ぼんやりクラブさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

静養

色々あって雪崩込む駆け込むように病院に入って点滴を打つ。
全身に痺れが回ったあの感覚はしばらく忘れられそうにない。
大げさだが、あの時は「このまま死ぬかもしれない」と思った。

耳鼻科に行ったが耳に異常は無かった。

創作リハビリテーションよりも、もっと後ろに下がってしまった。

ここは保健室みたいな場所と考え、創作要素がゼロでも、
日記として記していこうと思う。

\いいね・ツイートで応援!/