Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

中国系の記事(4)

SHA 2019年02月24日 21:46

台湾と中国海軍

―――――――――

・アメリカ「台湾と中国の歴史・関係性を知りたい。」
・イギリス「そんじゃ、今東アジアで最も熱い中国海軍を中心に、台湾と中国について解説してみるぜ。」

現在の中国の海軍「中国人民解放軍海軍」は、1949年に人民解放軍の中で艦艇を装備していた部隊が「解放軍海軍」として独立し、発足。



当初は、「旧日本海軍の砲艦・海防艦」や
ソ連からの魚雷艇やジェット戦闘機を使用していた。



日中戦争後…中国国民党(中華民国)との内戦である「第二次国共内戦」が勃発。



この国共内戦において、国民党軍は陸戦で敗北し、台湾へ逃れることになったが…



国民党軍は、旧日本海軍のものとアメリカからの駆逐艦を保有しており、
中国周辺海域の制海権を保っていた。



また、朝鮮戦争の勃発後は、
アメリカ海軍の艦隊が黄海や台湾海峡で活動するようになった。



「強い軍艦ないとマジでやばぁい」と考えた共産党は、ソ連から駆逐艦を購入。



「鞍山級(アンシャンキュウ)」と名付けられた4隻の駆逐艦は、「北京を含む中国東北部の沿岸への敵艦隊の侵入を阻止する」という重要な役割を担った。









こんな感じで、共産主義の影響拡大を図るソ連が中国共産党を支援し…



それを阻止するため、アメリカが中華民国を支援していた。




そんなこんなで…中華民国との島の攻略戦では、勝利する事も多かった解放軍だが…



1985年の「金門砲戦」では、中華民国側がアメリカ製の「サイドワインダー空対空ミサイル」を用い、解放軍の戦闘機11機を撃墜するなど、反撃にあう事もあった。



この金門砲戦を最後に、共産党と中華民国との間に戦いは起きていないが…
停戦協定や平和条約の締結は無かった。




1996年…台湾(中華民国)の総統選挙で民主派の「李登輝(り とうき)」が
優勢になると…



台湾の独立に強く反対する中国は、これをけん制するため、
ミサイル演習を台湾近海で行う。
この事件は「第三次台湾海峡危機」などと呼ばれる。



これに対し、アメリカは「空母ニミッツ」や
「インディペンデンス」などの機動部隊を派遣。



この軍事行動の結果、中国は「アメリカ軍やばくね?」と感じたようで…
アメリカとの交渉が行われた。
交渉の結果、中国は軍事演習を停止。
アメリカは部隊を撤退させる。



この事件の後、中国海軍は「アメリカ海軍のヤバさが『言葉』でなく『心』で理解できた!」と考え始め、アメリカに対抗する形で軍備増強を加速。



ロシアから駆逐艦、ウクライナから空母…などを購入した。


・パキスタン「このウクライナの空母が後の“遼寧(りょうねい)”になるわけか。」
・中国「ウム。」
・パキスタン「話は変わるけど―――」
・中国「空母は売らないから。」
・パキスタン「(´゚ω゚`)ショボッ」








----------

今後の活動のため、購入をお願いします↓





空母はないけど、「これ」は売ってる。









----------――


この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2019年02月19日 13:55

中国が空母をパキスタンに売る?

中国が空母をパキスタンに売る?





2019年2月頃…2020年までに、中国の空母「遼寧(りょうねい)」が、
パキスタンに売却される可能性がある…というニュースが出た。



中国とパキスタンは「対インド」で利害が一致しており、
インドを牽制する狙いがある、と見られている。






一方で中国側のメディアなどでは、この情報を否定する声もある。



また、「中国初の大事な空母だし、戦力ダウンしちゃうし、売るわけない」
という意見もネット上にあって…



・イギリス「今のところは、ハッキリしない感じだぜ。」
・アメリカ「怪しい・・・。」
・カナダ「ぱきすたんって食べ物だっけ?」



↑「中国の空母…遼寧」




パキスタンとインドは、宗教の違いや国境紛争などにより、
パキスタン独立以来、仲が悪く…



中国とインドは、1962年の「中印国境紛争」以降、国境をめぐって対立している。



そんなわけで、現在インドは色々と活発化する中国への牽制で、
空母を含む海軍力の増強を予定している。



一方で、インドとパキスタンの戦争「印パ戦争」では、
中国側がパキスタンを支援しており、
これ以降…軍事面などで中国とパキスタンは協力関係にある。



これらの理由から、「中国がパキスタンに空母売ってもおかしくねーし!」
という意見も存在する。


・パキスタン「“空母の半額セール”とかやる予定は・・?」
・中国「没有它(Méiyǒu tā)

----------

今後の活動のため、購入をお願いします↓





空母はないけど、「これ」は売ってる。









----------――


この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2018年12月26日 15:52

日本「フジ・ヤシマ作戦!」

----------

・日本「隣国の脅威に備えて、戦艦を作ります。」



・韓国「え?」



・日本「あ、韓国さんの事じゃないですよ?北朝鮮でもないです。」



・中国「オレェ~?」



・日本「ハッハッw違いますよ、清国ですよ。」



・中国「アイヤ!?俺の事やんけ!」









それは1880年代後半のこと…



日本の仮想敵国であった「清国」は定遠級「定遠」と「鎮遠」の2隻のドイツ製戦艦を就役させた。



これを知った日本海軍は――



「おいおいおい!清国マジかおいおいおい!」と考え…
日本海軍と政府は、清国の戦艦に対抗するため、戦艦の建造を計画した!



だが!予算不足!



それでもめげずに1892年、再び戦艦建造が計画される!



だが!予算不足!



ところがである!



翌年に明治天皇が「宮廷費節約、公務員の俸給1割減」という勅令を出し、ようやく予算が確保された!



こうしてイギリスの造船会社に建造を発注し…



日本初の近代的戦艦「富士」と「八島」が完成したのだ!



しかし!



就役した1897年!清国との日清戦争は終わっていた…。







―――――――



その日清戦争では、戦艦じゃなくて「防護巡洋艦」などが活躍した。



防護巡洋艦とは、舷側(船の側面)には装甲を持たない比較的軽防御な巡洋艦のこと



この防護巡洋艦に、日本海軍は「アームストロング式の速射砲」を多数配備。



黄海海戦において、巡洋艦の速い動きと速射砲の威力で勝利を収めることができた。



一方で、清国艦の巨砲が命中した場合の被害は甚大だったため…



日本海軍は戦後、日露戦争に向けて戦艦と装甲巡洋艦の装備を進めることになる。




ちなみに、その後…



「富士」は日露戦争の様々な作戦で活躍。



関東大震災では、救助活動を行った。



第二次世界大戦のアメリカの空襲によって、大破。



1948年に解体される。






「八島」は、日露戦争における「旅順港閉塞作戦」において…



ロシアの機雷によって沈没する。



・日本「機雷機雷よやんなっちゃう♪」



・中国「突然のラブライブネタ謝謝。」





・ロシア「結局、“ヤシマ作戦”は不発だったね。三笠にはやられちゃったけど。」






―――――――


この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2017年12月09日 11:02

【西遊記の脇役】哪吒(なた)

哪吒(なた)




今回は道教の少年神「哪吒(なた)」を紹介するよ。



中国仏教やヒンドゥー教の民話・説話の登場人物でもあるよ。

1 元ネタはインド



ナタちゃんの元ネタはインド。



元々は「ナラクーバラ」というインド神話の下級神だったが・・・。



仏教の主護神として中国に伝えられ、さらに道教に取り入れられて哪吒となった。



時が経ち、仏教では那吒は忘れ去られてしまう。



しかし、道教では民間説話に取り入れられて人気があった。



遂にはインドの神である事は忘れられて、すっかり道教の神になってしまう。



食べ物でいうラーメンみたいなものだよ。



元となる麺料理は中国のだったけど、そこからアレンジされて、今じゃすっかり日本料理だしね。

2 西遊記



中国の小説『西遊記』にも登場。



唐代初期の武将「李靖」と毘沙門天をミックスさせたキャラ「托塔李天王(たくとうりてんのう)」の息子として活躍。



ナタちゃんは生後3日目にして…



湯浴みの途中に全裸のまま海中に飛び込み、



竜王の宮殿に行き、



龍の背筋を引きぬいて帯ヒモにしようした元気いっぱいの子供であった。



パパの李天王は「なにこの子、怖い」と思い、殺そうとする。



これに激怒したナタちゃんは自ら体を切って、肉を母に、骨を父に返上して死んでしまう。



「初登場から即死亡!」という怒涛の展開!



まあ、魂だけで生きてるんですけどねー!



怒りにまかせて自殺したナタちゃんだったが、何か納得がいかなかったようで、極楽浄土に突撃。



お釈迦様に助けを求め、蘇生してもらう。



蘇生したナタちゃんは、色んな道具を使って妖魔をぶっ倒すよ。



▶円環状のぶん投げる武器(乾坤圏)



▶魔力を秘めた便利な布(混天綾)



▶火が出る槍、相手は死ぬ(火尖鎗)



▶2個の車輪で、火と風を放ちながら空を飛ぶ乗り物(風火二輪)



などなど



だが彼は父への復讐を忘れてはいなかった!



「なにこの子、怖い」と思った李天王は、お釈迦様に助けを求めた。



釈迦は「なにこの親子、メンドクサイ」と思いながら、2人を和解させた。



ピリピリした親子関係だったけど、李天王は釈迦から復讐心を抑える道具を貰ったりして、何とかなったよ






その後、天界で暴れていた孫悟空を、父と部下と一緒に討伐しようとしたけど、返り討ちにあっちゃうよ。



色んな武器を持ってるナタちゃんも、悟空よりは弱いみたいだね。



まあ、悟空は超サイヤ人ゴットになれるもんね、仕方ないね。



そんなこんなで、悟空が三蔵法師に従うようになってからは、天帝の部下として2人を見守るよ。




悟空と魔王「独角じ大王」との戦いでは、援軍として参戦。



ところが、独角じは「相手の武器を奪い取ることのできる白く光る輪」金剛琢(こんごうたく)を所持していた!



これによって悟空の如意棒も、ナタちゃんの何か色んな武器を奪われてしまう。



もう終わりだ!



そこへ現れたのが、釈迦如来ことお釈迦様。



大ピンチな悟空たちに、釈迦は「太上老君(たいじょうろうくん)を頼れ」という助言を悟空にしたよ!



「助言じゃなくて倒してくれよ…」と愚痴をこぼしながら、太上老君に会いに行く悟空。



太上老君というのは「ぼくのかんがえた最強の仙人」で、道教の神。



この仙人に事情を話す悟空…すると意外な事実が判明。



なんと独角じ大王の正体は、下界へ逃げ出した太上老君の乗り物である「青牛」だったのだ!



こうして「ウチの牛がどうもすいません」的な感じで太上さんが独角を連れて帰り、戦いは終わったのである・・・。








この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

記事を検索