び~みゅ Mar/25/2023 10:52

ケルト音楽素材集【販売されました・あとがき】

DLsiteさまで『ケルト音楽素材集』が販売開始されました!わぁい🌸


https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ01039678.html

ファンタジー要素強めなケルト音楽になっております!
良ければ視聴だけでもしに来て下さると嬉しいです!


既に購入して下さった方本当にありがとうございます!!



オルゴールバージョン視聴

『Fantasy_Celtic_World_o』


販売ページで視聴できないオルゴールバージョンの視聴です!
15曲分オルゴールバージョンが入っています。

オルゴールの楽曲をたくさん聴いて、自分の好みなオルゴールの楽曲のオルゴールの音を参考にしつつも、
より自分好みな音になるよう、オルゴールの音を調整しまくって作りました。

優しく、切なく、ちょっと幻想的な音にできたかなと思うので、良ければお手に取って聴いて下さると嬉しいですv



あとがき

進捗で色々とざっくりと書いたので制作面のお話が多めです。
書いていたらとっても長くなってしまったので、気が向いた方いましたら、音楽を聴きながら読みに来てくださいませ💦

『01Fantasy_Celtic_World』

チターと言うケルトの楽器をメインに幻想的な雰囲気で作曲しました。
最初から1曲目にするつもりで、切なく感動的なメロディで制作しました。

途中のギターパートの部分もギターの微調整を新しい事に挑戦しながら作りました。

ケルトやファンタジーの世界の物語を紡ぐような、感動的なような楽曲にできたかなと思います。



『02Mirkvior』

民族調!を前面に出したケルト音楽です!
シンセサイザーの音源をケルトの楽器に足したり、テクスチャーをかけたり新しい世界に挑戦してみました。

今作はベースやギターの打ち込みは特に以前より上手になれたかなと思います。
切なく寂しげな民族音楽にできたかなと思いますが、どんな場面に使って頂けるんだろうと妄想してしまいます。



『03Niitty』

ストラスペイというケルトのリズムで、冒頭からミクソリディアンというスケールで始まる少し聴きなれないスケールでの楽曲です。
牧場をイメージして、素材集の明るい系の枠として作ってみました。

フィドルやバグパイプなどのケルトの楽器も、プリルトゥリラーなどの装飾音も拘りを持って細かく微調整しながら作りました。


本当は最初ラフの時点で聴き心地に少し違和感があって、没にしようかな?大丈夫かな…と思いながら作り進めた楽曲なんですが、
自分でも想像以上に綺麗にまとまってくれた気がして、ケルトっぽさが良く出ている楽曲にできて良かったなと思っています!



『04Cernunnos』

素材集に欠かせないかなと個人的に思っている戦闘曲ですが、ケルト音楽でどう表現するか、なかなか方向性が定まらず、難産だった曲になります。

ケルトっぽく3拍子で、ケルトっぽくドリアンスケールにして
普段なら入れてしまいそうなオーケストラのストリングス(ヴァイオリンなど)を入れずに、
ケルトの楽器とベース・ドラムで編成してみました。


独特のリズムであまりない感じの戦闘曲になって、かっこよくできたかなと思います!



『05waff』

アコーディオンのみの楽曲を作りたいと思い、作りました!
アコーディオンの音ってすっごく情緒的な雰囲気ですが、ケルトっぽく、民族音楽っぽく聴こえるように編曲してみました。

どうしてもこういう曲って、なんでもかんでもダブリング(多重録音)したくなってしまうんですが、
ダブリングする楽器はダブリングして、ダブリングしない楽器は、単品で聴かせるようMIXしてみました。
断然メリハリがついたかなと思います!

こういう楽器数が絞られた楽曲は、編曲も楽しく、例えばハモリを担当していたアコーディオンがメインに躍り出たり、
低音を担当していたアコーディオンが演奏をストップしたり…みたいな編曲がとても楽しいです。



『06Valley_of_Dreams』

この素材集の中で、作者的に一番お気に入りな楽曲です!
全体的に編曲とMIXが綺麗にできたかなって気がします!

素材集通してですが、今までの民族音楽より休符を大事に作るよう意識してみています。

幻想的なケルト音楽!って感じにできたと思うので、愛でて下さると嬉しいです🌸



『07Asgard』

この楽曲は、オーケストラ楽器を足して、民族音楽っぽさに壮大な感じを演出してみました。

『ケルト音楽素材集』の為にケルト音源(Celtic ERA 2)を購入したんですが、
最初音を鳴らしてみた時、「うんん…?なんか違う…?」って思ったんですよね。

でも作りこんでいくうちに、微調整をすればするほど、幅広く表現ができる音源なんだなって、
自分のスキルアップにもつながって、購入して良かったなと思います!

冒頭左側から鳴っている楽器が「フィドル」、7秒から左側からユニゾンで入ってくる楽器が「バグパイプ」です。

購入直後「やっちゃったかな…」と思っていましたが、ケルト音楽素材集を作るのに欠かせない音源になってくれて本当に良かったです。



『08Lusca'sBar』

ケルトと言ったらこんな感じの酒場のような音楽がイメージで出てきますよね。
イメージにあるファンタジー世界の酒場の音楽をびーみゅっぽくアレンジを加えて作ってみました。

賑やかな感じの冒険しているなって感じの楽曲にできたかなと思います!


『ケルト音楽素材集』を作り始めた頃は素材集通して、全体的にもっと音圧高く作っていたんですよね…
でも音の綺麗さを重視して、今回は思い切って音圧戦争から抜け出してみれたのも、新しい試みができて良かったと思っています。



『09Hirvi』

ダークかっこいいギター曲を作りたくって、ケルトのアコースティックギターでギターメインの楽曲を作ってみました!
ドラムはLofiサウンドっぽくなるようにMIXもしてみました。

この楽曲はすっごくギターを多重録音もしてみています!
奏法とかの表現も頑張ったので、少しだけ気にして聴いて貰えたら嬉しいですv



『10Metsatahti』

素材集なので、色んな場面をカバーしたくて、不安なダンジョン曲枠として作った楽曲です!
幻想的な音色選びから、不安定なコード進行と不協和音のメロディ(理論的に使えるテンション音)で、幻想的な不安定曲にできたかなと思います。

なんとなく色々作っていて、気づいてきたのですが、もしかしたらわたしは、ダークメルヘンやダークファンタジーが向いているのかもしれないなって思いました。
フォロワーさんにもこの楽曲を好きって言ってもらえて、作者自身までお気に入りの楽曲になりましたv
(感想嬉しい……)


体調や精神面が元気になれたことで、色々な楽曲を意識しながら作れるようになって、
見えなかった事とか色々気づけるようになって、どんどん音楽作りたい!って気持ちになっています。



『11Tears_of_Star』

民族みが強くて切ないけど、どことなく前向きな感じもするケルト音楽です!

『02Mirkvior』『06Valley_of_Dreams』と一緒で、JPOPの編曲を勉強しつつアレンジをした楽曲になります。
音のバランスはやっぱり、JPOPやKPOPなどのポピュラー音楽って聴きやすく作られているんだなって感動しながら、作っていました。


それとは別で、お絵描き講座の動画に今はまっていて、「一番見せたい部分を見せる為に、他の部分を描き分ける」みたいな事を聞いて、
「わっ」と感動しました。


わたしの作風の場合、楽器数(トラック数)が多くて、どの楽器にも微調整をできる限りやりつくしてしまうんですが、
もしかしたら、ある程度微調整の仕方を大雑把にしたトラックを使った方が良いのかな…と思わされました…

今作はいつものごとく、全パート追い込んで詳細に作りこんでしまいましたが……
機会があれば試してみたいなと思っています。



『12Village_of_Nisse』

ファンタジー系の素材集でやっぱり絶対必要かなと思っている村枠で作った楽曲になります!

ケルトの楽器編成に明るい系のコード進行とメロディを乗せてみました。
既存曲をアレンジしているわけではないのに、こういう楽曲を作っていると、アレンジしているような気持ちになって楽しいです。

ほのぼのとした村の楽曲を作りたいなと思って作っていたのですが、気づけば楽器をどんどん足していってしまう癖があるみたいで、
自分で、
「だいじょうぶ、そんなに楽器数多くないからって手抜き曲ってわけじゃないから。」
「っていうか、びーみゅちゃん楽器減らしてもっとおとなしくした方が完成度上がるんだよ!」
ってもう一人の自分と話しながら作業をしていました。

結局この曲では楽器数増えてしまいましたが💦



『13Vanaheimr』

YouTubeなどでかっこいいケルト音楽集みたいな動画があると思うんですが、そういう動画を何個も巡って、
自分の感性をそっちの世界に持っていってから作った楽曲になります!

フィールド曲イメージなんですが、壮大さと、かっこよさと、疾走感のある雰囲気の楽曲にできたかなと思います!

今あとがき書いている途中なんですが、めっちゃ書きすぎてない……大丈夫かな……



『14Conservatory』

哀愁のある村や、回想シーン的な楽曲枠です!
コード進行はケルトっぽくドリアンスケールなんですが、転調やメロディをJバラード風にして哀愁を強く出してみました!


さっき『12Village_of_Nisse』で書いた反省を生かして、楽器数を意図的に抑えた楽曲になります。
聴かせたい音を明瞭にしたり、MIXですっきりまとめるためには引き算もすごく大事だなって頭では理解できた楽曲になります…!

楽器数多い曲は楽器をたくさん使って、
おとなしい曲や、一曲の中で静かな展開では楽器を引き算するみたいな事が自然とできるようになれたらいいなと思います。



『15Hill_of_Wishes』

最後の1曲にするって最初から決めて作った楽曲です!
楽曲を作ったのは実は『ケルト音楽素材集』の一曲目だったりします。

素材集を作り始める前にケルトにあった印象は、こんな感じの透明感のある、ハープなどが主体のイメージが強くあったので、
ケルティックハープの楽曲が一番最初に出来上がりました!

透き通った綺麗な楽曲ができてくれたので、『ケルト音楽素材集』の物語を閉じる一曲になってくれたかなと思います!




読んでくださりありがとうございました!!
販売日はそわそわしてしまいますが、とっても嬉しいです…!

良ければ『ケルト音楽素材集』をよろしくお願いいたします(❁ᴗ͈ˬᴗ͈))))


み"ゅプランでは『ケルト音楽素材集』で使用した音源を書き残しておきます。
DTMをされている方は少ないかもしれませんが、興味がありましたらお願いいたします。

"み”ゅプラン☆" plans and above exclusive(s) Support amount:300 yen

By purchasing this back issue, you can view the exclusive bonuses for Mar/2023. What is a back issue?

Support Cost: 300 yen

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search Articles