Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

無料プランの記事(17)

OPUWA 2021年07月17日 11:19

冒険者の宿 竜の翼亭 ネタばらし8

いつも支援・チップを送ってくださり、ありがとうございます。
ニコニコの広告もかなりえらい数値となりました。お礼申し上げます。
今回も引き続きネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。

■茎が島宇宙センターについて

今回のシナリオのパロディ元は、最初にジャンヌが言っていた
「11人いる!」です。
読んだことないのであれば、もう読んで。って感じの作です。
私の中ではドラえもんやブラックジャックに匹敵する作です。
↓原作
https://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784091910110

コメントでは、
「宇宙人狼? 」「amongus?」と言われていましたが、
一発ギャグとしてパロディさせていただいただけで、
シナリオとは無関係です。

さて、原作の「11人いる!」は、
宇宙学校の入試で、
「10人で廃宇宙船の中で一定期間生活せよ」
と指示を受け、受験生たちは宇宙船へ向かいますが、
到着してみると、受験生が11人いたという話です。
試験の運営から、緊急事態が起きたらこのボタンを押せと
ボタンを受け取っていますが、押したら全員失格とも言われています。
そんな中で、11人目は誰だ?目的は何だ?
と、疑心暗鬼になりつつ、受験生たちは閉鎖空間での共同生活を始めます。
その間、様々なトラブルが受験生たちを襲いますが、
彼らは諦めずに試験を続行します。

本作のパロディでは、
原作のキャラを一部竜翼亭のメンバーに入れ替え、
さらにイェローナイフ地方で登場した
ボンボン登山家、モンベルを再登場させました。
モンベルの原作にあたる狂気山脈では、
持ち味である低いナビゲート技能でPCたちにホワイトアウトや高山病をお見舞いする彼ですが、
本作では中途半端な天文学技能でスイングバイを思い付いたり、
中途半端なライフル技能で銃撃戦を戦います。
彼のスキル「未登峰ナビゲートロール」も何気に原作を意識して考案したものです。
何気に原作を意識した作りのキャラなのです。

一方、11人いる!のパロディキャラである
ムリョウ、バセスケ、ラクテン、ガンガス、クロル。
彼らもそれぞれの事情を抱えて試験に参加しています。
ムリョウはテレパスのサイキック能力を持っており、
触れた相手の精神の揺らぎを感知できます。
彼と握手しながらの会話であれば、
彼に対して嘘はつけません。
これは原作の主人公「タダ」の能力でもあります。
(タダ→無料→ムリョウ!というネーミング)

で、原作ではタダと、性別未分化の人物「フロル」(クロルの元ネタのキャラ)の関係が
作中で深くなっていくわけですが、竜翼亭においては
トラブル対処が忙しすぎて、モンベルとリリアの関係を描く余裕しかありませんでした…
あとはプレイヤーの方でキャラ同士の相関図とかを妄想して
お楽しみください…

宇宙船内で起きるトラブルも、できれば原作モチーフにしたかったのですが、
そうすると他の大陸のシナリオ、特に南カメリアの伏線と合流させることが困難でした。
「恒星に近づいている」というネタは原作から真似させていただきましたが、
多くは自前で用意しました。
なんちゃって宇宙知識で考えたので、詳しい人からするとチープだったかもしれません…。

尚、急接近しているように見えるリリアとモンベルですが、
彼女たちにとっては、エムブイテイカ山脈での超体験を
覚えている人物とようやく出会えたわけです。
その場にいた人たちはことごとく記憶を失っており、
自分だけがおかしいのか…!?
となってきているタイミングでの再開なので、
話さずにはいられない感じです。

あと、何気にバセスケの台詞から「東半球」という言葉が出てきます。
後付け設定ではありますが、現在のワールドマップは西半球で、
東半球にも大陸はある ということにしています。
ただまぁ、これは続編や続きを作るとしたら、作れるようにしておこうという
作者の自分用の配慮であり、
プレイヤーにはほぼ無関係かなと考えています。

【 支援プラン 】プラン以上限定 月額:500円

無料の記事よりも多めにスクリーンショットを掲載、身内向けに公開している進捗動画の公開

月額:500円

  • アイコン
    アイシャ ID00696600
    竜の翼亭、クリアしました!とても、とても素敵な冒険でした。

1件のチップが贈られています

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

OPUWA 2021年06月17日 22:19

冒険者の宿 竜の翼亭 ネタばらし7

今回も引き続きネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。

■マグメル島について

マグメル島のシナリオはもう見てわかる感じです。
ダンジョン飯と、メイドインアビスのパロディです。
これらの作への思い入れが強すぎて、
かなり長丁場のシナリオとなりました。

シナリオを考えるにあたって悩んだのが、
2作とも(現時点で)未完の作品であるということです。
なので、原作のネタを拝借しつつも、
着地点は私が考える必要がありました。

それと、原作と似てるけどなんか違うという
OPUWAパロディゲー特有の空気を出そうとして、
導入でルイオス、原作における「ライオス」ポジションのキャラを殺したのですが、
これによって、登場人物の中に「ボケ」がいなくなってしまいました。
残ったキャラは全員リスク回避思考の人たちだったので、
へなちょこなトラブルを起こせなくなってしまいました。
やらかしました…。

また、私がハッピーエンドが嫌いって訳ではありませんが、
覆水盆に返らず、取り返しがつかないことが起こったら、
それを元には戻せないという考え方の人なので、
登場人物たちは、その時点で手に入れている情報から
ベターな道を模索し続けるものの、
結果としてあの終わり方になりました。

だって、「まほうの ちからで なんでも きれいさっぱり もとどおり♥」なんて、
それまで起きてきたことや、それに至るまでの人々の決断を全部ぶち破る、
一番気が抜ける終わり方じゃないかと私は思うんですよ…。
北カメリア編も、その考えが
私のシナリオを考える上での基盤にあるので、
あんな終わり方になっているのです。
(なのでGODEATER2で最終的にロミオが生き返ったのがちょっとアレでした。)

導入は、ウッヒョォォォ!な感じで書き始めたくせに、
結末を考えるのはとてもしんどかったです…。
ちなみに、マグメル島最深部、
原作のメイドインアビスでは成れ果て村に相当するエリアですが、
ここからはシナリオを終わらせるために、
両原作とは違う方向に舵を切っています。

ぶっちゃけると、環境については「SUBNAUTICA」の
樹木が化石化している水深700m前後の
エリアを参考にしています。
出現する敵は、「鍛治女王の領域」に出現する連中とかなり似ています。
地の底、異界、ワームホール、エムブイテイカ山脈。
そういった要素が、境界が曖昧な世界で緩やかに繋がっているのかもしれません。

  • アイコン
    アイシャ ID00696600
    作者さんの信念や想いが伝わる、いい記事でした。お疲れ様です!

1件のチップが贈られています

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

OPUWA 2021年06月04日 12:01

冒険者の宿 竜の翼亭 ネタばらし6

今回も引き続きネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。

■北カメリア大陸について

北カメリアのパロディ元は「GOD EATER」なんですけど、
本当は「DEATH STRANDING」のパロディを作りたいと思っていました。
というのも、「DEBU STRANDING」とかいう
超くだらない単語が脳に降臨し、
ピザの宅配人「サム=ドミノ=ハット」が、分断された北カメリアの地を、
アツアツのとろけるチーズで、もう一度繋げる、
北カメリアはふたたびホールのピザになるのだ。
というネタが沸いてきたのです。

で、原作を理解するためにPSストアがセールの時にゲームも買ったのですが、
肝心の私の「元気」が捻出できず、
また竜翼亭の更新も後がつかえており(週一更新を目指したのが首を絞める結果となった)、
全然プレイできていませんでした。

そうこうしている内にアしつガルドのシナリオが書き終わり、イベントの実装も進み、
早く次のステージのネタを!苦しい!
(更新型ゲーム開発依存の悪循環)
となって、過去にプレイしたことがあるGODEATERに変更しました。
こちらは過去にプレイしたことがあるので、原作理解のためのプレイは不要。
攻略サイトであらすじを再確認しつつ、シナリオを考えていきました。
北カメリアではポストアポカリプスをやる予定だったので、
GODEATERは条件を満たしていました。

で、北カメリアはもともとバッバムーラと白い輪のリユがトラブルを起こした土地なので、
バッバムーラは自発的に行きたがろうとしません。
なので、別の大陸に導入のイベントがあり、
そこからシナリオを辿っていくことで、北カメリアに到着します。
登場人物は、GODEATERが元ネタのキャラがいるのは勿論ですが、
GODEATERが食うか食われるかの戦いで、
鉄塔の森のBGMなんかは「神々の食卓」というタイトルだったと思います。
なので、食べる繋がりで、食戟のソーマを元ネタとするキャラも出してみました。
ソーマはソーマでも、シックザールじゃなくて、ゆきひらの方が来てしまったのです。

本当はどこかしらで、
ソーマの料理を食べた人たちが続々と全裸になるシーンを挟みたかったのですが、
食べ物が満足にない世界観だったのと、
全裸のグラフィックが用意できないな となったので、
お蔵入りのネタとなりました。

この時、実に色んな方面から、
「クリア後の大陸に新しいイベントが出現したなら、new!とか表示した方がいい」
と言われたんですが、
開発初期のUI構築期に、そういう想定をしていなかったので、
今からUI、というかゲーム進行の仕様を変える大規模な更新をかけようとすると、
新たなバグの温床となって、より更新がかけにくくなる可能性がとても高いのと、
最初からデバッグし直しになるのが絶対嫌だったので
コメントでお互いに教え合って進めてくれ~!
ということにしてそのままにしました。
○○システムがあった方がいい、
今時○○システム無いなんてありえない、
など、口で言うのは一瞬なんですけど、実装するのは何週間とか何ヵ月なんですよ…。
この間シナリオの更新が全く無いと、プレイヤーがいなくなってしまうのでね…。

■ 更新終了!

この記事の執筆時点で、竜翼亭のシナリオ更新は完了しました。
ゲーム容量は約291MBで、なんだまだ9MB行けるじゃねえかと言われそうですが、
データ圧縮をせずに作っていたら、このゲームはおそらく
400MBまで到達していたと思います。

容量の不足は、イェローナイフ地方やアしつガルド大陸を
作っていた頃からずっと懸念しており、
北カメリア大陸から先は、容量オーバーの世界です。

それと、単純にもうネタがないのと、
ゲームバランス調整が(もう嫌になってしまうようなレベルで)困難になっていたので、
容量のほかに、自分のキャパシティに限界を感じていたのもあります。

ともあれ、本作はプレイ数33万(R3.6.4時点)を超える
リリースしてきた作の中で最もプレイ数を稼いだゲームとなりました。
プレイしてくださった皆さんに、お礼申し上げます。

  • アイコン
    アイシャ ID00696600
    竜の翼亭、更新お疲れ様でした!ゆっくり羽を伸ばしてください。

1件のチップが贈られています

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

OPUWA 2021年05月08日 10:49

冒険者の宿 竜の翼亭 ネタばらし5

今回も引き続きネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。

■イェローナイフ地方について
ここからゲーム公開後に追加アップデートで増やされたシナリオとなります。
ここで題材としたのは、コメントにあった通り、
・MOTHER2
・クトゥルフ神話TRPG『狂気山脈~邪神の山嶺~』
です()

ついに個人の創作からのパロです。
原作はこちらにありますので、是非ご覧ください。
シナリオ:https://booth.pm/ja/items/1682207

TRPGのリプレイは、様々な卓で、様々なKPとPCが登っておりますので、
興味のある卓を見てみるのが良いと思います。

さて、竜の翼亭の方では、MOTHER2
のシナリオと、狂気山脈のシナリオがなぜか合流する形式で進みます。
MOTHER2の方は、原作で言うところのスリークでネスとポーラが拉致されたのを
ジェフが救助に来るシーンから始まるわけですが、
こっちのシナリオではポポラのテレパシーがことごとく失敗し、
無関係の人に届いてしまうという、当人達にとってはかなりの危機から始まります。

一方、狂気山脈組は、推定標高12,800mの山、エムブイテイカ山脈に登るぞ!というアホたちが集まるところから始まります。
尚、ツクールMVの発売直後の定価は12,800円でした。
登場人物は、原作と比較すると、

K2→CO2
コージー→モンベル

となっており、それ以外に登場する乗鞍が、ハンドアウト1A 孤高の人、
白馬が、ハンドアウト2A 還らぬ友
の立ち位置です。

ちなみにモンベルのネーミングのも元ネタは、登山用具メーカーの「mount bell」と「キャラバン」です()

天候決定ロールやアーバンクライミングロールは再現しませんでしたが、
それ以外が、作者はだいぶ発狂していると言われて当然なシナリオとなりました。

■アしつガルド大陸について

サフレア大陸のシナリオは、不穏な空気を残して終わっていました。
あれは、もしアプデが続くようならこれを伏線だったことにして別のシナリオを作ろう!
と用意していたものだったので、めでたく続編の執筆が決定しました。

これも原作であるドラクエⅢのように、
バラモス討伐後にアレフガルドへ行く話です。
しかし、原作の方のイベントをおさらいしてみたところ、
思いの外ストーリーがありませんでした。
淡々とラスボスへ行くための方法を調べ、条件を満たしていく内容、
つまりプレイヤーの探索フェイズがずっと続くステージで、
シナリオとして展開するのは中々難しそうでした。

なので、幾つか足を生やすことにしました。
別のゲームからゴールデンボールブリッヂを持ってきて、
陽キャ陰キャ戦争とかいう不毛な争いを起こし、
別の漫画から、オソハルコソの武器を作るシーンを持ってきたりしました。
尚、オソハルコソを入手した天空の古戦場は、
ドラクエⅩⅠで、主人公たちがオリハルコンを取りに行った場所のパロです。
マップも、ドラクエⅩⅠを2Dモードでプレイしたときのものを、実は再現しています。
バンジーパフパフは作りませんでした。
(細かすぎて伝わらない)

オノレテガたちは、ボケが4人にツッコミ1人という構成なので、
原則ツッコミがボケに追い付きません。
なので、無駄会話がいくらでも流れてきてしまいます。
すぐに脱線しようとする遊び人たちを軌道修正するオノレテガ。
シナリオ作りも、比較的ポンポン進むものの、暴走しがちでした。

  • アイコン
    アイシャ ID00696600
    30万プレイ達成おめでとうございます!(フライング)

1件のチップが贈られています

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

OPUWA 2021年04月16日 23:36

冒険者の宿 竜の翼亭 ネタばらし4

今回も引き続きネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。

■ボゴダ列島について
リーベン列島を烈火の勢いでシナリオを書いたのに対し、このステージはマジでネタが無くて難産でした。
何のパロディにするか?というそもそもの部分がノーアイデアで、
当時無人島や海を舞台にしたゲームやマンガを色々と調べていました。
そういったゲームやマンガは色々ありますが、
パロディである以上、某クソアニメの言う通り、
「ニッチなネタは ハア?ってなると迷宮入りだしな」
なので、知名度が高く、かつ私が知っているタイトルで書かなければなりません。

最初の頃に考えていたのは、
・ポケットモンスター サン・ムーンバージョン
・クロノクロス
・ONE PIECE
あたりでしたが、ポケモンはどうやってブライアンたちを登場させればいいかわからず、
クロノクロスは知名度が多分低い(失礼)ので恐らく伝わらないと問題をかかえ、
ONE PIECEは超有名ですが、どのエピソードを切り取ればいいのかわからず、
紆余曲折の上、どうぶつの森とファンタシースターオンラインEP1を混ぜました。

なぜこの二つに行き着いたのかは私もよくわかりませんが、
知名度は共に文句なしで、
暴走する狸のキャラが使いやすかったのでよしとします。
また、PSOの方は、その後のシナリオの重大な伏線として利用できたので、結果的に万々歳でした。

■南カメリア大陸について
過去作であるDungeoRiumやBioMakerに登場させていた正雄と隆次は
個人的にかなり気に入っている見た目のキャラなのと、
元ネタが、知らない人は少数派と言えるレベルに有名なのとで、
絶対にパロディをやりたいと思っていました。

最序盤では出したくなかったので、レア4武器が出始めるこのタイミングでシナリオを書きました。
元ネタになっているのは、
旅に出ようドラマを作ろう、今ならスーパーファミコンが4000円引きで買えるクーポン券つき!
のスーパーマリオRPGです。
作者の年齢がバレそうですね…

やりたいことは決まっていたので、シナリオはトントン拍子で書き終えました。
このあたりから、題材にしているゲームへの熱い想いが抑えられなくなってきて、
大陸ひとつクリアするのにシナリオ数が20個近くになったりし始めました。
序盤の大陸はシナリオ数10個も行っていませんが、
これは「頑張りすぎると工数がえらいことになる」という私のセーフティーが働いているためで、
原作への愛が弱いわけではありません。
リングフィットとか、その気になればもっと書けます()

■ここまで初期収録
ゲームをオープン化したとき、ここまでが収録されていました。
前回の記事の通り、もともと南カメリアは追加シナリオで、
ゲームの人気が出なかったら南カメリア追加して終わりの予定だったので、
その時点での最難関となるよう難易度が組まれました。

しかし、思いの外プレイ数が伸び、このまま難易度を上げていくのはまずい!と考え、
南カメリアよりも難易度が低い、イェローナイフ地方が
追加シナリオ第一弾となりました。

■ご支援ありがとうございます!
少し前から支援していただいたお金が
受け取れる額になってまいりました。
頂いた分は新しい素材の購入費に充てたいと思っています。
ありがとうございます。

【 支援プラン 】プラン以上限定 月額:500円

竜翼亭の支援特典

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:500円

  • アイコン
    アイシャ ID00696600
    いつも楽しくプレイしています!どうか無理せずにお過ごし下さい

1件のチップが贈られています

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
« 1 2 3 4

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索