Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

2017年 06月の記事(4)

SHA 2017年06月28日 10:17

超高速!アーサー王伝説


※販売している作品の一部を変更したものです。

※アーサー王伝説のストーリーを「超高速!」して紹介する内容です。



一般的に広く知られているトマス・マロリーの『アーサー王の死』の内容を中心に紹介します。






1 アーサーパパ






・ユーサー・ペンドラゴン「後のアーサー王のパパ!ユーサーだぜ!ウーサーとも言うぜ!」



・魔術師マーリン「この時、ユーサー様はブリテン王。」



・ユーサー「そして、敵国の王妃に一目ぼれするぜ!略奪するぜ!子供産ませるぜ!」



・マーリン「この時の子供がアーサー王になるよ。」



・ユーサー「で、俺は何やかんやで死ぬぜ!」






2 王になる






・マーリン「この剣を引き抜いた者が王になる!」



・アーサー「抜けたー!」



・マーリン「はやっ!?」



・アーサー「王だー!」




3 剣折れる






・アーサー「剣が折れた!?」



・マーリン「新しい剣を取りに行くんだ。湖から腕が出てるでしょ?アレが新しい剣!」



・アーサー「ウワ!キモッ!」



・マーリン「こらー!」



・アーサー「とったー!」






4 巨人を駆逐する






・マーリン「聖ミカエル山に巨人がおり、悪さをしているとか…。」



・アーサー「駆逐してやる…!」



・マーリン「言うと思った。」



・アーサー「倒したー!」



・マーリン「はやっ!?」






5 古代ローマ皇帝






・アーサー「ローマ軍と戦闘だー!」



・マーリン「強敵だよ。」



・アーサー「行け~ガウェイン!」



・ガウェイン「えーい。」



・ローマ皇帝「敗けたー。」



・ガウェイン「勝ったー。」

6 円卓の騎士






・アーサー「えーと、お前は…。」



・ランスロット「ランスロットです。アーサー王の王妃グィネヴィア様が誘拐された際、命懸けで救いました。」



・アーサー「お前は?」



・ガウェイン「ガウェインです!朝から正午までは力が3倍になります!」



・アーサー「なにwwそれwww」



・ガウェイン「笑わないで!」



・アーサー「…あと何人?」



・マーリン「トマス・マロリー版だと、円卓の騎士は300人いるそうだね…頑張って憶えて♥」



・アーサー「マジか。」






7 聖杯さがす






・アーサー「聖杯を見つけに行くのだ!」



・ガウェイン「何で?」



・アーサー「何でって…それは………いいから行って来いよ!」



…しばらくして。



・アーサー「聖杯あったー?」



・ガウェイン「話せば長いのですが…見つけたのが私ガウェインだったり、パーシヴァルだったり、ガラハッドが見つけたと思ったら、何か天に召されたり…」



・マーリン「聖杯のくだりは書物などによって、表現が異なるから…。」



・アーサー「あー!もういい!この話はおしまい!」


8 寝取られる






ある日、アーサー王の不義の息子であり、円卓の騎士の1人であるモードレッドがこう言った…。



・モードレッド「貴方の王妃とランスロットが不倫しています。」



・アーサー「なんだそうか…………ってなにー!?」



―――――――



・ランスロット「王妃…愛しております。」



・アーサー「コラー!」



・ランスロット「ハッ!?アーサー王!?」



・マーリン「文学史上最も有名な“寝取られ王”の誕生である。」



・アーサー「やめろ!」






9 アーサー死す






・アーサー「ランスロットを倒すぞー!出撃!」



――と言っている所にモルドレッドが謀反!



・モードレッド「ガウェイン倒したー!」



・アーサー「貴様ァー!初めからそのつもりかァー!」



・モルドレッド「ハーハハッ!」



こうしてアーサーとモードレッドの一騎打ちが発生。



アーサーはモードレッドを倒すが自身も重傷を負うのであった…。



・アーサー「円卓の騎士の1人であり、隻腕という設定のべ、ベディヴィアよ…!」



・ベディヴィア「説明台詞ありがとうございます…!」



・アーサー「エクカリバーを湖に…返すのだ…!」



・ベディヴィア「モッタイナイっすよ~。」



・アーサー「いいからヤレヨ!グバァ!!」




こうしてアーサー王は息絶えたのである…。



別の話では傷を癒すため…
アヴァロンという島に向かったと言われている…。



●活動内容・方針








この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2017年06月22日 00:44

ヴラド三世【大体、ハンガリーのせい】


ヴラド・ツェペシュ(ヴラド3世)



1431年11月10日 - 1476年12月19日




・フランス「ドラキュラ伯爵のモデルだっけ?」
・ヴラド3世「そのようだな…。」
・ルーマニア「…今回は、“護国の英雄”としてのドラキュラ公を紹介しよう…。」



ヴラド3世…この方はツェペシュ(串刺し公)やドラコ(竜の息子)など色んな呼ばれ方をしているが、ここではドラキュラ公と呼ぶことにする。



この方は15世紀のワラキア公国(今のルーマニアあたり)の君主。



日本では室町時代、応仁の乱とかの時代になるかな。



当時の我らルーマニアことワラキア公国はオスマン帝国、



ハンガリー、ポーランドという列強国に囲まれていた。



その為、ドラキュラ公は子供の頃から大変な苦労なさった…。






お父さんのヴラド2世の時代にオスマン帝国に敗れて、



ワラキア公国はオスマンに臣従する事に





ドラキュラと弟ラドゥはオスマンの人質にされる





その後、お父さんと長男が何者かに暗殺される!





ドラキュラはオスマンの支援によりワラキアの君主になるが…





ハンガリーが攻撃しやがったので、モルダヴィアへ亡命





しかし!亡命先のモルダヴィアの君主が病死!





今度は自分を追いやったハンガリーの元へ





1456年にドラキュラの「はとこ」がワラキアで
独立しようとすると…





「調子に乗ってる」と思ったハンガリーは「ドラちゃんの方が言うこと聞くよね」として、かわりにドラキュラ公をワラキアの君主にする





君主となったドラキュラ公はワラキアの中央集権化を進めた




1459年、あのオスマン帝国が貢納金を増額してきやがったので、ドラキュラ公はこれを拒否!



これにキレた最強のオスマン皇帝「メフメト2世」は兵を挙げる!



その男メフメト!古代ローマ帝国を完全に滅ぼした男!



1453年5月29日…彼の軍は東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の首都コンスタンティノープル(今のイスタンブールね)を陥落させた!



ヨーロッパ…特に東欧や南欧の人々は彼を本気で恐れた…。



メフメトが亡くなった時などは、ローマ教皇やキリスト教の聖職者やローマ市民など歓喜して、祝祭を開いたほど!






そんなメフメトに、ドラキュラ公はゲリラ戦、焦土作戦、夜襲で対抗する!



これぞ寡兵で防衛戦する時の基本…だよね!



その後、ワラキアに入城したメフメトを待っていたのは…



「串刺し刑死者からなる約2万人の遺体の“森”」だったそうな…!



おお…!恐ろしいドラキュラ公…!



まあ、串刺しの大量遺体はやり過ぎかもしれないが…。



これはいわゆる、コラテラル・ダメージというものに過ぎない…
軍事目的のための、致し方ない犠牲だ。



…っていうか、オスマン帝国の方がもっと暴れてるよ!






その後、メフメトはドラキュラの弟ラドゥを支援し、軍の指揮官にする。



さらに、ドラキュラから離反していたワラキア国内の貴族達を糾合させ、彼を追い落としたのであった!



さすがローマ帝国を滅ぼした男だ…。



そして泣き面に蜂!



ハンガリー王マーチャーシュ1世がドラキュラ公をオスマン帝国に協力したという罪状で捕らえられ、幽閉してしまう。



面倒なオスマンとの戦いを避ける為の口実だったそうだ。



しかも、幽閉を正当化する為、ドラキュラ公の残虐性をことさらに広めやがった!



「人の肉を食ってる」とかなんとか!



悪質なプロパガンダだ!マーシャーシュめ!



こんな野郎が向こうじゃお札の顔になってんだぜ!?



……10数年間の幽閉の末…ようやく解放される。



再びワラキアの君主となるも…ドラキュラ公はオスマン帝国との戦いで戦死してしまう…。

・ルーマニア「国を守った英雄を吸血鬼扱いしやがって…!ハンガリーめ…!」
・フランス「“残酷”ってのは、ハンガリーのネガティブ・キャンペーンだったのか…。」
・ヴラド「現代ではインターネットがあるからな…毎日誰かのネガティブ・キャンペーンでいっぱいだ…。」
・フランス「エロ動画もね♥東欧系ドラキュラコスのポルノとか♥」
・ヴラド「すげー変態。」



[●背景素材 由羅(ピクシブより)




](https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=48896822 "【背景素材】 血痕っぽい感じの (9種)")





活動内容・方針


この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2017年06月16日 21:24

織田信長「お前ら俺をネタにし過ぎ」


●織田信長
諸説あり‐1582年6月21日


・アメリカ「イエヤスゥー!?」



・織田信長「なにぃー!?あんな狸と間違えるな!」



・イギリス「じゃ、誰だよ。」



・信長「俺はな…。」






俺の名は織田信長!あだ名はノブ!



尾張国、現在の愛知県辺りの戦国大名だぜ!



パパの織田信秀は経済流通拠点を支配下にし、商業を活性化・朝廷との友好関係構築などを行う。



それが結果的に、ノブが活躍する土台を作ったと言われる
(ついでに敵も作る)。



信秀が死ぬと家督争いが勃発



俺は兄弟や同族をボコボコにして、争いに勝利!
尾張を統一するよ!



「これで安心だうぇーいww」と思ってたら東から今川義元という顔の白い人がやって来たぜ!



俺はピーンチになって「これで尾張は終わりだ!」とか言ってみたりして…



…まあ、そんなこんなで何とか桶狭間の戦いで義元を倒すよ!



この戦いは「少ない兵でもって奇襲で勝利」だが…



「奇襲じゃないよ」や「そもそも場所が違うよ」、「別にピンチじゃなくね?」などとも言われている…






お次は仲が悪くなった斎藤さんをぶっ倒したり、浅井さんや武田さんと仲良しになったりした
(ついでに後の徳川家康とも)



その後、足利義昭を室町幕府第15代将軍にしてあげたよ!
俺ってやさしーい!



そんでもって、家臣のモンキー羽柴秀吉や明智光秀くんの力もあって、近畿地方を制圧していく。



さらに、朝倉義景の野郎が「京都に来てよ命令」を何度も無視しやがったので、ぶっ潰しに行くよ!



しかし、俺の同盟者で、朝倉とも仲良しだった浅井がオレを裏切って背後から攻撃しやがった!(金ヶ崎の戦い)



俺はなんとか退却に成功した…



「浅井、ふざけんな!」ってことで浅井を姉川の戦いでぶっ倒すよ。


1570年8月、三好三人衆とかいうトリオを倒そうとしたけど、
その隙をついて石山本願寺(もの凄いお坊さんチーム)が俺に対して挙兵しやがってな…



浅井・朝倉連合軍や長島一向一揆(仏教的な抵抗運動)とも対立!



これこそ信長包囲網!ノブちゃん大ピーンチ!イエーイ!



まあ、でも俺はそれぞれと和睦や講和などを実現させ、何とか窮地を脱する!




延暦寺のバーニングも成功したし、これで一息つけるね~!



と思っていたら!



当時、俺と仲が悪くなっていた足利義昭による各地に送ったお手紙大作戦によって、再び信長包囲網が築かれるのである!



義昭将軍は、俺のやり方が気に入らなかったんだろう…幕府を再興したかったのかどうかは知らんが。



そんなこんなで、三好とか松永久秀のオッサンが挙兵!おまけに「戦国最強ランキング」とかでいつも上位に上がる武田信玄まで
来ちゃったぜ!イエーイ!



義昭も調子に乗って挙兵!



ノブ、またまたピーンチ!



だったけど、途中で信玄病死!武田軍は撤退!



調子に乗った義昭の野郎を追放してやったぜベイビー!




お次は浅井・朝倉をコテンパンにして、
武田にも長篠の戦いで勝利。



長篠は「大量の鉄砲を使い勝利」で有名だけど…。



「三段撃ちはない」、「武田騎馬隊はない」、「そもそも何で戦ってんの!?」などとも言われるぜ



たくさんの敵をぶっ倒して、気分も良くなったから、俺はお城を作ったよ!これが安土城!



ところで誰か、現代の技術を結集して、安土城再建しない!?



城作って、安心したのも束の間!またまたまた信長包囲網が出来てしまう!



そんなに俺が憎いかーッ!



スーパーお坊さん集団「石山本願寺」とスーパー鉄砲集団「雑賀衆」と敵対する!



さらに中国地方の大名・毛利ちゃんと本願寺がタッグを組んだ!



しかも、「戦国最強ランキング」とかでいつも上位に上がる上杉謙信も来たぞー!イエーイ!



ノブ、またまたまたピーンチ!



でもノブは運が良い!信玄の時みたいに謙信病死!あと各個撃破していったよ!




一息ついたので、京都で軍事パレードをしたよ!



ついでに武田も滅ぼしたよ!



後は四国と中国だけだな~と思って、本能寺で休んでるところを、家臣・明智光秀がズドーン!



突然の謀反!突然の死!光秀ふざけんなよ!?



これにも諸説あって「黒幕がいる」、「徳川家康だろ、天下人になりなかったんや」、「羽柴秀吉だ、出世したかったんや」、「朝廷だ、信長に権力を奪われると思ったんや」、「そもそもこの時代分かんないことの方が多いの!!」などと言われる…



そもそも光秀自体、優しい性格だとか、保守的だとか、独裁的だとか、色々言われるけど詳しいことは謎なんだよね~!



光秀は「ワーイ!」と思っていたけど西から飛んできたモンキー秀吉にボコボコにされる。



そんで、最終的には秀吉が日本統一しやがるんだ。
家康はそのあと。




・アメリカ「戦争してばっかりじゃん。」
・イギリス「お前が言うな。あ、俺もかww?」
・信長「朝鮮も攻めたかったなー。」
・アメリカ「今の日本でその発言は色々とヤバいっ。」



●活動内容・方針



この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

SHA 2017年06月16日 12:56

切り裂きジャック 【かつてのロンドンの殺人鬼も…】


※販売している作品を一部変更した者です

●切り裂きジャック


切り裂きジャックが登場するのは1888年のイギリス。



日本では明治時代…1885年12月22日に伊藤博文が初代内閣総理大臣に就任している。






彼の被害者とされているのは5人の売春婦です。



最初の殺人は8月31日。メアリー・アン・ニコルズ。



次がアーニー・チャップマン。子宮と膀胱を犯人に持ち去られたそうな…。



エリザベス・ストライド。これは目撃証言あり。



キャサリン・エドウッズ。左の腎臓と子宮を持ち去られる。



最後の11月9日。メアリー・ジェイン・ケリー。皮膚や内臓など、
体を完全にバラバラされた。



他にも多数の被害者がいたとする説もある。






この事件はマスコミによって大いに盛り上げられた。



2件目の殺人の後、署名入りの犯行予告がセントラル・ニューズ新聞社に送りつけられた。



この件が新聞で伝えられると、「切り裂きジャック」を名乗る手紙が何百通も新聞社などに届いたけど…



そのほとんどがイタズラか、メディアによる「自作自演」であったらしい…。



他にもセントラル・ニューズ社の記者がスクープ記事を書くために犯行声明の手紙を捏造し、「切り裂きジャック」という人物を作り上げたという説もある…。






・アイルランド「ブリテンの糞マスコミ…と言いたいけど、こういうパターンはどの国にでもあるからね。」
・フランス「どんなに、媒体が進化しても…それを扱う人間自身はあまり進化してないのかもしれない……なんてね。」
・ジル・ド・レ「私もメディアに捏造されましたよ~!日本のアニメの影響で悪いイメージが…!」
・フランス「アニメにおける歴史改変なんざ!日本じゃ日常茶飯事だぜ!?ざっとあげても、戦国BASARAに、Fateシリーズに、艦隊これくしょんに、百花繚乱SAMURAIGIRLS、戦国ランス、戦国コレクション、戦極姫、織田信奈の野望、桜花センゴク、境界線上のホライゾン、戦国†恋姫に…あとはないか?まあ、ほとんど観てないんだけどね!?」

・ジル「……Fateのせいだ。」
・フランス「そういや、切り裂きジャックもカワイイ女の子にされてたなww」
・アイルランド「に、日本人は…歴史が好き…なんだね…。」



















活動内容・方針



この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

記事を検索