Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2017年 08月の記事(3)

SHA 2017年08月26日 18:26

エリザベートちゃんは無罪かも?




●エリザベート・バートリー

エリザベートは16、17世紀のハンガリー貴族のお嬢さん。
日本ではドンパチ賑やかな戦国時代。




ヨーロッパでは、政略結婚などで勢力を拡大した「ハプスブルグ家」や現在のトルコあたりから領土を広げていった「オスマン帝国」が活躍する時代。



彼女は「少女を拷問・虐殺」した話で有名。
「少女の血のお風呂に入浴した」とか「600人以上殺害した」とか「鉄の処女と呼ばれる拷問具で血液を集めた」とか…。




・日本(弁護人):それでは早速ですが!「エリザベート・バートリー」ちゃんが無罪であるという私の主張をお聞きください!








●「無罪」である主張




1 エリザベートの親戚たちが遺産欲しさに罪を着せ、殺害に追い込んだ




2 「負債をチャラにしたい・バートリ家の権力を抑えたい」国王の陰謀




3 権力闘争・政治的駆け引きなどに巻き込まれた




4 他の貴族たちも「ハプスブルグ家に背いた」などの罪を着せられていた




5 共犯者とされる「使用人」の証言は拷問で得られたもの⇒信用性に欠ける






・ドイツ(検察):今度は俺だな。これが↓彼女が有罪である主張だ。




●「有罪」である主張




1 城を調査した役人達により、多くの残虐行為が行われた死体と衰弱した生存者…及び、埋められていた死体を確認している




2 「陰謀・捏造」はあくまで「可能性」であり、決定的な証拠に欠ける






・日本:まずは私の主張「1」に関してですが、エリザちゃんは1609年に貴族の「ベンデ・ラースロー」との再婚を望んでいました…。



しかし、彼女の遺産の取り分を心配する「親戚たち」によって妨害されたのです。そしてこの時から、親戚たちによる彼女への誹謗中傷攻撃が始まったのです!つまり!親戚たちが「遺産を目当てに罪を着せた」ということなのです!





・日本:次に「2」です。



エリザちゃんの逮捕に関する説の1つに、ハプスブルク家のハンガリー国王「マティアス(マーチャーシュ2世)」が、エリザちゃんの夫「フェレンツ2世」に対して抱えていた負債をチャラにし、有力なバートリ家の権力を抑えるための計略である…というものがあります。



すなわち!彼女が犯したとされる罪は、「国王の陰謀・捏造」である可能性があるのです!





・日本:続いて「3」です。



16~17世紀頃、「オスマン帝国」と「ハプスブルク家」の2大勢力の狭間にあった、ハンガリー系などのマジャール貴族たち…。



中世後期において、ハンガリー・ルーマニア・ポーランドなどの東欧地域に強い影響力を持っていた「バートリ家」は、このマジャール貴族の中でも大きな存在感を発揮していたとされています。



そのような状況下にあったエリザちゃんが彼らの「権力闘争・政治的駆け引きなどに巻き込まれた」としても不思議ではないのです!





・日本:最後に「5」です。



エリザベートの共犯者とされる「使用人」の証言は拷問で得られたもの…つまり「信用性」に欠けています。



そして、ハンガリー語版のウィキペディアによると…証人の1人に「エリザベートが女性の血を浴びていた」というような証言があったのですが…。



これに対し、「数100人の殺害はほとんど不可能である。有名な血の入浴も、血液の急速な凝固という深刻な疑問がある。被害者の負傷も、当時の医療的な処置である…とする見解があり、これは支持されなければならない」



…ハンガリー語版では、そのように書かれていました。



つまり!証言に信用性はなく、裁判・証拠などが「やらせ」だったのです!





・ドイツ:異議あり!弁護人は「Google翻訳」を使用している!彼がハンガリー語版のウィキペディアで得た主張・翻訳には信用性がない!




・日本:ま、まあ、そうですけど…




・ドイツ:そして彼の主張は「推測」ばかり…決定的な証拠に欠けている。死体や虐待された生存者という「証拠」がある以上、彼女の有罪は決定的だ。




・日本:(ここは感情に訴えるか…!)ば、陪審員の皆さん!これはエリザちゃんだけの問題ではありません!これは「イメージ・偏見で被害を受けた全ての人」のための裁判なのです!」





・ジル・ド・レ(陪審員):・・・・・・・・




・ヴラド三世(陪審員):・・・・・




・ドイツ:何なの…この陪審員のメンツ…。





・アメリカ(裁判長):面倒くせぇ!有罪!!





・エリザベート:役立たずッ!



・日本:ゴメン!












この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2017年08月06日 01:19

日本に原爆が落ちるまで

※アメリカで開発され、日本に原爆が落ちるまでを時系列的に紹介する内容です。


1939年8月 ヨーロッパからの手紙






・ルーズベルト「皆さん初めまして。合衆国第32代大統領のフランクリン・ルーズベルトだ。」



・アメリカ「説明センキューな。」



・ハンガリー「と言ってるところへ、ハンガリーの学者たちからルーズベルトさん宛の手紙を届けに来たぞォー!」



・ルーズベルト「私に?」






・アメリカ「どんな手紙だった?」



・ルーズベルト「簡単に言うと…。」



1 ウランを使った強力な兵器が作れるかも知れない



2 ナチスがその兵器の研究を先に進めるかも知れない



3 この兵器の実現可能性についての研究に資金を提供してください




・ルーズベルト「って感じか…。」



・アメリカ「どうすんの?」



・ルーズベルト「まあ、とりあえず検討するか。」




ハンガリーの学者たちが、ルーズベルト大統領あてに送ったこの手紙は「アインシュタイン=シラードの手紙」などと呼ばれる…。






1941年10月 イギリス参上



・アメリカ「色んな研究者が話し合った結果…やっぱり、強い爆弾作れるみたいだぞ?」



・ルーズベルト「フーン…爆弾ねぇ…。」



・イギリス「と言ってるところへ、英国紳士参上!ウチの国の学者も“ウラン爆弾を実現できる可能性がある”っていう結果を出したぜ。」






1942年10月 開発プロジェクト




・ルーズベルト「それでは核兵器の開発プロジェクトを承認する。プロジェクトの管轄は大規模な施設の建設に慣れている陸軍…なお、このプロジェクトはイギリスと協力して行う。」



・アメリカ「え~?やだな~スコーン不味いし…ジャムの味がなぁ~魚のフライがね~味が薄いって言うか…。」



・イギリス「メシ限定かよ!」
・ルーズベルト「我慢しろ。」
・カナダ「僕もいるんだけど…?」

このプロジェクトは「マンハッタン計画」と呼ばれた。






1945年5月 ドイツ降伏



・トルーマン「開発は順調ですか?」



・アメリカ「…誰だお前は!?」



・トルーマン「1945年4月にルーちゃんが急死して、次の大統領になったトルーマンですよ!」



・アメリカ「ああ…。」



・カナダ「それはそうと、ナチス・ドイツが降伏したよん。」



・ドイツ「敗けました…。」






1945年6月 反対意見



・アメリカ「次は日本だな。」



・カナダ「…そう言えば、ジェイムス・フランクやレオ・シラードとか、何人かの学者が“日本への原爆の無警告での使用に反対”してるけど?



・アメリカ「…都市への無警告使用はすでに決定済みなんだが…。」



・カナダ「他にもね…」

「予告なしの使用は他国からの信頼を失い、国際的な核兵器管理の合意形成が困難になる」




代わりに「無人地域でのデモンストレーション実験を行う」または



「爆弾を使用せず、できるだけ長くそれを秘匿しておくことによって、核兵器の国際的な管理体制を作り上げるべき」




・カナダ「…って言ってるけど。」



・アメリカ「…一応、頭に入れておこうか。実験はする予定だが。」






1945年7月16日 トリニティ実験



ニューメキシコ州での人類史上初の核実験「トリニティ」




・トルーマン「結果はどうでした?」



・アメリカ「とりあずは成功だ、ベイビー。」



・カナダ「学者の予想だと“ニューメキシコ州が破壊される”とか“大気が発火して地球全体が焼き尽くされる”とかあったけど…無事…みたいだね?」



・トルーマン「そうですか…。」






1945年7月20日 パンプキン



・イギリス「今、軍で原爆投下の為の実験的な爆撃を行っているぜ。かぼちゃ爆弾…パンプキン爆弾を使った爆撃だ。」



・トルーマン「かぼちゃ?」



・イギリス「これは実際の投下で使われるものと、ほぼ同じ形状の爆弾…形がかぼちゃに似てるから…パンプキン爆弾だ。」



・トルーマン「爆撃機パイロットの訓練と爆発するまでの色んなデータを採取する…というわけですね。」
・イギリス「ああ、データも結構とれたし…もうすぐだ。」






1945年7月24日 候補地



・トルーマン「原爆投下の候補地ですが…現在挙がっているのが、小倉市(今の北九州市)、広島市、新潟市の3つですね。」



・カナダ「前に挙がってた京都市はどうなったの?」



・トルーマン「やはり、京都は日本人にとって文化的影響の強い場所ですので…強い反発の恐れがあります…そうなると戦後に日本がロシアに接近したり、合衆国に同調しない恐れがあるため……京都はNOになりました。」



・カナダ「代わりの候補地は?」



・アメリカ「地形的に長崎市だな。」






・トルーマン「それでは、8月3日ごろ以降に原子爆弾による攻撃を行うことを決定します。第1目標は広島市、第2は小倉市、第3は長崎です。」



・アメリカ「北マリアナ諸島のテニアン島からの出撃予定だ。」



・イギリス「いよいよか。」






1945年8月6日
広島市にウラニウム型原子爆弾リトルボーイが投下




1945年8月9日
長崎市にプルトニウム型原子爆弾ファットマンが投下






・トルーマン「第2目標は小倉では?」



・アメリカ「それがどうも、その日は“もや”が出てたみたいで…視界不良のため急きょ、目標を長崎に切り替えたそうだ。」



・イギリス「…そういや、3個目の原爆の準備はどうしたよ?」



・アメリカ「プルトニウムを本土から運べば、すぐに組み立てて完成させることができる状態だ。」






・カナダ「その必要はないみたいだね…日本から降伏通告が来てるよん。」



・トルーマン「そうですか!では、私は日本との交渉準備があるので、これで失礼…。」



・アメリカ「…終わったな。」



・イギリス「ああ。」






1945年9月2日



日本政府が連合国に対する降伏文書に調印



第二次世界大戦が終結





















●活動内容・方針








この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2017年08月05日 19:42

【真剣セミ!】セミラミス






セミラミス




・イギリス「今回はセミラミスを紹介するぜ。」
・イラク「なぜ、この時期にセミラミスなのだ?」
・日本「Fateという作品に登場するので…アニメも放送しているので…取り上げて欲しかったわけで…。」



セミラミスは、「アッシリア(メソポタミア、今のイラクあたりにあった国)」の伝説上の女王。



モデルは「サンムラマート(Shammuramat)」という、紀元前8、9世紀の王妃。









1悪女!






セミラミスことセミちゃんは、伝説によると…



セクシーで賢く、男好きで残酷という…
よくいる悪女キャラであったそうな。



アッシリア王ニヌスに寵愛され、息子ニニュアスを生んだけど…



そのニヌスを毒殺!これは「伝説上の最古の毒殺事件」といわれている…怖いお嫁さんだ。



最期は、息子ニニュアスに謀殺されたとか、鳩になって昇天したとか…色々ある。






他には「自由の女神のモデルの1人」という説がある。



「自由の女神のモデルは、フランス共和国を象徴する女性像・擬人化した“マリアンヌ”だ!」とUSAあたりは言いそうだけどな。






2王様との恋




セミちゃんには、王様との恋愛物語がある。
恋愛と言っても不倫なんだが…



セミちゃんは、イケメンのアルメニアの王様「アラ」に胸キュンし、告白!



しかし、拒否られたので、戦争をふっかける!
だが、戦いの中でアラは戦死。



悲しんだセミちゃんは、黒魔術のトンデモパワー!でアラを復活させようとした。



その後、アルメニアの民衆がセミちゃんにブチギレて攻撃を開始!



すると、セミちゃんは「アラは復活して、私の愛人になったのよ~!オホホホ!」と触れ回った。



だが…アラは復活していなかった…



愛に狂った女性の悲しいウソであった。





3空中庭園





セミちゃんは、「世界の七不思議」の1つ「バビロンの空中庭園」を造らせた、と言われている。



バビロンの空中庭園とは、かつてイラクあたりに存在したとされる高台にある庭園。



本当は、セミちゃんじゃなくて、「新バビロニア王国のネブカドネザル2世が造らせた」という説があるが…これは諸説あり。



何でも、ネブカドネザルの奥さん「アミュティス」が「ホームシック、または結婚を嫌がった」ので、彼女を慰めるために造った……そうな。



セミちゃんにも、「庭園のために馬鹿でかい用水路・灌漑を作った」というような伝説がある。






古代の色んな人間が「庭園」について言及していが…ぶっちゃけ、分からない事が多いから…
どんな庭園だったかは謎だ。



最終的に「アケメネス朝ペルシア」に破壊されたとか、アレキサンダー大王の時代にはもう無かったとか…



ちなみに、ここでいう「七不思議」とは「ビザンチウムのフィロン」という古代ギリシアの数学者が、紀元前225年ごろに提案したものだ。



彼が提案したのは…
「ギザの大ピラミッド」
「バビロンの空中庭園」
「エフェソスのアルテミス神殿」
「オリンピアのゼウス像」
「ハリカルナッソスのマウソロス霊廟」
「ロドス島の巨像」
「バビロンの城壁」の7つだ。




この中の「バビロンの城壁」は、新バビロニア王国で作られた「イシュタル門」を含む大規模な城壁だったそうだけど…



後世になって、アレキサンダー大王が建造した「アレクサンドリアの大灯台」に新しい七不思議として、差し替えられちゃう。

・日本「……伝説自体は意外と地味でしたね。他の女神と比べてですが。」
・イギリス「まあ、悪女系の女神は多いからな。ギリシアのアテナも戦いの神とかいって、結構あくどい事してるし。」
・イラク「…そのFateという作品はアニメか?面白いのか?」
・日本「現在放送している『Fate/Apocrypha』は小説が原作です。セミラミスはサーヴァント…英霊として活躍します。」
・イラク「…ハレンチな描写や残酷表現は?」
・イギリス「あるに決まってんだろ、日本のアニメだぜ?」
・日本「日本はそういうアニメだけじゃありませんよ!?プリキュアのような全年齢向けの健全なアニメもあります!」
・アメリカ「プリキュア!?18禁エロ絵がたくさんネットにあるあのプリキュア!?」
・イラク「なに!?」
・日本「(言いわけが思いつかない)」

















●活動内容・方針







[

【九州北部豪雨災害】義援金へのご協力をお願いします。

](https://camp-fire.jp/backers/35860#menu "【九州北部豪雨災害】緊急義援金募集")


この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

記事を検索