文俊卿の登用からも、南人だからといって登用されなかったのではなく、ただ単に江南の儒者たちが役立たずとみなされて登用されなかっただけと思われます

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
ナントカ堂

ナントカ堂 2017年03月08日 00:13

于謙の先祖

次回作をただいま鋭意製作中ですので今しばらくお待ちください
(「じかいさく」で変換したら「自壊策」と出てなんか嫌だな(笑)
次回作とはまるで関係ないのですが于謙について



以前に「百度百科」や「維基百科」その他見ても先祖の記述が乏しくて
分からんものなのかと思ってましたが
四庫全書収録の本人の文集の附録という思い切り目立つ所に書いてありました
以下その訳





八代前の先祖は河南に住み、金に仕えて汾州節度使・開封府知府となった
七代前の先祖は朝請大夫・延津令
六代前の先祖は定遠大将軍・沁水令
ここで金末の戦乱のため家譜が失われたので官職名のみで諱は伝わらない



五代前の先祖の諱は伯儀で、幼年のうちに金が滅んだので母を奉じて雲中に移り
元の初めに新附の民を纏めてさらに薊州に移り
元に仕えて朝列大夫・太常丞兼法物庫使となり
礼部尚書・上軽車都尉を累贈され河南郡侯に追封された
妻の晋氏は礼南郡夫人を追贈された



その間に生まれたのがキで
キは初めに中書椽となり
中奉大夫・河南江北等処行中書省参知政事・護軍を累贈され
河南郡公に追封され
妻の張氏は河南郡夫人を追贈された



その間に生まれたのが九思で
九思は中奉大夫・広東道宣慰使都元帥を歴任し
湖南道宣慰使都元帥に異動となってから致仕を願い出た
以前に杭州路総管であったときに杭州に居を定めたので現在于氏は杭州の人である
この人が公の曽祖父である



祖父の承徳公は洪武の初めに兵部主事に任命され後に工部主事に改まり当時評判の人であった



父の栄禄公は隠棲して出仕しなかった


\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

最新の記事

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索