SHAさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

SHA
  • SHA

「空母セアドア・ルーズベルト」

元ネタは第26代米大統領

「セオドア・ルーズベルト」は、アメリカ海軍の「ニミッツ級航空母艦」の4番艦。
1986年10月25日に就役し、2020年で艦歴34年となるベテラン空母。
建造には、ニミッツ級で初めての船体各所を「モジュール化」して組み立てる方式が取られた。
大型機器を先に搭載するなどしたため、組み立てた後に再度溶接する作業が減少し、工期は短くなっている。
これ以降のニミッツ級は、全てこの工法で建造されることになる。

湾岸戦争

1990年12月28日…セアドア・ルーズベルトと、第8空母航空団は「砂漠の盾作戦」のために、母港のノーフォークを出港。
「砂漠の盾作戦」とは、イラクとの湾岸戦争における作戦の1つ。
イラクによるクウェート侵攻から7日以内に、アメリカや同盟国の軍用機が、サウジアラビア国内に配備された。
セアドアも、1991年1月21日にはペルシャ湾に到着…先に展開していた「空母ミッドウェイ、レンジャー」と合流した。
これにより、紅海に展開した「空母サラトガ、アメリカ、ジョン・F・ケネディ」と合わせて、合計6隻の空母がイラクをぶっ潰すため、臨戦態勢に入った。
作戦初期の段階では、セアドアを含む空母群は、イラクから離れたオマーン湾に展開していた。
この配置は、「ペルシャ湾にはイラク海軍の脅威があるのと、イラク空軍機からの対艦攻撃も懸念されていたため」とされる。
そのため、紅海に展開する空母群よりも、出撃1回あたりにかかる飛行時間が長くかかっていた。
また、空軍からの空中給油機の支援も限定的であったことから、出撃数を稼ぐことができなかった。
しかし…2月3日にペルシャ湾の制海権が確保されたことにより、セアドアの空母群は、クウェート沖まで北上することができ…これ以降は出撃数が増加した。

その後…セアドアの第8空母航空団は、2月28日の停戦までに4,149回の出撃と、450万ポンドの爆弾投下を記録。
これは参加した空母6隻中最多の記録…らしいよ。
一方で損失も多く、2月2日に所属の「艦上攻撃機A-6 イントルーダー」1機を撃墜され、乗員2名を失う。
1月24日と2月5日には「戦闘機F/A-18 ホーネット」を事故で2機失っている。
航海中と、出港直後にも「電子戦機EA-6 プラウラー」を事故で損失しているため、合わせて4機を失った。
これは…運用損失だけを見ても、平時の航海ではまずない数字であり、実戦環境の厳しさを物語っている。

ドンパチ賑やか

2001年9月…大西洋を通過後、セアドア・ルーズベルトは「不朽の自由作戦」の支援を行った。
作戦の目的は、周辺諸国と協力して「国際テロ組織アルカイダ」を攻撃し、アフガニスタンに安定政権を樹立することであった。
2003年には「イラク戦争」にも参加…3月16日には「空母ハリー・S・トルーマン」と共にイラクを空爆。
2005年9月1日、ペルシャ湾への6ヶ月の定期配備に就き、再び、不朽の自由作戦を支援。
この配備では、スペイン海軍のフリゲート「アルバロ・デ・バサン」が、外国海軍として初めて、セアドア・ルーズベルト空母戦闘群の戦列に加入。
また、2006年に退役する「戦闘機F-14 トムキャット」の最後の巡航と言うことで、注目されたそうな。

感染

そんなドンパチ賑やかなセアドアだけど、現在は問題も発生しているよ
2020年3月26日までに、空母セアドア・ルーズベルト内で、新型コロナウィルスの感染者が8人確認された。
そのため…グアムに停泊中のセアドアは、乗船する約4000人の検査を実施すると、明らかにした。
一方で、日本の厚生労働省のホームページによると、3月29日12時現在…アメリカ国内の感染者は12万人を超えた。
この事態に、アメリカ海軍の「病院船コンフォート」も出動し、ニューヨークで活動している。


――――――――――――――――――――

世界大戦はヤバい人がいっぱいだった。https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ150529.html


\いいね・ツイートで応援!/
  • この記事にはコメントできません。