Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

染まるは黒白の記事(7)

霜月彗

霜月彗 2020年12月09日 19:37

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
霜月彗

霜月彗 2020年11月01日 22:01

「染まるは黒か白か」お知らせ! & 個人サークル名発表!

霜月彗です(*´ω`)

今回はようやく「黒白のお知らせ」をします!
そして! 個人サークル名も発表します!☆彡

ではまずお知らせなのですが…なんと…!



「染まるは黒か白か」グッズ販売!


上記の通りですね!(笑)
なんとグッズを販売しますー!(*ノωノ)

作ろうと思ったのはやはり素敵な作品になったことが大きいのと、より「形」にしたいと思ったからです。それはキャストさんや作品を聴いて下さった方、応援して下さった方のおかげです…! 本当にありがとうございます…!

そして「自作品のグッズ販売」は密かに目標にしていたので、この作品でできるのが嬉しいです。やったー!☆彡


グッズの内容

①ラワイト、ルノワールのアクリルキーホルダー



※念の為「サンプル」の文字を入れております。
※実際のアクリルキーホルダーには「サンプル」の文字はありません。


今回イラストを担当して下さった一代螢さんにご依頼し、新規でアクリルキーホルダーのイラストを描いていただいております! ねぇねぇ可愛いでしょう~!!! 軍服もばっちしかっこいい…! 互いに「手袋」「ベルト」の色が逆なんですよ! これは一代さんのアイデアです…! 最高すぎる~!

ちなみに表情と向かい合わせな形は私がお願いしました(*´ω`)
「ラワイト」「ルノワール」と1個ずつの販売なので、並べたときに可愛いかなと思って! 逆の位置にさせたら「背中合わせ」みたいなのにもできるのでさらに最高です!☆彡




BOOTHにて販売予定します。
価格は今の所1個500円の予定です…!

ラワイトとルノワール、計2個販売します。
1個ずつの販売ですが、もちろん両方買うこともできます。


ちなみに販売は今回限りです(どこかイベントに出す予定もないので…)。受注生産の形を取るので、もし欲しい方がいれば購入していただければと思います(´▽`*)


ちなみに現在自分用に注文している真っただ中でして、到着したらまた写真でお伝えします!☆彡 11月中旬には届く予定なので楽しみです~!


ちなみに11月中旬ごろから「受注生産」を開始したいと思っています。
3週間の間は注文できるような形になります!(詳しい日時はまた連絡します!)

到着はおそらく12月頃かなになるかと…!




②「染まるは黒か白」アフターストーリーの小説本


本を、出します…!

ツイートでたまに「本作りたいなー」みたいな呟きをしてはいたんですが、本当に作ります…! お話の内容はボイスドラマ「染まるは黒か白」のその後のお話です。あの後のみんながどうなったのか、分かっちゃいます…!

この作品、元は「小説」なので、こうして「ボイスドラマ」という形で完成できて嬉しく思います。そして「小説」という形でさらに形にできたら、と思いました(*´ω`)

キャストさんたち、作品を聴いて下さった方の中には「このキャラにはどんな過去が?」「この後どうなったの?」と言って下さる方が多くて、確かに小説ならもっと細かくキャラたちのことを掘り下げられるなと思っておりました。

(ボイスドラマではダイジェスト作品でもあるため割愛しているところも多いので)

なので、もっとキャラたちのことも知ってもらえるかなと思います…!
ちなみに過去に書いたこのお話も数話手元にあるので、それも掲載予定です…!



~小説本に入れるお話(現時点で考えているもの)~

【黒軍と白軍が一つになった後のお話】

隊長たちのお話(ロイとクリステル)
司令官たちのお話(クダンとジュード)
相棒たちのお話(オリバー、ミズノ、アリス、ノノハ、ラワイト、ルノワール)
ラワイトの詩
ルノワールの詩
総司令官たちのお話(ダグラス、リリ、レオ)
過去に書いたこの作品のお話


一つのお話に対してそんなに長くするつもりはないです。
短編集みたいにしたいと思っています。

頭にそれぞれイメージしているものはあるので、楽しく作りたいと思っています。

ちなみに「ラワイト」と「ルノワール」のお話は「詩」のように短く、けれど単体の視点で書きたいと思っています。まだ仮ではありますが…(笑)

BOOTHにて販売します。価格は今の所800円の予定です…!
こちらも受注生産の予定です☆彡

こちらに関しては、アクリルキーホルダーの販売してから取り掛かろうと思っています…! なかな執筆してどれくらい時間かかるのか分からないので…! 一つ一つこつこつできたらいいなって思っています…!

こちらも販売は今回限りです…!

ボイスドラマの後のみんなの事を知りたい方、そしておそらく小説でしか出てこない情報もありますので、気になる方はご購入いただけると嬉しいです…!☆彡

ちなみに小説にはBOOTH特典もあります

現時点で考えているのは「黒軍または白軍のキャラ化」カードをお渡ししたく思っています…! 私が考えてどちらかの軍のキャラを考えます。「名前・軍の所属・性格」などを書けたらいいなぁと、ぼんやり思ってます…!


元々どちらも自分用にほしいなって気持ちが大きいので(笑)、もし欲しい方がいれば一緒に愛でたり楽しでもらえたらって気持ちです(*´ω`)

こちらに関してもまた随時連絡していきますー!


個人サークル名、決定!

はい、実は個人サークル名を決めました!(笑)

企画をするようになって欲しいなと思いつつ、でも全くいい名前が思い浮かばず…。別になくてもいいかなーと思っていたんですが、今後BOOTHにグッズ販売をするし、もし機会があるのならボイスドラマ作品の販売もしたいので、それなら名前はいるか、となりまして…!

色々考えたのですが急にひらめきました(笑)
私の個人サークル名は、


です!


私は「言葉」を大切にしたい気持ちが強いのと(小説とかもよく書くので)、手紙のように誰かの心に私の表現が届けばいいなって気持ちを込めました。

個人的に気に入っております(*´ω`)

なので本日から、そして今後の企画では、

創作サークル「言の葉便り」の霜月彗です

と名乗ると思います!

11月1日から、ということで、なんだか覚えやすい日付ですね!(笑)
むしろ今日発表できてよかったです☆彡



最後に

一気にお知らせできました…! 今後とも色々と楽しいことをしたいなって気持ちが強いので、どうぞ引き続きよろしくお願いします!(/・ω・)/☆彡

次回も楽しいものでありますように!

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
霜月彗

霜月彗 2020年10月31日 17:36

【染まるは黒か白か】制作秘話! その③

霜月彗です(/・ω・)/!

さてさて長くなってきた「染まるは黒か白か」の裏話! ついに文章としては今回が最後になります!

丁度③で区切りがいいですね…!

とか言いながらもし何か書きたくなったらまた書きます~!(笑) ひとまず今回が最後です。あとはまだフリートークの方ができてないのでフリートークで話したいですね…!(笑) フリートークでは今のところ「編集」や「演出」について語りたいと思ってます…!

さて、今回は「その他のキャラクター」について語ります!
楽しんでいただけますように~!☆彡


裏話①②をまだ読んでない方はこちら!



裏話①

https://ci-en.net/creator/7769/article/383538


裏話②

https://ci-en.net/creator/7769/article/385497


「染まるは黒か白か」その他のキャラクターについて


さてさて! ラワイトとルノワール以外のキャラクターについて語りますね~!
「黒軍・白軍・総司令官」の順番で語っていきます(*´ω`)



●ロイ

32歳。男性。黒軍第8部隊、隊長。
適当な性格だがやる時はやる。


<名前の由来>

「鋼の錬金術師」ロイ・マスタングより。
「人の上に立つ人」という理由でこちらからお名前をいただきました…!


<キャラクター秘話>

ロイは本来「隊長」とか堅苦しくてやりたくないタイプで、本当はなりたくありませんでした。自由気ままで好きにやりたい、もっとみんな気楽にやろうぜ、って考えの持ち主です。が、彼はかなり要領よく仕事ができるタイプで愛嬌もあるため、自然と隊長になってしまいました。

ちなみに「隊長」呼びが嫌いです。

というのも、肩書で呼ばれるのって人との距離を感じるんですよね。だから名前で呼んでほしかったりします。ラワイトは一応上司だからって理由で「隊長」と呼んでいます(笑)  ちなみにオリバーとミズノはちゃんと名前で呼んでます(ボイドラでも序盤にオリバーが『ロイ殿』って呼んでたり)。



  • ラワイト&自分の隊について

ロイとラワイトはとてもいいコンビです。ラワイトが入団したときからロイはラワイトと一緒にいるので、付き合いも長く、互いのことを分かっているところもあります。ロイからするとラワイトは「優秀で所々からかいたくなる可愛いやつ」と思ってます。

オリバーについてはけっこう手に負えない奴だなと思いつつ、彼の気持ちも分かるので同意してあげてたりします。そして上手くラワイトとミズノに押し付けてます(笑) こうやって人に仕事押し付けるのも上手いのです。ミズノに対しては、彼自身が優しすぎるのでもっと肩の力を抜け、と思っていたりします。


  • クダンとの関係

クダンと親友です。性格が真逆なので周囲はなんで仲いいんだ? なんて思ってたりします。元々ロイとクダンは黒軍に入るための学校で同期でした。そこできっと色々あったんでしょうね。ここは想像にお任せします(笑)

クダンがけっこう真面目で硬いので、もっと楽にやろうぜ~ってきっといつも言っていたんだと思います。今回のボイドラで触れた件で相談がなかったのはロイとしてもきっと不服だったことでしょう。けど立場上は彼の方が上なので仕方ないとも思ったでしょう。きっと全て終わってから問い詰めると思います(笑)



●オリバー

18歳。少年。黒軍第8隊所属。
ラワイトと同期。喧嘩っ早い。


<名前の由来>

名前の響きがよかったから。


<キャラクター秘話>

オリバーの性格はもうボイドラで出したので特に書くことないかな…?(笑) 喧嘩っ早いキャラが好きなので出せて楽しかったです。言い合うキャラ同士の会話って聞いててめちゃめちゃ楽しいですよね…!(笑) オリバーが好き、って言ってくれる人が多くて嬉しかったです(笑)

あとラワイトと同期って書いてますが、裏話②で書いてるのとちょっと違いますよね。ラワイトの存在ってけっこう黒軍の中でも特殊枠に入るので、上官たちが「同期」ってことにしてます。だからオリバーとミズノは同期だと思ってます(ややこしい表記で申し訳ない…)。

ラワイトに対しては優秀だって分かってるので認めている部分もあります(負けず嫌いなのであんまり認めようとしませんが)。ミズノに対してはけっこう突っかかることが多いです。俺の方が正しいだろ! みたいな。ミズノ不憫だなー。

オリバーも黒軍の中では優秀な方です。学問の方はてんで駄目ですが、なにより実践が強い。拳銃も武術も扱いが上手いです。ちなみにオリバーは武術の方が好きです。理由は自分の身体で痛みや感覚を感じたいから。うむ、喧嘩っ早いね!←




●ミズノ

18歳。少年。黒軍第8隊所属。ラワイトと同期。
優しい。


<名前の由来>

大学の同級生に「水野さん」って子がいて、その子の苗字がすごい好きでした(ちなみにおしゃれな女の子でした)。で、カタカナの表記もいいな…! と思って「ミズノ」にしました(笑)


<キャラクター秘話>

ミズノは黒軍にしては珍しく優しすぎる子ですね。かなり穏やかだし。けっこうオリバーのフォロー役に回ることが多いです。無茶なこと言われて無理だよー! って言ったりもしてます。ラワイトに対しては尊敬しているところもありつつ、一応女の子だからあんまり無茶しないでほしいと思ってます。紳士だね…! 白軍の女子に対しても優しいので、白軍の女性陣からはちょっと噂になってたりするんですよ。黒軍は好かないけどミズノはいい人ね、みたいな感じで。

ミズノも優秀なのですが拳銃の方が得意です。一ミリのズレもミスもない。繊細な性格も関係してます。あと武術だと単純に痛いので「武器」に頼りたくなるんだと思います。




●クダン

32歳。男性。黒総司令官。ロイと同期。
若くして司令官に抜擢された。東洋出身で真面目。


<名前の由来>

CLAMP先生の「ツバサ クロニクル」の作品に出てくる異世界「阪神共和国」という国に出てくる「巧断(くだん)」という守り神? より。

クダンは東洋出身なので漢字がかっこい名前にしたいと思ってました…!
名前の響きも気に入ってます(*´ω`)


<キャラクター秘話>

彼の出身は私たちの世界で言えば「日本」ですね。元々賢いです。黒軍に入るために学校に通い、司令官に上り詰めました。この国の「格差」に関して疑問を持っていたところもあり、自身が上に上がることで変えたい、という信念がありました。かっこいい…!

実際司令官になり、より黒軍と白軍の状況に悩み、疑問に感じます。ジュードとの言い合いでその思いが溢れていましたね。性格は真面目でいいやつです。頭硬いけど。いいやつなんです。だからロイはちょっかいかけたいんだと思います。ちなみにジュードと少し敵対してましたが、あの後は関係良くなると思います。ジュードもロイと性格似てるしね(笑)

どのキャラも大切で大好きなんですが、真面目なキャラも大好きなのでクダン推しですね…! クダンが好きって言って下さる方もいて下さって嬉しいです(笑)



〇クリステル

26歳。女性。白軍第6部隊。隊長。
長身で美しい容姿を持つ。白軍の中では憧れの対象。いつも笑顔で優しいが意志が強い。


<名前の由来>

クリスタル(水晶)より。
美しい宝石から取りました☆彡


<キャラクター秘話>

クリスタルは白軍の中では「高嶺の花」です。優しくて美人ですが意志が強く、ジュードにも思ったことをずばっと言えます。ちなみにロイに対しては笑顔で接しつつも、あまり隊長っぽくないところが少し気に入りませんでした。いい意味で気さく、悪い意味では軽いところが好ましくなかったんだと思います。ちなみにジュードも軽い方なのでそういうところあんまり好きじゃありません(笑) けど、ロイが主に指揮を取ってくれていたので、頼りになる人だ、ってちょっと見直したと思います。

ちなみに本編では触れてないですがロイとクリステルも「相棒(バディ)関係」だったりします。隊長同士なので相棒っていうのもなんだか変な感じですが…(笑)



〇アリス

18歳。少女。白軍第6部隊所属。ルノワールと同期。
お嬢様気質で偉そうな態度を持つ。


<名前の由来>

名前の響きが可愛いから。「不思議な国のアリス」からでもありますが、性格はどちらかといえばハートの女王かもしれない…?(笑)


<キャラクター秘話>

アリスは「お嬢様気質」って書いてますけど、お嬢様なんです。白軍にもシステムを提供している大型企業の娘だったりします。だからまぁ態度が大きいんですよね…(笑)

とはいえもちろんしっかり試験を受けて白軍に入団したんですよ。影で努力するタイプで人前で努力する姿は見せません。負けず嫌いって点はオリバーと一緒かな。

白軍に入団した女子は大体内勤なので、今回白軍と黒軍が争った姿を見て気が動転したところはあります。が、屋上にみんなで行ったときはちゃんとアリスも機械を動かすのにシステムを動かしたり尽力してます。泣きながらね(笑) その後はオリバーの胸で泣いてましたが。白軍の女子も強いのです。だって軍人だもの。

ちなみにオリバーと同率で人気のあるキャラクターでした…! あと「オリバー&アリス」コンビが好きって言って下さる方も多くて嬉しかったです(笑) 私も好きですよこの二人(*´ω`)



〇ノノハ

18歳。少女。白軍第6部隊所属。ルノワールと同期。
大人しくておどおどしている。


<名前の由来>

名前の響きが可愛いから。


<キャラクター秘話>

ノノハは白軍の中でもかなり大人しいです。周りが黒軍の悪口言ってたら少し困った顔をしながら聞くタイプかな。けどミズノに出会い、黒軍に出会い、考えが変わったり、成長したところもあります。仲間である白軍から脅しの言葉を言われたときも自らアリスと一緒に逃げたり、クリステルの言葉に応答したり、あの場面は彼女なりの成長の表れでもあるのです。



〇ジュード


32歳。青年。白軍総司令官。
若くして司令官に抜擢された。社交的でよく笑う。


<名前の由来>

国語の教科書に出て名前で、名前の響きがよかったから。
(何の作品だったかは忘れました…)


<キャラクター秘話>

ジュードは能力が高いのもありますが、カリスマ性があります。人を惹きつけるんです。相手の良さを見つけられる。相手が欲しい言葉を言える。相手の求めることを自身の言葉で広く伝えられる。有無を言わせないものを持っている。それでいて社交性やコミュニケーション能力が高い。簡単に言えば、万人受けする性格をしてる、みたいな感じでしょうか。

黒軍に対しては内心快く思ってませんでした。一応表側こっちの方が良い風に見られがちですが、影では苦労してます。それは思いを語ってましたね。良い風に見られるからこそ君ならできるだろう? どうしてこんなこともできないんだ? とかって文句を言われたりもするんです。だったらお前らでやってみろ! みたいに内心思ってるところもあります。笑顔で黙ってるけどね。

クダンに対してはお堅い性格を鼻にかけてました。けど、あの後で多分もっと深い話をすると思います。で、仲良くなるんじゃないかな、多分。



▲ダグラス

年齢は60歳くらい。男性。総司令官。
ゆっくりした話し方をする。とても冷静


<名前の由来>

何かのゲームで出てきた名前で名前の響きがよかったから。


<キャラクター秘話>

ダグラスは一番の頂点にいる人ですが「孤独」な人だとは思います。上にいるからこその苦悩がすごい。それはまた「お知らせ」で語りたいですね。

ただ言えるのは、彼は年上の立場だからこそ「未来」が良いものであることを願ってます。そのためならきっとなんでもする。そんな人です

「厳しい人」ってイメージが強いですが、でも最後の言葉は本心で、あったかいんですよね。だから多分すごく優しい人なんだと思います。

そして寂しくはないんですよ。リリとレオがいるからね。立場上は「秘書」ですが、ダグラスにとってリリとレオの存在はとても大きくて大切な存在だったりします。



▲リリ

年齢不詳。見た目は少女。レオとは双子。
総司令官の従者であり秘書的な立場。
主に「黒軍」との連絡担当。ダグラスに従順。
落ち着きはあるが人をからかったりもする。


<名前の由来>

名前の響きが可愛いから。


<キャラクター秘話>

双子キャラが作りたくて作りました。個人的にこの双子のことも気に入ってます。双子だけどリリの方がお姉さんのような感じですかね。リリちゃんはちょっとミステリアスな雰囲気も持っています。容姿がとても可愛らしいんですよ。少女だからね。だから声をかけられたりもするんですけど鼻で笑って冷たくあしらう面もあります。あと「総司令官が黙ってないですよ」ってセリフ吐いたら強い。

ダグラスのことは大好きです。崇拝とは違います。ダグラスの厳しさも優しさも分かっているからこそですね。ダグラスは基本リリとレオと一緒なので、三人で三人だけしか話さないことも話していると思います。




▲レオ

年齢不詳。見た目は少年。リリとは双子。
総司令官の従者であり秘書的な立場。
主に「白軍」との連絡担当。ダグラスに従順。
落ち着きはあるが人をからかったりもする。


<名前の由来>

「獅子」という意味のレオより。


<キャラクター秘話>

レオは人懐こいタイプだと思います。基本にこにこしてますね。リリは無表情が多めなので双子と言っても性格がだいぶ違います。にこにこしてるからなめられることもあるけど「総司令官に全部報告しますね」ってセリフ吐いたら強い。この双子、見た目より強かです。

リリと同じくダグラスが大好きです。
この三人という空間自体もすごく好きなんだと思います。


終わりに

ひえー! 長くなりましたね…! 文章では「染まるは黒か白か」の裏話はこれにて終了となります(*´ω`) 少しは楽しんでいただけましたでしょうか?

フリートークはもう少し話す予定ですので、少しでも楽しんでもらえると嬉しいです☆彡 そして散々「お知らせ」って言ってましたが、近々お伝えできると思うので(笑)、もう少しお待ちください―!

少しでもボイスドラマ「染まるは黒か白か」の世界を楽しんでもらえると嬉しいです☆彡今後ともボイスドラマはのんびり作る予定ですし、すでに作っている作品の裏話もできたらいいなぁとは思っているので(笑)、お付き合いくださると嬉しいです(/・ω・)/

それでは次回も楽しいものでありますように~!☆彡

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
霜月彗

霜月彗 2020年10月24日 21:48

【染まるは黒か白か】制作秘話! その②

霜月彗です(/・ω・)/!

前回はボイスドラマ『染まるは黒か白か』の「制作秘話その①」を見て下さりありがとうございます…! 今回は「その②!」です!

今回は「総司令官」と「キャラクター」についてじっくり書いていきたいと思います…!

特にキャラクターについては皆さん気になるんじゃないかなと思うので(笑)、楽しんでもらえると嬉しいです~!(*´ω`)☆彡


裏話①をまだ見てない方はこちら!


https://ci-en.net/creator/7769/article/383538

こちらに載っております!
まだ読んでない方はぜひこちらからご覧ください~!☆彡


さてさて、今回の詳しい内容は


・総司令官について
・キャラクターについて(ラワイト&ルノワール)
・ラワイトとルノワールの「モデル」
・ラワイトとルノワールの「名前について」
・作品で伝えたかったこと


になります!


裏話②「総司令官」について

▲総司令官

黒軍と白軍、両方を最終的に取りまとめている。
「中立」。黒軍と白軍、両方の司令官の上にいる。



「総司令官」はほぼ謎に包まれております。
白軍も黒軍もその存在をよく分かっていません。

ちなみにクダンとジュードも司令官ではありますが、ダグラスのことをよく分かってないです。分かってはいないけど、司令官たちをまとめるその上の人、という意識で接しています。

ちなみに「総司令官」じゃなくて「総司令部」じゃないの? って思われた方もいるかもしれないですね。けども、「総司令官」なんです。




なぜなら、ここは「ダグラス」のみが管理しているからです。

秘書としてリリとレオはいますが、「総司令官」はダグラスです。その他にはいません。厳密に言えばダグラスの指示で動く者は他にもいるといえばいるのですが、その人達もここの所属ではありません。

ダグラスはあえて所属先自体を作っていません。

あくまで中立。絶対中立のため「一人」なのです。人数を増やすとそれだけ意見が生まれます。考え方がみんな違います。つまりぶつかる可能性があり「中立」の立場になりにくいのです。だから作らなかったのです。だから「総司令官」なのです。

ちなみに他にも色々書きたいのですが、実は今後「染まるは黒か白か」のことで「お知らせ」したいことがあります…! なのであえてこれ以上は書かないようにします、むしろその「お知らせ」を楽しみにして下さい…!


キャラクターについて(ラワイトとルノワール)

さてお待ちかねのキャラクターについて~!
名前の由来やキャラクターの性格など、お楽しみください!(*´ω`)

一人一人のキャラが長くなりそうなので、今回は「ラワイト」と「ルノワール」の情報を載せます…!

ちなみに、あえてここで「情報を載せない」ようにする情報もあります。なぜか? それは「お知らせ」に関係があります…! まだ言えないのが歯がゆいのですが「お知らせ」のときに明らかになるのでどうかゆっくりお待ちください…!


〇ラワイト


キャラクターデザイン:一代螢

ちなみにキャラクターデザインは、担当の一代螢さんにほぼお任せで描いていただきました…! 私がお願いしたのは「つり目」「無表情」「髪は短め、横髪長め」です…! めちゃめちゃ素敵ですよね…!☆彡 軍服も考えていただきました…!



<名前の由来>

「ライト(光)+ホワイト(白)」=「ラワイト」

名前はこれで決めました。個人的にすごく気に入ってます…! ちなみにイントネーションは「ホワイト」と一緒です。



<キャラクター秘話>

彼女は孤児です。孤児であるため年齢は分かりません。黒軍に拾われて軍に入りました。ちなみに黒軍歴は5年で、オリバーとミズノより先輩です。元々要領がよく、体術・銃の使い方も上手いです。ラワイト自身は体術の方が好きだったりします。


冷静沈着でゆっくり標的を捉えるタイプで、全く焦りません。だからかなり大人びて見られます。ここぞという時にミスをしないため、全員で標的を捕まえる時は必ず捕まえる役を任されることが多いです(それはロイに腕前を信頼されているからなのもあります)。


彼女自身は色んなことに興味がないです。オリバーとミズノのことは仲間だとは思っていますが、それ以上に何か思うことはないです。ロイに対しても率直な意見が言えます。ルノワールに対しても最初はちょっと胡散臭い、みたいに思ってました。だから彼にも興味はなかったです。


が、オリバーやミズノが相棒となったアリス、ノノハとのやり取りを見て、少し羨ましい、と思っていた節もありました。最初は互いにちょっと距離があったのに、徐々に仲良くなる様子が新鮮だったのだと思います。


そして、ルノワールは最初から優しかったけど、仕事以上に接してくる事、話してくる事はありませんでした。まさに「表面だけの関係」。他のみんなと違うことに最初は特に何も思わなかったけど、それがなんだか寂しく思ったのだと思います。


だから最後ルノワールにぶつけたのです。


ラワイト自身、感情が全くないわけじゃないです。それなりの感情はあります。ただその感情が出にくいだけです。だから最後、ルノワールに伝えたところは彼女なりの勇気もありました。

映画誘ったり怪我や仕事の心配もしてくれてたんですけどね、ルノワールがね、それを素直に受け取ってくれなかったからね…!←怒られても仕方ないですね!(笑)




彼女は「クールで淡々」としてます。

私がクールキャラ大好きなので、ここで出せて嬉しいです…! クールな子が見せるちょっとした感情、微笑むシーンとか最高ですよね…!




〇ルノワール


キャラクターデザイン:一代螢

こちらも一代螢さんにほぼお任せで描いていただきました…! 私がお願いしたのは「微笑み」くらいだったような…? あんまり覚えてませんすみません…(笑) けども! めちゃめちゃ素敵に描いて下さって気に入っております…!




<名前の由来>

ルノワール =「ノワール(黒)」より

本当は「ダーク(闇)」も入れたかったんです。が、組み合わせてできる名前でいいのが思い浮かばず、「ルノワール」にしました(笑) 作品を聴いて下さった方の中で「ノワールが入ってる!」って気付いて下さった方がいてくださって嬉しいです☆彡

個人的に気に入っています…!




<キャラクター秘話>

ルノワールは「謎が多い」です。聴いて下さった方は分かると思いますが、彼が本心を話すシーンは最後のみ。その他はあまり自分の事を話したり、性格が分かる場面がなかったと思います。


「もしかしてルノワールが黒幕?」って思った方もいるかもしれないですね(笑) 実は台本を書いた当初はそうしようかなって思ってました(笑)




ちなみに、ミステリアスな様子なのはラワイトの前だからではありません。白軍に対しもそうです。同じ仲間であるアリスやノノハの前でも本心は見せません。


当たり障りのない会話、接し方などはむしろスマートな方です。愛嬌もある方なので、むしろ彼を好きと思う人も多いでしょう。普段から笑みを絶やさず、相手にとって不快な態度は見せない。それが彼です。


なぜそんな性格なのか? それは……「お知らせ」のときにまた言います!(そればかりで申し訳ないです…!(笑))




ちなみに彼は本心を全て隠してるわけでもないです。ラワイトと最初に出会ったときにオリバーとアリスのことを話した時の態度とか、ロイから「可愛い顔してるな」って言われた時は普通に引いてます(笑)


簡単に言えば、心の深い奥の部分は見せない、みたいな感じですね。



ちなみにルノワールは白軍の中でも優秀です。頭もいいしそこそこ拳銃も使えます。白軍で拳銃を使える人はあんまりいません(白軍はシステムを使って移動したり機械を使って攻撃させることができます)。


最初ラワイトの代わりに拳銃を使って標的を倒してますが、あれ実は「麻酔銃」なんです。ちなみに標的が色々言い訳してましたが、あれは嘘。


その情報を知っていたルノワールは「黒ですよ(その人は犯罪者ですよ)」と言ったんです。そして実はラワイトの動向をずっと見ていたんですが、すぐに相手を倒さないのでさっさと捕まえた方がいいだろうな、と思って撃ったんです。


(※この場面、小説では詳しく書いていたんですが、ボイドラでは省きました…!)


なんとなく作品聴いて分かるかなと思うんですが、
ルノワールはけっこう「自分が強い」です。


  • ラワイトより先に標的を倒してる

白軍はサポート役のはずなのに自分で手を下してる


* ロイとラワイトと別れるとき
(「ロイ隊長、ラワイトさん、また」というセリフ)

ロイがわざわざ「お疲れさん」と言ってるのに「お疲れ様です」と言わずに「また」とだけ返しているところ。


  • リリとレオから協力者の紹介の場面
    (ルノワールがクダンとジュードの前に出る場面)

「皆さんお揃いのようですね」と少し上から目線なセリフ


* ロイとクリステルに協力を頼むとき

けっこう自分の意見だけを突き通そうとしてる




ね! けっこう自分強いでしょ…!←


細かいところだとは思うのですが、こういう場面やセリフにもちゃんと意味はありまして、ルノワールのちょっと自分強いところが出ておりました。


これだけ見ると「なんだこいつ」って感じなんですけど、ルノワールは実力があるので文句も言えないんですよね…。やることちゃんとやった上で言っているので、周りも文句なかったりします(ロイに関しては堅苦しいの嫌いなので別に気にしてない)。


そして物作りが趣味です。


勝手に(これまた誰にも言わずに勝手に)総司令官の建物の上で作ってました。色々と仕事で使えそうな機械を自分で作っていたんです(で、自分だけで使うつもりだった)。


それを知ったダグラスは、じゃあ大規模な「人を眠らせる機械」を作れって頼んだんです。大勢の人が争う(戦争状態)になった時に使えるからと(この時点でダグラスはあの作戦を考えていたのでした)。


ルノワールは誰かと一緒に仕事をするより一人で色々する方が向いてる&好きなので、物作りも得意です。ここも性格出ますね。


ラワイトに対しては最初そんなに興味なかったです。表面上は「白軍と黒軍が一つになったらいいな」とは思ってました。互いに争っていたのは知っていたし、平和は望んでいたので。


それにラワイトもあんまり感情を出す方じゃないので、接しやすいと思ってました。無理に合わせる必要もないし、楽な相手だと思ってました。が、色々誘ってくれたのはちょっと意外に思っていたんです。それに、結局そういう時くらいしか声をかけないので、深い理由はないんだろうなと思っていました。だから最後まで心は開かなかった。


けど、他のみんなや他の白軍と黒軍の様子を見て、よく分からなくなったんですよね。結局何を信じていいのか分からなかった。


そして「自分が信じたいと思ったものを信じよう」という結論に至りました。


(詳しいことはまた「お知らせ」に…!(笑))



私はミステリアスなキャラも大好きです…!

だから今回演じられてすごく嬉しかった&演じるのが難しかったです。どこまで出せばいいのか、本当に難しくて。リテイクも多くて。ていうか「ルノワールって何考えてるのか分からない」って私が考えたキャラなのに思いました(笑)

だけどちゃんと演じきることが出来て楽しかったです…! 好きって言って下さる方もいて下さって嬉しかったです(*´ω`)


ラワイトとルノワールの「モデル」

実は二人にはモデルがいます。
それは「NieR:Automata」の「2B」と「9S」です(ゲーム)。

私このゲームとこの二人のキャラが大好きで…! ぜひ調べて下さい、ていうかぜひプレイしてほしい…! どこがモデルなのか等はここでは省きますが(フリートークでまたまとめたいと思います(笑))、けっこう似てるところはあるかなと(笑)


ラワイトとルノワールの「名前について」

名前の由来を見て「あれ?」って思った方もいると思います。

ラワイトは黒軍なのに「白」の名前
ルノワールは白軍なのに「黒」の名前

これは「黒と白は一つになる」というテーマ故にこうしました。二人は軍が違う。けど名前は逆の色。

つまり「一つになる」「交わる」という意味です。
これ気付いた方いるかな…?

だから、二人の名前で一応作品の結末も出てはいたんですよ(*´ω`)


作品で伝えたかったこと

この作品は黒と白が「一つ」になります。

だからって色が合わさるわけではないです(つまり灰色ではないです)。それに個々には「個性」という名の「色」があります。

だからラワイトの最後のセリフはそういうことを言いたかったんですよね。一つにはなるけど染まらない。時に交じり合いながら。

人って結局一人では生きていけません
誰かの助けがないと生きていけない

どちらか片方が正しいわけでもない。
だから一つなろう自分の色も持っていよう

そういうことが言いたかったのでした…!


終わりに

今回また長くなりましたー!!!
けども、言いたいことが伝えられて嬉しいです☆彡

次回こそは他のキャラのことを書きたいですね(*´ω`) ではでは次回も楽しんでもらえますように☆彡

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
霜月彗

霜月彗 2020年10月20日 19:40

【染まるは黒か白か】制作秘話!①

霜月彗です(*´ω`)!

ボイスドラマ作品「染まるは黒か白か」を公開して2週間が過ぎましたので、そろそろ制作の裏話をしたいと思います!(笑) すでに聴いて下さった方に楽しんでいただけたら! そして改めて再度聴いて楽しんでもらえると嬉しいです☆彡

まだ聴いてない方はぜひ聴いて下さいな(/・ω・)/!
YouTubeから聴くことができます☆彡


ボイスドラマ「染まるは黒か白か」

https://www.youtube.com/watch?v=7zNwshpeT0A

「公式サイト」もありますのでぜひご覧ください!

→ https://shimotsukisui.wixsite.com/somaruwakurokasiroka


裏話①



さて! 皆さん聴いてくれましたか?
それでは書いていきます(*´ω`)

ちなみに私は語ると長くなるので少しずつ書くようにしていきます(笑)


作品の裏話に関しては今後ともCi-enにて書いていきますが(裏話に関しては全体公開しておりますので誰でも見れます!)、「文章」のみならず「フリートーク(つまり声)」でも語ります!

「文章」と「フリートーク」、両方ちがう内容の裏話を語りますので(笑)、ぜひ全部知りたい方は両方楽しんでほしいです(*'▽')(どんなことを話すのか、というのは箇条書きで書いていくようにします…!)


今回書く内容は、


・作品を作ろうと思ったきっかけ
・公式サイトの情報が少ない理由
・世界観や舞台、タイトルの意味
・黒軍&白軍ついて


主に「全体」のことですね!

キャラ達についてはおそらく次回以降になるかなと(笑) ゆっくりお待ちください~(*´ω`)


作品を作ろうと思ったきっかけ

「軍人」のお話を作りたかったからです…!


私は「軍人」やら「騎士団」やら組織に属しているものが好きだったりします(自身が組織に属するのはあんまり好きじゃないんですけどね…(笑))。

だって「かっこいい」から…!
かっこいいものが大好きなので、そういうお話も大好きなんです。

騎士のお話は掛け合いとか、ミニ企画「ホワイトハウスの騎士たち」という作品で作ってしまったのでもう満足していて(この作品についてもいつか語りたいです!)、でも一度も「軍人」のお話は作ったことなかったので、作りたいと思っていました。




②この作品、元は「小説」

実はこの作品、元は小説なんです。

自身で小説として書いていたのですが、結局完結できないまま放置されておりました…。なんとか形にしたいと思い、ならばボイスドラマにしよう! と決めたのです。こうして形になって本当によかったと思っています(*´ω`)




SFものを作りたかった 

「SF」というジャンルはまだボイスドラマで作ったことがなかったので、作りたいと思いました…!

あと、SE(効果音)が載っているサイトさんを見ていると、まだ使ったことがないSEがたくさんあって、ぜひとも使ってみたい…! という欲がありました(笑) けっこうドンパチしているものが好きなので、たくさんのSEを使いたかったんです…!

……今回めっちゃ使いました(笑)

何個使ったまでは覚えてないですが、本当にめっちゃ使って楽しかったです(笑) 今まで使用していないサイトさんにもお世話になりました…!


公式サイトの情報が少ない理由

前作に比べて今作は、キャラたちの紹介なども全て「情報が少ない」です。
これは意図的にそうしました…!

今回の作品は「あらすじ」「キャラたち」の断片的なところだけを伝えて、まっさらな状態で聴いた皆さんがどう感じるのか? というところに着目していたんです。

これは私個人の考えなんですが、「ボイスドラマ」は情報がなくても楽しめるものだと思います。そこにサイトやイラストやロゴや動画や色んなものが組み合わさるから華やかになり、より素敵になると思います。

だからこそ「音だけでどこまで情報が伝わるのか」っていうのも挑戦したかったんですよね(笑) あとは「予想をしながら聴いてほしかった」これも大きいです。推理をしてほしかったんです(笑) 皆さんの想像通りになったのか、そうじゃなかったのか、それは皆さん次第です(*´ω`)


世界観や舞台、タイトルの意味

  • 世界観や舞台

今回の作品は「アルノベルト帝国」という国が舞台です。科学が発達した世界で、なんでもデジタル化しております。

日本も先進国で色々発達していますが、それよりも発達している国ですね…! 日本の何十年後みたいな感じでしょうか。だから「武器」のみならず、「電子音やシステム音」も聞こえるように編集しました…!


  • タイトルの意味

小説版ではタイトルは元々違うものでした。
そのときは「黒と白が交わる時」というタイトルにしていたんです(笑)

ですが、これだとタイトルで全て出オチしてる…! と思ったので変えました(笑) 前作の「桜花に捧ぐ祈音」に比べると、今回のタイトルはストレートな意味合いだったと思います。でもシンプルで分かりやすくていいかなと思っております(*'▽')

ちなみに「白黒」という単語がありますよね。

一応この作品は「黒軍」たちを中心としています。もちろん「白軍」も出てきますが、メインは「黒軍」です。

だからタイトルも先に「黒」を持ってきました。

黒軍と白軍、圧倒的な武力等を考えると「黒軍」の方が強いのですが、立場上は「白軍」が強いです。だからこそ白軍より黒軍の方が、今の軍の組織に対して色々と思うことがあって。

ただ、黒軍第8部隊(つまりロイの部隊)のメンバーはみんな思いはバラバラですね(笑)




●ラワイト&ロイ → 白軍に対してそもそも興味ない

この二人は「今自分に与えられたことをする」という考え方の持ち主です。なので白軍が、とか、黒軍が、とかそもそも考えません。上がそう決めたなら従えばいいのでは、って感じですね。裏を返せば「考えたって何も変わらないでしょ」って少し冷めているところもあります。

「軍は基本的に上が決めたことのみで動くようになっているから、与えられたことさえしておけばいい」って思っています。だからこの二人の考えは、もちろん性格等違うし考え全てが同じではないですが、根本的なところは同じです。

だから今回のボイドラでも、二人の場面が多いのです。ラワイトの感じる「違和感」についても、ロイは理解できたのです。

なんだかんだ同じ考えもあるから、二人で相談したり、話したりすることもあります。上司と部下として、信頼しているところもありますね。


●オリバー → 白軍に対して敵対心が強い

オリバーに関してはすごくはっきり出ていたと思います(笑)
彼はけっこう黒軍の中でも強いので、それなりに自身の強さに自信と誇りがあります。だからこそ、白軍ばっかりいい思いをしているのが気に入りません。彼は他の黒軍の気持ちも代弁していました。


●ミズノ → 敵対心はないけど不満はある

ミズノは穏やかで優しいです。仕事はきちんとしつつ、でも自分の状況に少し悲しく思うこともあって。不満はあります。あるけど、なかなか口に出したりまではできない、してもそんなに大っぴらにはしない。

ロイ&ラワイトとオリバーの中間みたいな感じですね…!




それぞれ、こんな思いがあったのでした…!
(各キャラについてはまた次回くらいに書く予定です…!)


黒軍&白軍&総司令官について

アルノベルト帝国において、「黒軍」「白軍」「総司令官」の存在は大きいです。

実は「警備隊」みたいに犯罪を取り締まる組織は他にもあるんですが、それでも大きく国に貢献しているのが「黒軍」「白軍」「総司令官」になります。



●黒軍

裏の犯罪全てを一掃している。
主な仕事は「犯罪排除」。



黒軍はいわば「裏の仕事」「汚れ仕事」です。
そのため、腕っぷしが強い者様々な事情により黒軍に入らざるを得なかった者その他の理由で入った者が存在しています。人種も様々です。




黒軍は「力」こそ全てなので、実力さえあれば人柄がどうであろうと「出世」できます

東洋出身のクダンが司令官になっているのも実はそういう理由です。彼はこの国の出身ではないですが、実力があるので司令官になれました。

彼の場合は真面目で仕事も指揮もできるので、黒軍にとってはいい司令官だと思います。チンピラが司令官になっちゃったら黒軍終わりですからね…(笑)



〇白軍

正しいこととは何かを問いかける。
主な仕事は「広報」「情報収集」「武器開発」。


白軍は「表の仕事」。「華やか」です。
黒軍が世の中で何の仕事をされているのか明かされていないため、白軍ばかりが注目されます。

「広報」を担当してる時点で目立ってますよね…!(笑) そして「情報収集」もあります。

「情報」というのは様々なものです。「国民」の情報も、「黒軍」が始末する犯罪者に関する情報も常に手の中にあります(これは国民には知られてないですが)。




ちなみにアルノベルト帝国は暗い情報や事件性のある情報は世間で発表されないことになっています。

ボイスドラマの最初でも白軍の女性が「ようこそ! アルノベルト帝国へ!」と明るくアナウンスしていたと思うのですが、あれもそういう理由です。だからとても明るいのです。

暗い話題、事件があった、等の内容は国民に伝えられません。

全ては黒軍が「裏」で動き、白軍が情報を操作し「表」では平和な国のように見せているのです。




わぁなんかこう書くと色々ありますね…(笑)
ここまでなかなかボイスドラマでは表現できませんからね(笑)、驚いた方もいるんじゃないでしょうか…!←

けどもそういう少し「異質」的な部分は、ボイスドラマを聴いてくださった方からしても感じてくださった方がいるんじゃないかな、なんて思います…!




そして「武器開発」。

武器を使うのは黒軍ですが、武器を作るのは白軍の仕事です。作るのにも技術がいります。

白軍になる人は、この国の者優秀な者比較的裕福な者がなります。この時点で黒軍と格差がありますね…!←

簡単に言えば「白軍は頭がいい人」が多いのです。だから武器も作れますし、情報を管理する側にいます。

司令官であるジュードは頭が良いのもありますが、彼の場合は「カリスマ性」があります。人を惹きつけるのに才があるのです。だから司令官になれました。

黒軍と白軍では、必要な人材や求められてるものが違うんでしょうね…。


終わりに

長くなりましたので今回はここまでとします…!(笑) けっこうボイスドラマだけでは分からないことも書けたんじゃないでしょうか(。>∀<。)

次回は「総司令官」「キャラクター」について書けたらと思っています…! キャラによっては名前の由来とかありますのでそちらも楽しんでもらえたら嬉しいです…!(*´ω`)

次回も楽しいものでありますように!

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
« 1 2

月別アーカイブ

記事を検索