ぼんやりクラブ Jun/17/2019 20:28

【読後の思考】神 (『ちぐはぐな部品』より/著者:星新一)

※一応ネタバレ注意






ちぐはぐな部品

超大雑把な内容

ある会社の男が信仰心を集めるために博士に依頼して、「神」を作らせる。
その方法は、世界各地の神に関する情報を収集し、高機能なコンピュータへ蓄積させていく、というものだった。
大量のデータに基づく情報は徐々に本物へと近づき、やがてコンピュータは「神そのもの」となる。神となったコンピュータは消えて、目に見えなくなってしまう。

それを真似続けると、やがてそれは「本物」となる。
(ルパンのCVが山田康雄からクリカンになったように)

この話を読んで【雑記】欝展開について思うことの最後に書いたことを思い出した。

最近、というか、前々からネット上で流行ってる感じの短編ホラーノベルをを作りたいと思っていたのですが、ガチで作るなら、本当に恐ろしいものをインプットしていかなければ良い作品が作れないと思い、半ば諦めています。
なぜなら、怖いからです。
恐怖を研究していくということは、すなわち真実に近づいていくということです。
多分、その行為はやがて禁忌に触れるので、できないです。

ここに書いたように、それに近づけば近づくほど、本当にそうなってしまう、ということは実際にあると思います。
ホラー系の制作物なんかで本当に呪われたり、霊現現象が起きたりした、といった話は調べると結構でてきます。

また、人間が怖い系の方向でいえば、

「お前は知りすぎた」
――そして彼は二度と戻ってこなかった……。BADEND

こういうことが創作の世界だけでなく、現実でも確実に起きていると思います。
深く関わりすぎたことで生じた、何か恐ろしいことが。『表立ってない』だけで……。
ことに「ホラー・オカルト」系で踏み込みすぎるのは個人的に怖いなと感じます。

身の安全を確保しつつも、その領域に足を伸ばし、非日常的なスリルを味わえるからこそ、ネットで見る体験談やそれらを題材にした創作物は素晴らしいですよね。


現実世界では、画家が一生懸命模写を続けた結果、本人にその技量を認められる…みたいに職人やアーティストが「本物」に限りなく近づいたり「本物」になってしまったりと、すごく夢のある話を国内外問わず耳にすることがあります。

創作ならば「自覚はないものの、何かを繰り返し続けてるうちに狂人や犯罪者となってしまっていた」といったミステリーや猟奇的なストーリーが似合うな~と個人的に思いました。

まだ途中ですが、前回から読み進めたなかで引っかかったテーマでした。

創作サークル ぼんやりクラブ
Webサイト:http://bonyari.club/
Twitter:@bonyari_club

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles