Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

無料プランの記事(54)

MUTOYS

MUTOYS 2021年05月07日 00:00

四周年ありがとう!

本日5/7、SOLD OUT 2 がリリース四周年を迎えました。

四周年を迎えることができたのは、みなさんが遊んでくれたから、楽しんでくれたから、見ててくれたから、支えてくれたから、です。

ありがとうございます。本当に、本当に、ありがとうございます。

変化

せっかくですので、今回の四周年でSO2に加わった「変化」についてお話ししようと思います。

「二つ名」について

SO2には「お店の名前」以外に「称号」というものがあります。

これはわたしのお店なのですが、「委員長っぽい魚屋でコクのある漁師」という部分が称号です。これは、そのお店が今までどのような行動を行ってきたのかが(ある程度)わかるような肩書きです。(すみません、委員長っぽい魚屋でコクのある漁師ではどんなお店か全く分からないと思いますが、ここでは話の都合上分かると思ってください、お願いします)

「称号」は実績に基づいた客観的な肩書きであり、自分では自由に変えられません。しかし、称号を自由に付けたいという欲求はあると思います。

そこで「二つ名」の登場です。この「二つ名」は、自由に選べる称号のようなものになります。称号と大きく違うのは「それまでに獲得した勲章のランクで、選択できる二つ名が決まり、自由に付け替えることができる」ということです。

勲章は、SO2で不定期に開催されるお祭り騒ぎ(平たく言うとランキングイベント)で獲得することができ、それにより様々な二つ名を獲得できるということになります。

名乗りたい「二つ名」があれば勝ち取ってみるのもいいのではないでしょうか。

「島の異変」について

これについて詳しい説明はできません。なぜなら、そもそもが謎だらけだからです。

一言だけ申しますと、SO2の舞台であるMUTOYS島について、これまでよりもさらに謎が深まったということです。そして、これからも謎は深まり続けるでしょう。

ただ、謎が深まったとしても島での生活が一変するようなことではありません。これまで通り変わらず商売をしてもいいし、少しだけ周りを見て工夫してもいいと思います。

SOLD OUT 2の世界で「やらなければいけないこと」なんて何もありません。やりたいことだけをやりましょう。

最後に

SOLD OUT 2 はMUTOYS島で大勢のオーナー(プレイヤー)とのお店ごっこを楽しむゲームです。

これからもその「軸」を大切にし、より「お店ごっこ」楽しめるように進んでいきたいと思います。末永くお付き合い頂けると嬉しいです。

フォロワー以上限定無料

おまけ

無料

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
MUTOYS

MUTOYS 2021年04月30日 21:00

たわしセール中!

たわしといっても、あのたわしじゃなくて、このたわしです。世の中にはいろんなたわしがありますよね。

というわけで5月6日までSteam版たわしが30%割引されています。スカッとしたくなったら是非!

たわしSteam版セール中

フォロワー以上限定無料

独り言

無料

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
MUTOYS

MUTOYS 2021年04月04日 21:00

MUTOYS.COM リニューアルしました

MUTOYS関連の作品があちこちに散らばって探しづらくなっていたので、mutoys.com へ集約してみました。

「MUTOYSのゲームのアレ、なんだっけ?」となったら mutoys.com へアクセスしてみてくださいね!

ちなみに読み方はムートイズです。(けど、好きに読んでもらっても大丈夫です)

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
MUTOYS

MUTOYS 2021年04月01日 12:00

SOLD OUT FANTASY リリース

今日は4月1日です。くだらないことを本気でする日です。

今年はこれ!

SOLD OUT FANTASY


内容については何も言いますまい。いや、なんというか、言えねえ…

あ、SOLD OUT(元祖)SOLD OUT 2 というゲームをプレイしたことがない場合でもゲームとしては楽しめると思うのですが、全体的に意味が分からないと思うので、ご存じない方はこの機会に是非遊んでみてくださいね!まぁ、SOLD OUTシリーズを知っている人でも意味が分からないだろうとは思いますけど…。

ライフワーク

このエイプリルフールネタはもはや私のライフワークになっていて、SOLD OUT(元祖) で始めた小ネタが最初だったと思います。

正確にいつから始めたのかはもう覚えていないのですが、この日だけゲーム内のアイコンを動かしたり、画面に桜吹雪を舞わせたり、好きなレトロゲームにちなんだ画面加工なんかをしてました。15~20年くらい前からですかね?ほんとに記録が無くて分からなくなってしまいました。

最近は、SOLD OUTのシステム自体がとても古い為ネタを仕込むのが難しくなってしまい(ヘタにいじると画面が崩れたりしてしまう)、SOLD OUTの中ではなく外にネタを用意してそこに誘導するパターンになってきました。ちょっと残念な気もするのですが、最新の技術を自由に使えるのでネタ自体は作りやすくなってます。

あと、以前は本当に1日限りのネタだったのですが、1日だけではなく作品としてずっと公開しているネタもでてきました。2019年4月1日はSOLD OUT QUESTを披露したのですが実は今でも遊ぶことができます。

※タイトルから分かると思いますが、今回のSOLD OUT FANTASYはSOLD OUT QUESTの後継みたいな作品です。

SOLD OUT FANTASYも1日だけではなくずっと公開しようかなと思っていますが、SOLD OUT QUESTも含め、今後のことはどうなるか分かりません。突然非公開になったらごめんなさい。

ネタに全力投球

このエイプリルフールネタ作りはとても楽しいのですが、たまに「こんなことに労力割いていいの?別の事に注力すべきでは?」と自問自答することもあります。また、忙しくて時間がとれなかったり、ネタが思い浮かばず不本意なものとなり悔いの残る年もあったりしました。

ただ、見てくださった方から反応を頂けた時はとても嬉しいです。少しでも楽しんでもらえたらといいなと思いながら今年も作りました。

今年は私事でもいろいろあって超タイトでした。3月15日くらいから取りかかって、まぁこれで完成でいいかな?となったのは31日でした。その間ずっと2~3時間置きくらいに「あと何日だ?このペースで間に合うか?いけるか?」ってなってました。まじで。そんな状況でも「やっぱ○○要素は入れたいよなぁ…しゃあねえ、ここ作り直そ!」とかなるんですよね…。まじで。

普段はなかなか触れられない新しい技術を使って試作したりノウハウを得られる場でもありますのでこの時間は決して無駄ではないと言い聞かせ、これがなにか次に繋がるといいなと思いながら作ってました。

制作環境

ちなみにSOLD OUT FANTASYは Next.js + Chakra UI + Typescript で作りました。ネタをガチ環境で作ったのは今回が初めてかもしれません。(テストは全く書いてないけど)

使ってみた感じ、どれもとてもいいですね。SOLD OUT 2もこの環境で書き直したくなってきました。たった数年しか経っていないのにこんなに環境が良くなってるんだなぁと感動してしまいました。

最後に

ほんとは、「SOLD OUT FANTASY公開しました」くらいの記事の予定だったんですが、なんかいろいろ書きたくなって書いてしまいました。文字ばっかりの記事で恐縮です!なので最後に木工野郎Mチームのドット絵を貼っときますね。(MUTOYS以外の権利が含まれているので鑑賞用としてお楽しみください)

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
MUTOYS

MUTOYS 2020年09月23日 01:07

たわし1995のマニュアルを発掘しました

1995年頃にコミケで頒布した「たわし」のマニュアルらしき紙を発掘しました。

感熱紙に印字されたもので、文字がかなり薄く、所によってはほぼ真っ白になっているような状態でした。おそらく当時にワープロで試し印刷したものだと思います。(当時はパソコンで印刷物を作るというよりはワードプロセッサーという文書作成専用の端末を使って印刷物を作っていました)

私が作成したマニュアルだと思いますが、全く記憶にない上に知らないゲーム仕様も記載されていたので、せっかくですので公開したいと思います。

※文字を読めるくらいに濃淡を補正しています。汚い画像でごめんなさい。

これはマニュアルの表紙部分だと思います。要EGCとかGDCの動作クロック2.5MHz以上とか、普通の人は分かんないだろー!って思いますよね。あの頃PCでゲームをする人はみんな玄人だったので多分大丈夫です。

ちなみに開発は PC-9801 DA で行いました。今も押し入れにありますよ。

フォロワー以上限定無料

続き

無料

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
« 1 2 3 4 5 6 7

最新の記事

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索