Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

中東系の記事(3)

SHA 2019年02月19日 13:55

中国が空母をパキスタンに売る?

中国が空母をパキスタンに売る?





2019年2月頃…2020年までに、中国の空母「遼寧(りょうねい)」が、
パキスタンに売却される可能性がある…というニュースが出た。



中国とパキスタンは「対インド」で利害が一致しており、
インドを牽制する狙いがある、と見られている。






一方で中国側のメディアなどでは、この情報を否定する声もある。



また、「中国初の大事な空母だし、戦力ダウンしちゃうし、売るわけない」
という意見もネット上にあって…



・イギリス「今のところは、ハッキリしない感じだぜ。」
・アメリカ「怪しい・・・。」
・カナダ「ぱきすたんって食べ物だっけ?」



↑「中国の空母…遼寧」




パキスタンとインドは、宗教の違いや国境紛争などにより、
パキスタン独立以来、仲が悪く…



中国とインドは、1962年の「中印国境紛争」以降、国境をめぐって対立している。



そんなわけで、現在インドは色々と活発化する中国への牽制で、
空母を含む海軍力の増強を予定している。



一方で、インドとパキスタンの戦争「印パ戦争」では、
中国側がパキスタンを支援しており、
これ以降…軍事面などで中国とパキスタンは協力関係にある。



これらの理由から、「中国がパキスタンに空母売ってもおかしくねーし!」
という意見も存在する。


・パキスタン「“空母の半額セール”とかやる予定は・・?」
・中国「没有它(Méiyǒu tā)

----------

今後の活動のため、購入をお願いします↓





空母はないけど、「これ」は売ってる。









----------――


この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2017年12月15日 11:28

【冥界のヤベー奴】エレシュキガル






●エレシュキガル

「エレシュキガル」は、中東系の神話の女神である「イシュタル」のお姉ちゃん。






2人を簡単に説明すると・・・






「ノリで山を破壊するヤベー奴」がイシュタル。



「冥界のヤベー奴」がエレシュキガル。







▶とにかく仲が悪い






この姉妹の仲はとても悪い。



『イシュタルの冥界下り』というお話では…



冥界にやって来たイシュタルちゃん。



だが、冥界の女神エレちゃんは、イシュタルが大っ嫌いなので、腹を立てた。



そして、イシュタルは「綺麗な着物を着てはならない」などの冥界における禁忌を犯してしまい、門をくぐるたび、身に付けている物をはぎ取られた。



やっと、エレちゃんのもとにたどり着いた時には、全裸というエロ本的な展開になったよ。



さらに、エレちゃんに邪気をぶっかけられ、地上に戻れなくなってしまう。



イシュタルが戻れなくなったせいで、地上が不毛の地になってしまう。



一応、豊穣と性愛の女神でもあるからね!



これを知った水と知識の神エンキ(エア)は、無常人間アスシュナミルを創って、「生命の水」を持たせ、冥界へ送り込んだ。



この「生命の水」でイシュタルは復活し、地上へ帰還したのだった…。






『イナンナの冥界下り』という話では大体の流れは、同じだけど…最後がちょっと違うよ。



イシュタルは自分の身代わりに、夫のドゥムジを冥界に留まらせるという無慈悲な行為をしているよ。



最終的に、ドゥムジは自身の姉妹と半年ずつ交互に、冥界へ留まらなければならなくなったそうな…。



哀れドゥムジさん…でも、イシュタルと結婚したあなたが悪いのよ!

▶夫ネルガル

エレちゃんには、妹のイシュタルですら歯が立たなかったけど…



ココに1人…エレちゃんを屈服させた神様がいた…!



その神の名は、ネルガル!太陽、戦争、疫病などを司る神!



ある時、冥界首相「ナムタル」が地上を訪れた。



その時ネルガルは、わざわざ地上までやって来たナムタルを、激しく侮辱!



きっと虫の居所が悪かったんだね!



冥界と地上に緊張が走る!



知識の神エンキ(エア)は、この問題を解決するため、ネルガルを冥界へ送った。



そして、冥界へやって来たネルガルだったが…



水浴びをするエレちゃんに興奮してしまう!



何と彼は6日間にわたって、エレちゃんと性行為を行うのである!



ちなみに、『ギルガメッシュ叙事詩』に登場するエルキドゥはシャムハトという女性と6晩7日も性行為しているよ!



そしてネルガルは7日目の朝になると「冥界との友好はこれでOKだろう」と思ったようで地上へ帰ってしまうよ。



お前セックスしただけじゃねーか!?





一方エレちゃんは、なんとネルガルに一目ぼれしてしまう!



まあ、そんなわけでエレちゃんは天空神アヌなどに、ネルガルを冥界に戻してくれるようにお願いするよ。



・エレシュキガル「私は幼い頃ころから、少女のように遊び、子どもらしくふざけることを知りませんでした。もう一度、ネルガルと恋人として夜を過ごさせてください。」



・天空神アヌ「えぇ~?」
・エレシュキガル「さっさとネルガルよこさないと、ゾンビを地上の人間よりも多くするぞ。」



このお願いと脅しのダブルパンチにより、神々はネルガルを冥界に送った。



その後、ネルガルは冥界の7つ門をぶっ壊し、エレちゃんを王座から引きずり下ろした!←なぜ普通に入らない…?



こんなに乱暴されたにもかかわらず!
エレちゃんは涙を流して「妻にしなさぁい♥」と頼んだ!



結果、2人は夫婦になったのでした…



見事な「ドMぶり」を見せたエレちゃんなのでした。




・アメリカ「無理矢理犯す⇒好きになる⇒夫婦に…WTF?」
・イギリス「日本のエロ本みたいだな。」
・日本「そうですかぁ?」
・イラク「皆はマネしないように。」













この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2017年08月05日 19:42

【真剣セミ!】セミラミス






セミラミス




・イギリス「今回はセミラミスを紹介するぜ。」
・イラク「なぜ、この時期にセミラミスなのだ?」
・日本「Fateという作品に登場するので…アニメも放送しているので…取り上げて欲しかったわけで…。」



セミラミスは、「アッシリア(メソポタミア、今のイラクあたりにあった国)」の伝説上の女王。



モデルは「サンムラマート(Shammuramat)」という、紀元前8、9世紀の王妃。









1悪女!






セミラミスことセミちゃんは、伝説によると…



セクシーで賢く、男好きで残酷という…
よくいる悪女キャラであったそうな。



アッシリア王ニヌスに寵愛され、息子ニニュアスを生んだけど…



そのニヌスを毒殺!これは「伝説上の最古の毒殺事件」といわれている…怖いお嫁さんだ。



最期は、息子ニニュアスに謀殺されたとか、鳩になって昇天したとか…色々ある。






他には「自由の女神のモデルの1人」という説がある。



「自由の女神のモデルは、フランス共和国を象徴する女性像・擬人化した“マリアンヌ”だ!」とUSAあたりは言いそうだけどな。






2王様との恋




セミちゃんには、王様との恋愛物語がある。
恋愛と言っても不倫なんだが…



セミちゃんは、イケメンのアルメニアの王様「アラ」に胸キュンし、告白!



しかし、拒否られたので、戦争をふっかける!
だが、戦いの中でアラは戦死。



悲しんだセミちゃんは、黒魔術のトンデモパワー!でアラを復活させようとした。



その後、アルメニアの民衆がセミちゃんにブチギレて攻撃を開始!



すると、セミちゃんは「アラは復活して、私の愛人になったのよ~!オホホホ!」と触れ回った。



だが…アラは復活していなかった…



愛に狂った女性の悲しいウソであった。





3空中庭園





セミちゃんは、「世界の七不思議」の1つ「バビロンの空中庭園」を造らせた、と言われている。



バビロンの空中庭園とは、かつてイラクあたりに存在したとされる高台にある庭園。



本当は、セミちゃんじゃなくて、「新バビロニア王国のネブカドネザル2世が造らせた」という説があるが…これは諸説あり。



何でも、ネブカドネザルの奥さん「アミュティス」が「ホームシック、または結婚を嫌がった」ので、彼女を慰めるために造った……そうな。



セミちゃんにも、「庭園のために馬鹿でかい用水路・灌漑を作った」というような伝説がある。






古代の色んな人間が「庭園」について言及していが…ぶっちゃけ、分からない事が多いから…
どんな庭園だったかは謎だ。



最終的に「アケメネス朝ペルシア」に破壊されたとか、アレキサンダー大王の時代にはもう無かったとか…



ちなみに、ここでいう「七不思議」とは「ビザンチウムのフィロン」という古代ギリシアの数学者が、紀元前225年ごろに提案したものだ。



彼が提案したのは…
「ギザの大ピラミッド」
「バビロンの空中庭園」
「エフェソスのアルテミス神殿」
「オリンピアのゼウス像」
「ハリカルナッソスのマウソロス霊廟」
「ロドス島の巨像」
「バビロンの城壁」の7つだ。




この中の「バビロンの城壁」は、新バビロニア王国で作られた「イシュタル門」を含む大規模な城壁だったそうだけど…



後世になって、アレキサンダー大王が建造した「アレクサンドリアの大灯台」に新しい七不思議として、差し替えられちゃう。

・日本「……伝説自体は意外と地味でしたね。他の女神と比べてですが。」
・イギリス「まあ、悪女系の女神は多いからな。ギリシアのアテナも戦いの神とかいって、結構あくどい事してるし。」
・イラク「…そのFateという作品はアニメか?面白いのか?」
・日本「現在放送している『Fate/Apocrypha』は小説が原作です。セミラミスはサーヴァント…英霊として活躍します。」
・イラク「…ハレンチな描写や残酷表現は?」
・イギリス「あるに決まってんだろ、日本のアニメだぜ?」
・日本「日本はそういうアニメだけじゃありませんよ!?プリキュアのような全年齢向けの健全なアニメもあります!」
・アメリカ「プリキュア!?18禁エロ絵がたくさんネットにあるあのプリキュア!?」
・イラク「なに!?」
・日本「(言いわけが思いつかない)」

















●活動内容・方針







[

【九州北部豪雨災害】義援金へのご協力をお願いします。

](https://camp-fire.jp/backers/35860#menu "【九州北部豪雨災害】緊急義援金募集")


この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

記事を検索