kuro Jun/12/2024 23:05

【945日目】赤い世界:ドキュメントの整理、パラメーター調整

AIにシナリオを添削してもらうために手動で情報を整理している、本末転倒こと、ゲーム作家のkuroです。
さて。

赤い世界

ドキュメントの整理、パラメーター調整

冒頭の通り、AIの得意領域を活かして、シナリオとシナリオの接続部や、改善点を洗い出すために、AIの活用を試みています。
ChatGPT v4では大量のドキュメントの読み込みは叶わなくて、進化を待っていたのですが、Gemini 1.5で100万トークン分の読み込みができるようになったことで、いよいよやりたいことができそうです。

そのために読み込ませるを整理していたところ、先に改善が見つかり、加筆しています。

敵のパラメーターも同じで、ステージ毎の敵キャラのパラメーター、ステージが1つ変わるごとに予想される装備更新分のパラメーターを調整しています。

ステージが1つ上がるごとに、装備が1段階上がり、装備品を購入するために所持金も微増させています。
そのぶん、敵の防御力とHPの上昇のバランスをとっており、順当に装備とレベルを強化していた場合、適度な攻撃回数で敵が倒せるようになっています。

私生活でもAIと対話

現在私はChatGPTとGemeni両方の有料プランに加入しており(無料版では、実力が引き出せず、使い続けるための評価ができないため)スマートフォンのAndroidではGeminiと意識的に会話するようにしています。

今のChatGPT、Geminiはスレッドを横断して、データ(メモリ)が保持させるため、ゲーム制作用途に質問を繰り返すほど、AIの返す回答の精度が上がります。

たとえば「これからジョギングをします」というと「おすすめのジョギングコースを提案します」と返してくれる。
加えて「ジョギングをしながら、ゲーム制作のアイディアを考える方法を提案してください」のように、常にライフワークを絡めることで、自分用に最適化をしています。

ChatGPTかGemini、どちらかはゲーム制作だけに使うようにして、学習に偏りを持たせても良いかもしれません。
まだまだ見つけられていない、良い使い方がありそうですね。

それでは素敵な1日をお過ごしください。

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Search by Article Tags

Monthly Archive

Search Articles