Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

OPUWA

OPUWA 2021年05月08日 10:49

冒険者の宿 竜の翼亭 ネタばらし5

今回も引き続きネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。

■イェローナイフ地方について
ここからゲーム公開後に追加アップデートで増やされたシナリオとなります。
ここで題材としたのは、コメントにあった通り、
・MOTHER2
・クトゥルフ神話TRPG『狂気山脈~邪神の山嶺~』
です()

ついに個人の創作からのパロです。
原作はこちらにありますので、是非ご覧ください。
シナリオ:https://booth.pm/ja/items/1682207

TRPGのリプレイは、様々な卓で、様々なKPとPCが登っておりますので、
興味のある卓を見てみるのが良いと思います。

さて、竜の翼亭の方では、MOTHER2
のシナリオと、狂気山脈のシナリオがなぜか合流する形式で進みます。
MOTHER2の方は、原作で言うところのスリークでネスとポーラが拉致されたのを
ジェフが救助に来るシーンから始まるわけですが、
こっちのシナリオではポポラのテレパシーがことごとく失敗し、
無関係の人に届いてしまうという、当人達にとってはかなりの危機から始まります。

一方、狂気山脈組は、推定標高12,800mの山、エムブイテイカ山脈に登るぞ!というアホたちが集まるところから始まります。
尚、ツクールMVの発売直後の定価は12,800円でした。
登場人物は、原作と比較すると、

K2→CO2
コージー→モンベル

となっており、それ以外に登場する乗鞍が、ハンドアウト1A 孤高の人、
白馬が、ハンドアウト2A 還らぬ友
の立ち位置です。

ちなみにモンベルのネーミングのも元ネタは、登山用具メーカーの「mount bell」と「キャラバン」です()

天候決定ロールやアーバンクライミングロールは再現しませんでしたが、
それ以外が、作者はだいぶ発狂していると言われて当然なシナリオとなりました。

■アしつガルド大陸について

サフレア大陸のシナリオは、不穏な空気を残して終わっていました。
あれは、もしアプデが続くようならこれを伏線だったことにして別のシナリオを作ろう!
と用意していたものだったので、めでたく続編の執筆が決定しました。

これも原作であるドラクエⅢのように、
バラモス討伐後にアレフガルドへ行く話です。
しかし、原作の方のイベントをおさらいしてみたところ、
思いの外ストーリーがありませんでした。
淡々とラスボスへ行くための方法を調べ、条件を満たしていく内容、
つまりプレイヤーの探索フェイズがずっと続くステージで、
シナリオとして展開するのは中々難しそうでした。

なので、幾つか足を生やすことにしました。
別のゲームからゴールデンボールブリッヂを持ってきて、
陽キャ陰キャ戦争とかいう不毛な争いを起こし、
別の漫画から、オソハルコソの武器を作るシーンを持ってきたりしました。
尚、オソハルコソを入手した天空の古戦場は、
ドラクエⅩⅠで、主人公たちがオリハルコンを取りに行った場所のパロです。
マップも、ドラクエⅩⅠを2Dモードでプレイしたときのものを、実は再現しています。
バンジーパフパフは作りませんでした。
(細かすぎて伝わらない)

オノレテガたちは、ボケが4人にツッコミ1人という構成なので、
原則ツッコミがボケに追い付きません。
なので、無駄会話がいくらでも流れてきてしまいます。
すぐに脱線しようとする遊び人たちを軌道修正するオノレテガ。
シナリオ作りも、比較的ポンポン進むものの、暴走しがちでした。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
OPUWA

OPUWA 2021年04月16日 23:36

冒険者の宿 竜の翼亭 ネタばらし4

今回も引き続きネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。

■ボゴダ列島について
リーベン列島を烈火の勢いでシナリオを書いたのに対し、このステージはマジでネタが無くて難産でした。
何のパロディにするか?というそもそもの部分がノーアイデアで、
当時無人島や海を舞台にしたゲームやマンガを色々と調べていました。
そういったゲームやマンガは色々ありますが、
パロディである以上、某クソアニメの言う通り、
「ニッチなネタは ハア?ってなると迷宮入りだしな」
なので、知名度が高く、かつ私が知っているタイトルで書かなければなりません。

最初の頃に考えていたのは、
・ポケットモンスター サン・ムーンバージョン
・クロノクロス
・ONE PIECE
あたりでしたが、ポケモンはどうやってブライアンたちを登場させればいいかわからず、
クロノクロスは知名度が多分低い(失礼)ので恐らく伝わらないと問題をかかえ、
ONE PIECEは超有名ですが、どのエピソードを切り取ればいいのかわからず、
紆余曲折の上、どうぶつの森とファンタシースターオンラインEP1を混ぜました。

なぜこの二つに行き着いたのかは私もよくわかりませんが、
知名度は共に文句なしで、
暴走する狸のキャラが使いやすかったのでよしとします。
また、PSOの方は、その後のシナリオの重大な伏線として利用できたので、結果的に万々歳でした。

■南カメリア大陸について
過去作であるDungeoRiumやBioMakerに登場させていた正雄と隆次は
個人的にかなり気に入っている見た目のキャラなのと、
元ネタが、知らない人は少数派と言えるレベルに有名なのとで、
絶対にパロディをやりたいと思っていました。

最序盤では出したくなかったので、レア4武器が出始めるこのタイミングでシナリオを書きました。
元ネタになっているのは、
旅に出ようドラマを作ろう、今ならスーパーファミコンが4000円引きで買えるクーポン券つき!
のスーパーマリオRPGです。
作者の年齢がバレそうですね…

やりたいことは決まっていたので、シナリオはトントン拍子で書き終えました。
このあたりから、題材にしているゲームへの熱い想いが抑えられなくなってきて、
大陸ひとつクリアするのにシナリオ数が20個近くになったりし始めました。
序盤の大陸はシナリオ数10個も行っていませんが、
これは「頑張りすぎると工数がえらいことになる」という私のセーフティーが働いているためで、
原作への愛が弱いわけではありません。
リングフィットとか、その気になればもっと書けます()

■ここまで初期収録
ゲームをオープン化したとき、ここまでが収録されていました。
前回の記事の通り、もともと南カメリアは追加シナリオで、
ゲームの人気が出なかったら南カメリア追加して終わりの予定だったので、
その時点での最難関となるよう難易度が組まれました。

しかし、思いの外プレイ数が伸び、このまま難易度を上げていくのはまずい!と考え、
南カメリアよりも難易度が低い、イェローナイフ地方が
追加シナリオ第一弾となりました。

■ご支援ありがとうございます!
少し前から支援していただいたお金が
受け取れる額になってまいりました。
頂いた分は新しい素材の購入費に充てたいと思っています。
ありがとうございます。

【 支援プラン 】プラン以上限定 月額:500円

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:500円

  • アイコン
    アイシャ ID00696600
    いつも楽しくプレイしています!どうか無理せずにお過ごし下さい

1件のチップが贈られています

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
OPUWA

OPUWA 2021年03月13日 07:37

冒険者の宿 竜の翼亭 ネタばらし3

今回も引き続きネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。

■ピューネ地方について
ピューネ地方はオープニングが完全にアレですが、
パロディ元は ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 です()

元となったゲームの話をすると、
3日後に月が落下して滅びる運命にある世界で、
タイムリープを駆使して各地をめぐり、
月の落下を止める方法を探すゲームです。

本作では月を太陽に入れ換えてみました(軽い気持ちでやるもんじゃない)
太陽の元ネタはマリオ3です()

原作でもそうでしたが、タイムリープを起こすと、
主人公以外の人物の記憶は、タイムリープの開始時点までリセットされます。
タイムリープもののシナリオを書くにあたって、
そこをどう辻褄合わせるか悩みました。

結果、
原作:神殿の魔物を倒して巨人を解放し、最後に誓いの号令で月の元に巨人達を集める
ウチ:同人作家を助け出して、本人の記憶と共にタイムリープし、記憶を共有している仲間を集める
という、なぜそうなった感が非常に強いシナリオとなりましたが、
OPUWAゲーはしょうもないゲームなので、これでいいかと思ってます。

尚、シナリオ冒頭にエロい魔女にされてしまったソンクが、
時のハーモニカを取り戻すと、ハーモニカがピアノに変わりますが、
これは原作準拠です。
時のオカリナがデクラッパに変わるヤツです。

■リーベン列島について
このステージのシナリオは、
「ドラえもん」「こち亀」「ターミネーター2」
と、なぜそれらを混ぜたのか感が凄いシナリオですが、
プレイヤーからの反応はかなり良かったです。

現代もののシナリオは絶対ひとつは書きたいと思っていて、
最初に考えたのは、こち亀の55巻に登場する
スペシャルセキュリティチームの話でした。
ただ、こち亀の知名度はかなり高いですけど、55巻の話となると知っている人が限られそうなのと、
カーチェイスのシーンなどを作るのが難しそうなのと、
ブライアン達が馴染めるか?という点で展開が思い浮かばず、
別視点で、ドラえもんからスタートしてみたら、
シナリオがポンポン思い浮かびました。

もしもしボックスのくだりは、
映画版ドラえもんの魔界大冒険を参考にして、
世界が組み変わったら過去や未来も組み変わると想定し、
ターミネーター2のネタと混ぜてみました。

ターミネーター2はスピード感があるストーリーなので、
本作もターミネーター2のスピード感にあやかりました。
あんな意味不明な始まり方をしたのに、
スピーディーにシナリオが結末を迎えられました。

■開発秘話的な話
ゲームの公開は、もともと
・ボーデル島
・エウロパ大陸
・サフレア大陸
・ピューネ地方
・リーベン列島
の5ステージ収録の状態でスタートする予定でした。

この頃に有志の方を招いたクローズドテストが始まり、
第一段アップデートの中身として、ボゴダ列島のシナリオを作っていました。

しかし、アツマール公式から提供されているデバッグツール
「アツマールデバッガー」が、
アップルの更新テロの影響を受けたせいか、動かなくなってしまい、
それがないとデバッグ効率が悪すぎるため、
アツマールデバッガーの回復を待つために、公開見送りとなりました。

アツマールデバッガーは数日で復活しましたが、
その影響でボゴダ列島が初期収録に加わってしまいました。

人気があろうが無かろうが、
一回はシナリオ追加のアプデを行うという決意のもとで開発していたので、
アプデで増やす予定のシナリオは、南カメリア大陸へと変更されました。

ゲームに人気が出なかったら、
この一回だけのアプデで打ち切って、
次の作を作り始める予定でした。
その場合はレア4、5武器の多くは登場せずとなるはずでしたが、
プレイ数があっという間に6桁となり、今に至ります。
プレイ、応援ありがとうございます。

※ちなみに、レア5武具は、データベース上はすでに作成されており、クラフトできる町がないだけです。

  • アイコン
    アイシャ ID00696600
    どうか無理せず、お体とリアルも大事になさってください

1件のチップが贈られています

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
« 1 2 3 4 5

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索