nzws (ねじわさ)さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

雑記: メールをDiscordに転送したい!

友達とやっているグループ Rad Technology では、 contact[at]radtech.work のような共有メールアドレスを作成しています。(メールサーバにはXREAを使用しています)

XREAはメール転送に一つメールアドレスを指定できるのですが、2つ以上には指定できません。
そこで、一つのメールアドレスに飛ばした後、何かしらの方法で飛ばそうと思いました。

(失敗) XREA→Gmail→IFTTT→WebHook→Discord

これは最終的に失敗した方法です。
IFTTTはGmailからメールデータの取得やWebHookによるIFTTTが公式に対応していないサービスへのやり取りにも対応しているのでこれだ!と思いました。

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/IFTTT より引用

手順は省きますが、レシピを作成してテストすると、メール本文が1行のものを送信すると正常に見れました。しかし、複数行になると見れません。
IFTTTのログを見ると、WebHookで400エラーが出ていました。
多分改行文字のせいで上手くいかなかったのだと思います。
色々考えましたが最終的にIFTTTを使用するのは諦めました...

(成功) XREA→Gmail→Google Apps Script→Discord

Gmailの設定

まず、Gmailで区別用のラベルを作成します。ここでは「to_radtech」としました。
また、自動メール振り分けで、送信したいドメインを設定しておきます。

Gmail側の設定は完了です。

Discordの設定

次に、Discord側でWebHookを作成します。
権限のあるDiscordサーバでメール閲覧用のチャンネルを用意し、チャンネル編集 → WebhooksからWebHookを作成します。
まあ名前とかは適当に設定しておいてください。
ここのWEBHOOK URLを次で使用しますのでコピーしておいてください。

GASの設定

次に、GAS(Google Apps Script)で、コードを叩いていきます。

GASについてこのブログを参考にさせて頂きました。
https://chaika.hatenablog.com/entry/2016/04/15/172404

こんな感じに作りました。
gist.github.com/yuzulabo/828e86e2a34179c90578bc87ab4a125e
(2018/10/28 13:37 不具合修正しました)

注意する点としては、username(ユーザ名になる部分)は2~32文字、content(本文)は1~2000文字(だった気がする)なので、きちんとチェックしてあげないとたまに失敗します。

ここにラベル名とWebHookのURLを入れて、トリガーを設定してあげれば完成です。

やってみる

適当にメールを送信してみます。

こんな感じで受信できました。

まとめ

これを作るよりも記事を書くほうが大変でした。そして開発日誌よりも雑記の方が長い謎。

\いいねで応援!/