わたわたさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

わたわた

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その4

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その4

邦洋(20♂):演出・衣装   【配役】保留
良平(20♂):小道具・舞台監督【配役】保留
浩太(20♂):脚本・演出助手 【配役】保留
香南(19♀):小道具・情報宣伝【配役】保留

 香南が謎の冊子のページをめくる。

香南「謎2。桃から生まれた赤子は、桃太郎と名付けられ、すくすくと育ちました。やがて、立派な青年になった桃太郎は、おじいさんとおばあさんに鬼ヶ島へ行くと告げました。おじいさんは日本一と書いた旗と日本刀を、おばあさんはきびだんごをこしらえて、桃太郎に持たせました。桃太郎は、盾がほしいと言いましたが、おじいさんは、旗を指さして、盾を持たない日本一であれと答えました。……これで終わり」

良平「大人ってずるいよな。盾が足りて無いことを認めず屁理屈を言う」

邦洋「違う、違う。物語が歪められている辺りが、4ケタの数字を解くヒントになっているはずだ」

良平「すると、ヒントはおじいさんの屁理屈」

浩太「盾を持たない日本一、か」

香南「無防備よね。あ、防御力0だから、0000とか」

浩太「それは謎解きになってないと思う」

香南「放置していい?」

浩太「待って待って。ダイヤルの初期値は全部0じゃないですか」

香南「確かに、そう言われれば。じゃ、違うね」

浩太「盾を持たない日本一。つまり、一般的な日本一は、盾を持っているということだ」

良平「日本一ってだけで一般的じゃないけどな」

邦洋「あ、分かったぞ。答えは31811……いや、これだと5ケタだから、3182だ」

良平「何だ、その数字」

邦洋「日本一に含まれる数字だよ。3182」

良平「はぁ?日本一には、1しかないぜ」

邦洋「盾を持たなければ、3182になる。なかなかの良問だ」

良平「1人解けて浮かれてるところ恐縮だが、あっちは、厳しい顔してるぞ。縛られ役は邦洋が良かったんじゃないか」

香南「分かった」

浩太「ほんとに?」

香南「ケータイどこ?」

浩太「え、カバンの中ですが」

香南「邦洋に電話して呼べばいいんじゃない」

浩太「分かったって、そっちですか」

香南「文句言うなら、野垂れ死ね」

浩太「すみません。電話してください」

 香南、浩太のカバンからケータイを取り出し、アドレス帳を開く。

邦洋「この展開は予測済み。むしろ遅かった方かもしれない」

良平「おい、カナ。そのテレフォンは使えねえぜ」

 部室で音が鳴る。

香南「へ?」

 香南、本棚で鳴っているケータイを取る。

香南「邦洋、ほんと使えないやつ」

浩太「タイミング悪いあるあるだな」

香南「馬鹿言ってないで、早く解きなよ。助けを借りるあては断たれたんだから」

邦洋「やはり、良平は数に入ってないな」

良平「ああ。すでに使えないやつ認定されてるんだろうよ」

香南「そだ。今から謎部の部室に言ってさ、富士山の胸倉つかんで答え聞き出せばいいんじゃない?」

フォロワー以上限定無料

フォローしていただくだけで無料プラン限定特典を受け取ることができます。

無料
\いいね・ツイートで応援!/