SukeraSparo/Sono Oct/08/2022 19:00

コラム:『はつこいリターンズ!』設定やヒロインについて

どうも、再びCi-enに登場です。
『はつこいリターンズ!』
シナリオ担当の淡乃です。

『はつこいリターンズ!~恥じらうギャルは告白できない~』
発売からそろそろ1週間が経ちますね…!
既に購入&視聴してくれた皆さんありがとうございます!

DLsiteの商品ページにレビュー投稿をすると、
雛桜ひより役を演じてくれた
立花日菜さんのサイン色紙が貰えるキャンペーンを実施中!
ぜひこちらもご参加下さい!(10/27まで)
(レビュー投稿後、応募フォームに申し込みしないと抽選外になるのでご注意…!)

今回は前回のコラムで触れられなかった
ヒロインや設定について更新しようかなと思います!

*はつリタの設定・ヒロインズについて

本作の内容を立ち上げるとき
何かを失敗したことがある、何か諦めてしまったことがある人たちへのエールにしたいと思い、
「一度失敗してしまったヒロインが、もう一度頑張る」というところからスタートしました。

音声作品の特性上、私(自分)に話しかけてくるという状態が基本になるので、
ヒロインを作るにあたって「話しかけるある程度の積極性」を求められるのですが、
一度失敗した何がか欠けているヒロインの場合、
どういう動機があれば話しかけられるだろう?と考えました。

最初から悩みを自分の中で解決できている状態で始まるなら問題ないのですが
(たとえば仮恋りみっとの梨見先輩は「私」に気持ちを伝える決心を固めてきてますよね)
前回のコラムに触れたように「恋愛シュミレーションゲーム」のモチーフである以上、
交流や過程を経てヒロインが変わっていきたいと思ったので、
話しかけなくてはならない背中を押す大きなきっかけが欲しいと思いました。

そこで思いついたのがタイムリープという要素でした…笑
「ヒロインがもう一度頑張る」という部分に噛み合っているということ、
自分じゃなくてヒロインみんなタイムリープしてくるのは面白いんじゃないか?
と思って採用しました。
この設定によって、この作品の土壌が出来、
話が動き出すものになったかなと思います。

ちなみに小ネタですが、ヒロインの苗字と名前の頭文字は
「もう一度繰り返す」という意味で、同じ音を採用しています…笑
(「ひ」なさ「ひ」より/「な」つふじ「な」ゆ/「つ」ばき「つ」みき)

*雛桜ひよりについて

「恥じらうギャルは告白できない」の雛桜ひよりちゃんは、
トップバッターに相応しく(?)明るい系のヒロインです。

幼なじみのギャルという設定は最初からあったのですが、
ストレートなギャルマインドを持っていたら、
一週目のルートで告白くらいはできてたんじゃないか…?と思い、
周りに合わせたり、期待されてるポジションに収まることができる故に、
本当の気持ちを表現するのが上手じゃない女の子にしてみました。

人の気持ちを考えたりできる優しい子だからこそ、
今まで築いてきた関係が変わることを怖がっている。
そんなひよりとの物語はぜひ本編で確かめて欲しいと思います!

*とあるギミックについて

購入してフォルダを確認して頂ければわかるのですが、
本編フォルダは二つに分かれております。
百合体験シリーズの新しい試みということで
通常シリーズにはないギミックが加わっております。

恋愛シュミレーションをモチーフにしている
「はつリタ」ならではの体験を
ぜひ楽しんで頂けたらと思います!
(この辺りの感想ぜひお待ちしております…!)

「はつこいリターンズ!」についてのコラムは
まだまだ続く!ので、次回もお楽しみに!

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles