トリガモ May/06/2023 22:00

「DefenceAndKnight」開発振り返り記_6

はい、第6回目です。今回は自分がこのゲームで最も実装したかった事について書いていこうと思います!!

DefenceAndKnightの自作ボス

見出しの通り、完全に自作のボスを一回作ってみたかったんですよね!前々から作ってみたかったのですが、以前はモデリングの知識もスクリプトの知識も足りず、断念していました。ただ、今回の作品でようやく第一歩を踏み出せました!!

Blenderで作った3Dモデル

ということで早速Blenderで作っていた自作3Dモデルを紹介!
UnityとBlenderではシェーダーが違うので、若干の差異はありますが、ゲームアイコン画像のキャラクターです。

恒例のTポーズ
モデリングやらウェイトペイントやら四苦八苦しながら完成させたので、達成感は大きかったです。ただ、モデリングはともかく、UV展開やウェイトペイントがあまりにも大変な作業だったので、全自動でやってくれるAI待ってます!!!
髪のテクスチャも書きました。

顔に仮面をつけているのは、DefenceAndKnightのゲームでは表情の重要性が薄いかつ、表情をつけるなどの莫大な作業でゲーム自体の作業が止まってしまわないように考えた結果ですね。もっと効率的に進められたら、顔まで作れたのかも...。
全部の3Dモデルを自作することを考えていた時期もありましたが、時間が圧倒的に足りませんね(´・ω・`)

Unityにモデルを持ってくる

さて、1か月かけてモデルを作りましたが、ゲームとしては進捗0です。0!!
なので、さっそくモデルをUnityにぶち込みます。
Unityにインポートしたときのスケールが大きすぎる問題、マテリアルの作り直し問題があり、修正は必要でしたが、それほど重大な問題は起きませんでした。ヨカッタ!!

アニメーション作り

モデルは用意できたので、次はアニメーションです!アニメーションの自作経験がほとんどなかったので、試行錯誤しつつもそれっぽく仕上げました。
https://youtu.be/4CrG5xTSzuk
↑ゲーム内で使用している攻撃アニメーション2つはこんな感じです。こんな簡素なモーションでも作るのは大変ですね。

今回の学び

実際作ってみるまでは作業時間がどれくらい必要なのかの目途がつけられなかったので、これは大きな収穫です。
また、個人開発でモデルもアニメーションも全部自作するというのは相当な根気と膨大な時間が必要なようです...。う~ん、今後も続けられるか...?

ということでここまで読んでいただき、ありがとうございました。

Search by Article Tags

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles