わたわたさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事
わたわた

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その6

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その6

邦洋(20♂):演出・衣装   【配役】保留
良平(20♂):小道具・舞台監督【配役】保留
浩太(20♂):脚本・演出助手 【配役】保留
香南(19♀):小道具・情報宣伝【配役】保留

 部室で両腕をパイプイスに縛られたままの浩太。
 カミングアウトした香南は、浩太の質問に即答できずに立ちすくむ。
 その様子を画面越しに見ている邦洋と良平。

邦洋「ハニートラップだったのか」

良平「全米を揺るがすほどのショック到来」

邦洋「行こう」

 邦洋と良平、サブステージから去る。

香南「ごめんなさい。わたしが好きなのは、浩太じゃなくて……」

浩太「プロデューサーとは、できてんのか」

香南「ううん、わたしが一方的に好きなだけで、きっと向こうは、そんな相手山ほどいると思う」

浩太「探偵部の情報、合ってたじゃないかよ。ホテルに入ったとこを見たって」

香南「でも、お金とか受け取ってないから。援助交際じゃないから」

浩太「さしずめ晩飯にされた兎ってとこだな」

香南「……」

浩太「利用されてんのは、カナの方じゃないか。おれは、ちょっと夢見させてもらっただけで、傷も浅いし。でも、一番、傷ついてるのはカナだろ。アイドルになるために、一番、犠牲を払っているのは」

香南「……本当にごめんなさい」

 邦洋と良平が入ってくる。

香南「あ」

良平「ごめん、全部、聞かせてもらった」

香南「え……盗聴?」

良平「盗聴というより、盗撮」

 良平、大道具を動かし、奥にあるタブレットを取り出す。

香南「わたし、疑われてたってこと」

邦洋「この際、全部話そう。いいな、浩太」

浩太「分かった」

良平「腹を割れよ、お調子者」

浩太「ああ、悪かったな、二人とも」

邦洋「浩太は撮影されていることを知りながら、自分から言った。すでに腹を割る覚悟はできてるはずだ」

良平「言っておくが、浩太がカモられてたショックより、おれたちに二人の関係を秘密にしてたショックの方がでかいぜ」

邦洋「他に、言えない理由が、あったんだろ」

浩太「ああ」

良平「何だよ、まだあんのか」

邦洋「願いの果実、あれはすでにカナがキャストに入ることを想定されていた」

良平「え?」

浩太「何でも分かるんだな、邦洋は」

邦洋「恋沙汰とまでは見抜けなかったけどな」

良平「どういうことだ」

邦洋「説明しろよ、自分の口で」

浩太「ああ。その前にお願いしたいことがある」

邦洋「何だよ」

浩太「リアルにトイレに行きたい」

フォロワー以上限定無料

フォローしていただくだけで無料プラン限定特典を受け取ることができます。

無料
\いいね・ツイートで応援!/
わたわた

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その5

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その5

邦洋(20♂):演出・衣装   【配役】保留
良平(20♂):小道具・舞台監督【配役】保留
浩太(20♂):脚本・演出助手 【配役】保留
香南(19♀):小道具・情報宣伝【配役】保留

 香南が謎の冊子のページをめくる。

香南「謎3。桃太郎が歩いていくと、犬に出会いました。桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけたきび団子を1つわたしにくださいな。桃太郎は、犬にきびだんごを1つわたし、自分も1つ食べました」

良平「自分も食うんだ」

香南「犬をお供にした桃太郎が歩いていくと、兎に出会いました……あれ、猿じゃないの」

邦洋「猿でなく、兎か」

良平「時計を持ってないことを祈る」

邦洋「さすがにワンダーランドには行かないだろう」

香南「桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけたきび団子を1つわたしにくださいな。桃太郎は、兎にきびだんごを1つわたし、犬にも1つわたし、自分も1つ食べました」

邦洋「この辺から謎の匂いがプンプンするな」

良平「匂いと言えば、ふくろの中身を匂いだけできびだんごとあてる動物たちの嗅覚に畏れ入るぜ」

香南「……」

浩太「どうか、しました?」

香南「桃太郎と犬は、晩御飯にうさぎを食べて眠りました」

浩太「え」

良平「仲間を食うとは、おそるべし桃太郎!」

香南「桃太郎、めっちゃブラックじゃん」

邦洋「むしろ、ちゃんとしてる。きびだんごだけでは栄養価が偏るからね」

良平「それはそうだが。子どもには聞かせられんな」

香南「次の日、桃太郎は猿と猪を仲間にし、猪を晩御飯にして眠りました」

邦洋「一日のうち最後に出会った動物が犠牲になる法則か」

香南「きびだんごって、食糧となる動物を引き寄せるためのアイテムだったの」

良平「だとしたら、猪に出会うまで、猿が晩御飯候補だったわけか」

邦洋「まあ、そうなるな」

良平「もはや鬼退治など、どうでもよくなってきた。これは食うか食われるかのサバイバルだぜ」

香南「次の日、雉が仲間になり、海辺に出ました。桃太郎は、海にきびだんごをちぎって投げ、寄ってきた魚を雉がとらえました」

良平「見ろよ、雉は必死じゃないか。食われてたまるかって」

邦洋「そんな雉を、犬と猿は高見の見物ってとこだな」

良平「世界観が怖すぎる。早く鬼退治して解散しよう」

香南「その日の晩御飯。魚を食べながら、桃太郎がこんなことを言いました。動物に出会うたびに1つずつきびだんごを食べたね。今、それぞれ何個ずつ食べたのだろう。拙者、犬、猿、雉の順にカウントしてみよう……終わり」

浩太「何だ、食べたきびだんごの数をカウントするだけか。だったら、桃太郎は犬・兎・猿・猪・雉・魚に会ったから6、犬は兎・猿・猪・雉・魚に会ったから5、猿は猪・雉・魚に会ったから3、雉は魚にしか会ってないから1だ。6531、これが答えだ」

邦洋「浩太は間違っている」

良平「だよな、桃太郎はいいとして、犬・猿・雉は、自分が仲間に加わったときの分をプラス1しないといけない」

邦洋「そこをカナが指摘してくれればいいが」

香南「ねえ、浩太」

浩太「はい」

香南「何かを得るためには、何かを失わないといけないのかな」

浩太「え」

良平「今、謎が増えた」

フォロワー以上限定無料

フォローしていただくだけで無料プラン限定特典を受け取ることができます。

無料
\いいね・ツイートで応援!/
わたわた

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その4

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その4

邦洋(20♂):演出・衣装   【配役】保留
良平(20♂):小道具・舞台監督【配役】保留
浩太(20♂):脚本・演出助手 【配役】保留
香南(19♀):小道具・情報宣伝【配役】保留

 香南が謎の冊子のページをめくる。

香南「謎2。桃から生まれた赤子は、桃太郎と名付けられ、すくすくと育ちました。やがて、立派な青年になった桃太郎は、おじいさんとおばあさんに鬼ヶ島へ行くと告げました。おじいさんは日本一と書いた旗と日本刀を、おばあさんはきびだんごをこしらえて、桃太郎に持たせました。桃太郎は、盾がほしいと言いましたが、おじいさんは、旗を指さして、盾を持たない日本一であれと答えました。……これで終わり」

良平「大人ってずるいよな。盾が足りて無いことを認めず屁理屈を言う」

邦洋「違う、違う。物語が歪められている辺りが、4ケタの数字を解くヒントになっているはずだ」

良平「すると、ヒントはおじいさんの屁理屈」

浩太「盾を持たない日本一、か」

香南「無防備よね。あ、防御力0だから、0000とか」

浩太「それは謎解きになってないと思う」

香南「放置していい?」

浩太「待って待って。ダイヤルの初期値は全部0じゃないですか」

香南「確かに、そう言われれば。じゃ、違うね」

浩太「盾を持たない日本一。つまり、一般的な日本一は、盾を持っているということだ」

良平「日本一ってだけで一般的じゃないけどな」

邦洋「あ、分かったぞ。答えは31811……いや、これだと5ケタだから、3182だ」

良平「何だ、その数字」

邦洋「日本一に含まれる数字だよ。3182」

良平「はぁ?日本一には、1しかないぜ」

邦洋「盾を持たなければ、3182になる。なかなかの良問だ」

良平「1人解けて浮かれてるところ恐縮だが、あっちは、厳しい顔してるぞ。縛られ役は邦洋が良かったんじゃないか」

香南「分かった」

浩太「ほんとに?」

香南「ケータイどこ?」

浩太「え、カバンの中ですが」

香南「邦洋に電話して呼べばいいんじゃない」

浩太「分かったって、そっちですか」

香南「文句言うなら、野垂れ死ね」

浩太「すみません。電話してください」

 香南、浩太のカバンからケータイを取り出し、アドレス帳を開く。

邦洋「この展開は予測済み。むしろ遅かった方かもしれない」

良平「おい、カナ。そのテレフォンは使えねえぜ」

 部室で音が鳴る。

香南「へ?」

 香南、本棚で鳴っているケータイを取る。

香南「邦洋、ほんと使えないやつ」

浩太「タイミング悪いあるあるだな」

香南「馬鹿言ってないで、早く解きなよ。助けを借りるあては断たれたんだから」

邦洋「やはり、良平は数に入ってないな」

良平「ああ。すでに使えないやつ認定されてるんだろうよ」

香南「そだ。今から謎部の部室に言ってさ、富士山の胸倉つかんで答え聞き出せばいいんじゃない?」

フォロワー以上限定無料

フォローしていただくだけで無料プラン限定特典を受け取ることができます。

無料
\いいね・ツイートで応援!/

記事を検索