岡山ファンタジスタ Dec/27/2018 19:00

ジスたんとProキャラグランプリ

先日記事にもしました、ミラクリエ主催、2018年11月8日(木) 〜 12月25日(火)の期間で開催された
Proキャラグランプリ2018」が終了しました。


多くの票をいただきまして全項目でジスたんがグランプリという結果となりました。
マジでか・・・。

このグランプリについてだらだら書いてみたいと思います。


Proキャラグランプリとは

二次創作にキャラクターを開放している「カシキャラPro」に登録してるキャラが全員参加で、その中での各部門(かわいい・かっこいい・ボス的・おもしろい・ご当地愛)のグランプリを決めよう、というイベント。
投票だけでなくキャラクターの応援イラストやページビューなどでの応援も可能だったとのことで、ミラクリエのサイトの特色が反映された内容にもなってました。

ただ、カシキャラProに参加してるキャラは強○エントリーだったので、一般からエントリーを募って開催された今年の夏の「ご当地応援萌えキャラグランプリ2018(ごともえGP)」とはかなり毛色が違うイベントだったかなと思います。


ごともえGPからの改善点

ごともえGPでは1回の投票で3項目まで、1回の投票では同じ点数をつけられない、投票は1週間に1回までなどの細かな投票ルールがありました。
今回は投票は1回1項目だけ、毎日投票出来たうえに投票インターフェイスも改善されており投票参加者も前回より楽しめたのはないでしょうか。

ライブチャートの公開期間を週末に限定したことも良かったですし、最後に低い得点をつけた投票(下げ票)を一括削除したのも評価できる点かと思います。
グランプリの経過を見てる時に「4点と5点だけでもいいんじゃないかな」と思ってたところもあるんで、最終的にそうなる調整が入ったのは面白いなと思いました。

ただ、ちゃんと評価して1~3点を投票してくれた人の票が無効になってしまったところには賛否あると思います。「応援している点数ではない」という主催の判断も納得できるものではあったと思いますが、1回限り使える禁じ手に近いものではあったかも?


ジスたんの評価について

三国志に例えると全能力99みたいな感じの得票に・・・。ジスたんを応援してもらえたのはとても嬉しく思います!
しかしながら「ジスたんへの投票」ではなく「ジスタへの投票」も多かったのかも知れないですね。
キャラクターだけで勝負をしている他の子に比べて、その点は申し訳ないと思う部分です。

ご当地活動を頑張ってる子がご当地愛部門で1位ではなかったことについても、ジスたんのご当地愛を評価されたというよりは1位を取らせるための投票がジスたんに入っていたのではないかな?という印象。
もちろんそれも含めて応援してもらえたことは嬉しいんですが・・・。

なので、ジスたんを除外したランキングが実際の順位になっていると言っても言い過ぎではないかも知れません。


ジスたんにとっての「ご当地」がファンタジスタであるということなら確かにご当地愛も凄いかも知れませんけれど・・・(笑


次回があるとしたら?

2018、というタイトルがついている以上、第2回目の開催も視野に入れての開催であったとは思います。
ライブチャートの評価で順位をつけるのはミラクリエさんのシステムを活用する意味では正しいですが、5項目のうち1項目だけ投票出来る仕組みなら、部門ごとの「合計得点」
で順位をつけてもいいかも知れないと思いました。
投票数が多くなってくれば平均点での評価も良いですが、現状では1票の重みがかなりありますんで。
ミラクリエさんも今後改善するための意見は求めてるはずですので、Twitterのリプライででもどんどん意見をぶつけていくと良いと思います。
@MiRACREA_C


参加キャラクターの温度差

また、次回に向けてのポイントとしては参加してるキャラの温度差を何とかしなくてはいけないのかなと。
今回Proキャラグランプリに一切言及してないキャラクター運営さんも多かったように思います。
そのあたりはグランプリを開催する前の根回しだったりとかもあると思うんですが、グランプリを参加する意味のあるものにしていく難しさもあるかなと。

グランプリを意味のあるものにしていくのは主催だけじゃなく参加しているキャラクター運営側にも求められる部分ですが、今回は「気付いたらグランプリが始まってた、参加することになってた」感じもあったのでしょうがないところもあったとは思います。

参加キャラがみんな「よーし頑張るぞ!」ってなってれば、もっと盛り上がったと思います。


ジスたんのスタンス

ジスたんスタンス!
参加するからには勝ちに行く。格ゲーキャラでもあるジスたんならではのスタンスかも知れません。小さい大会であっても参加するからには全力は尽くしたい。
これは僕が全国大会店舗予選を開催する時に思ってることに通じる部分もあります。「決勝大会に出場する意志のある人の中で優勝を決める」ものでなければ大会が歪んでしまうと考えます。

そのあたりもあって、今回のグランプリでのジスたんとしては「別に負けても良い、とは思わない」という事と「参加してるキャラが勝ちにいくことがグランプリの価値を高める」という考えでした。
それがより温度差を鮮明にしてしまっていたかも知れませんし、グランプリを勝ち負けととらえるかどうかはまた別の問題としてありますけどね。


グランプリに輝いて

ジスたんには何かご褒美があると良いなー。
グランプリになると良い事あるよ、っていうこともグランプリの価値を高める一因になり得ますしね。
もちろん何もご褒美がなくても1位になりたいと思えるグランプリは純粋で素晴らしいものです!


そういえばご褒美ありました!

Proキャラグランプリとは直接関係ないんですが、ごともえGP絡みで。
カーナビ大手「デンソーテン」さんのカーナビ「イクリプス」さんが「勝手にアワード2018」というものを先日発表されました。
その中でジスたんが「インパクト賞」をいただきました!ありがとうございます!


インパク知かバカパクかで言うと若干・・・まぁまぁ・・・。

とにかくジスたんもファンタジスタも、後悔のないよう突っ走っていきたいと思ってます。
そんな2018年の締めでした。ジ・イクリプス!

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search Articles