Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

わたわた

わたわた 2020年11月07日 12:35

コント「もみじ狩り」

久しぶりの新作です。
寒くなったら色づくもみじ。もみじ観に行きたいなあ。でも「もみじ狩り」って表現、変じゃないですか。潮干狩りやキノコ狩りは報酬をゲットできるのに、もみじ狩りは、絶対、ちぎったら怒られるじゃないですか。今回はそんな疑問からできたコント。でも、思考とは全然ちがう方向に行ってしまったコント。どうぞ~。


コント「もみじ狩り」

出演 三郎 恒子

恒子「ちょっと、どこまで行くの」
三郎「あ?」
恒子「こんな人気(ひとけ)のない山の中、どんどん先に進んで。帰れなくなるよ」
三郎「帰る?何で」
恒子「だって、暗くなったら、道に迷っちゃうかもしれないし」
三郎「馬鹿だな、恒子は。山の中で遭難しても、北極星があるから、迷わないの」
恒子「遭難しないこと考えようよ」
三郎「大丈夫だ。任せとけ。ぜったいに、でっかいもみじ見つけてやるから」
恒子「誰も、こんなもみじ狩りやってないよ。ただ、もみじ見て、楽しむだけでいいじゃない」
三郎「それはちっぽけなもみじで我慢せざるを得ない、臆病者の妥協策ってとこだな」
恒子「どうでもいいけど。第一、こんな杉山の中に、もみじなんてあるはずないよ」
三郎「諦めるな。諦めたものには、絶望という道しかない」
恒子「道すらないよ。草の根かきわけて、こんなところ・・・」
三郎「草の根をかきわける?草の根は土に埋まってるだろ」
恒子「そういう話じゃないの。あ~あ、もみじ狩りなんて来るんじゃなかった。三郎、もどろうよ」
三郎「分かってないな、恒子は。ゴールドラッシュも、ツチノコ探しも出会う確率は万が一、しかし見つけたときの幸福のために、みんな必死になる」
恒子「みんなじゃなくて、一部の変人だけだよ」
三郎「変人でけっこう。世界の偉人の多くは、昔から変人と呼ばれてたんだ」
恒子「偉人になればね。変人で終わる人も多いんじゃない」
三郎「一理ある。確かに、見つけないうちはそうだ。しかし、誰も発見したことのない、でっかいもみじを見つけたら、おれたちは最高の幸福を手に入れることができる」
恒子「幸福ランキングでは最低の部類だと思うけど」
三郎「見つけないうちから、値踏みするな。ほら、探せ」
恒子「探してるよ。てか探し疲れたよ。三郎、もどろうよ」
三郎「だめだ」
恒子「わたしがこんなに言ってるのに?」
三郎「だめ」
恒子「三郎、もどろうよ、三郎、もどろうよ、三郎、もどろうよ」
三郎「何回、言っても無駄だから」
恒子「三郎、もどろうよ、三郎、もどろうよ、もどろう、さぶろうよ」
三郎「おかしくなかったか、今」
恒子「え」

フォロワー以上限定無料

フォローしていただくと、続きをお読みいただけます。

無料

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
わたわた

わたわた 2020年10月03日 11:32

『願いの果実』後記(脚本ではありません)

どうも、わたわたです。
初めての連載、ということで。楽しくやらせていただきました。

そもそものきっかけは、「公演中に迷子放送入って、それを事故にせずアドリブで回避すると面白いだろうな」という案から。で、粗筋を立てる・・・つまりプロットを組んでみました。

①脚本の読み合わせ
②部内でトラブル勃発
③部員間の関係ぎくしゃく
④何とか元通り
⑤公演当日で迷子放送が流れる

みたいな。まあ、公演当日だけだと尺が持たないから、準備期間で青春ドラマして、最後につなげようって。いつもこんないい加減な感じでスタートしてます。

ところが、いざ執筆を始めると、キャラクターが勝手に動き回りますので、探偵部の調査に対して香南がクレームをつける(むしろ暴行)とか、香南が持ってきた新しい脚本に対して、謎部の謎で対抗するとか、ちっとも計画になかったんです。

ほんと、なぜそうなったかよく分からない。だから、脚本的にも、彼らが話し合って案を決定する場面が描かれませんでした。もう、決まったことだから、と。

それから、ヒロインである香南が幸せになることだけは、いつも考えていました。カナってタイプしても出てこないので、いつもコウナンってタイプしてた香南。

彼女はアイドルを目指す純粋な乙女です。でも、プロデューサーに片思いし、いいように弄ばれ、もやもやした状態で演劇部に入る。ところが、演劇部の入門テストよろしく、秘密を暴かれ自暴自棄になっていく香南。女帝を演じ、価値観を押し付けつつも、自分の立ち位置を不器用に探し続ける彼女は、部員たちの心に新しい光を生みます。

なんか、人間関係って、一度ぶつかって、お互いぐちゃぐちゃになってからが、本番じゃないかと思うんです。そこで逃げる人って多いじゃないですか。あの人と合わないって。そう言う人って相手の何を知ってるんだ、と思います。誰だって苦労するし、誰だって悩むし、誰だって良く思われたい。そんな人間の所作すべてを愛することができたら、それが演劇部の神髄じゃないのかって。

最後に、香南にとっての幸せは、アイドルになることではない。アイドルとしての自分の生き方を確立することにあるんじゃないかと思います。最近のテレビドラマは復讐劇がヒットしてますが。スリルとか顔芸とか、その場その場の興奮材料には良いのだろうけど。後味悪いんですよね。結局、人を蹴落とす人間って、幸せにはなれない。

芸能界ってシビアだから、人気が出るためには人より秀でたものが必要なんですね。料理がうまい、DIYやってる、歌がうまい、頭脳で勝負できるとか、みんな演技一本でなく、多趣味。むしろ趣味を持つことが仕事みたいな。「その趣味って、キャラづくり?」と思ってしまい逆に引いてしまうことも。目立つことは大事だと思います。でも、目立つための最短ルートばかり考えていると、個性を磨くという本質を見失い、結果、流行り廃りの波に飲まれてしまうのではないでしょうか。

『願いの果実』は、個性の象徴かな。どんぶらこと流されて、自分の個性をしっかり磨きながら大きくなる果実。いつか自分で辿り着く島が選べるようになるまで、流されて、流されて。海面は漂う果実でいっぱいですね。

何はともあれ、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
よい秋を過ごせますように☆

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
わたわた

わたわた 2020年10月03日 02:46

脚本『願いの果実』エピローグ

脚本『願いの果実』エピローグ

邦洋(くにひろ 20男)
良平(りょうへい 20男)
浩太(こうた 20男)
香南(かな 19女)

 明かりがつく。良平が酔いつぶれて、川辺でぐったりと座りこんでいる。そこに香南が水を持ってやってくる。

香南「あれ、一人にされてるじゃないですか。はい、水ですよ」

 良平、水を無造作に取り、飲む。

良平「モー飲めんわい」

香南「牛になってんじゃん。良平!文化祭はもう終わりましたけど!」

良平「終~わった?」

香南「そう。打ち上げも終わったし、終電もなくなったし、みんなタクシーで帰るみたいですよ。良平も、タクシー乗って帰りましょう」

良平「今夜は~月が~きれいでござる……そういうことならバンテリン!」

香南「だめだこりゃ、もはや何の役だか」

 浩太が現れる。

浩太「あ、カナ」

香南「もう浩太、良平を一人にしちゃだめじゃないですか。十歩進んだら川の中ですよ」

浩太「ごめん、トイレ行きたくなって、コンビニ探してたんだ。良平は、水飲んだ?」

香南「ちょっと飲んだだけ、モ~飲めないって」

浩太「最後にワインなんか飲むからこうなるんだよ」

香南「わたし、まだ19ですけど、こんなの見たら、20歳になってもお酒飲みたくないです」

浩太「カナが退部した晩に比べれば、マシだけどな。あのときは邦洋が号泣しててさ」

邦洋「おい、浩太。それは言わない約束だろ」

 邦洋が現れる。

浩太「あ~、酔った勢いで、つい」

邦洋「じゃあ、こっちも酔った勢いで殴っていいんだな」

 邦洋、浩太の胸倉をつかむ。

浩太「どうせなら、酔った勢いで告っちゃえよ」

邦洋「てめえ……」

香南「ちょっと、二人ともやめてよ。これだから酔っ払いはきらい!」

 邦洋、手を浩太から離す。

邦洋「よ、酔っぱらってなんかねえよ」

浩太「他のみんなは?」

邦洋「スタッフはみんな、タクシー乗り合わせて帰った。おれも帰りたかったけど、こいつの介抱が必要だからな」

浩太「とか言って。カナがいるからだろ」

邦洋「なるほどな、浩太。鼻の穴から手つっこんで奥歯ガタガタにされたいってか」

 邦洋が浩太につっかかろうとしたとたん、良平が口をおさえて去る。

良平(声)「ゲロゲロ~」

浩太「あいつの奥歯ガタガタにしてこいよ」

邦洋「やだよ、気持ち悪い。あいつは蛙か」

良平(声)「ゲロゲロ~」

香南「蛙というか、ウシガエルですよ」

浩太「いいね、カナ、乗ってんじゃん」

邦洋「ウシガエルは、まあ、放っておいてだ。カナは今後、どうするんだ?」

香南「私の今後?」

邦洋「ほら、おれたちのせいで、プロデューサーと、あんなことになったからさ」

香南「岩上のことですか?あいつとは絶交です。金輪際、会わないつもりですから」

浩太「会いたくても、今は会えないところにいるけどな」

香南「え。捕まったんですか、あいつ」

浩太「探偵部の情報筋では、一時的に拘留されてるみたいだ」

香南「あの一件でですか」

邦洋「いや、あいつ、実はDVで訴えられていたらしいんだ。しかし、確たる証拠が無くて、検挙できず。結局、奥さんは子どもを連れて離婚。ところが、岩上は親権を取り戻そうとしてきた」

香南「そんなところまで調査したんですか、探偵部は」

浩太「カナが探偵部に乗り込んでわめき散らしただろ。あれで探偵部のやつら、我が部の威信に関わるって本気になってさ、岩上亮の身元をしらみつぶしに調査したらしい。やつらの推理では、岩上は文化祭に来たアキラを誘拐し、自宅アパートに監禁するつもりだったのではないかということだ」

香南「でも、アキラくんが文化祭に来るって、どうやって分かったんでしょうね」

浩太「何でも、岩上は盗聴器をつけて家の中の会話を聞いてたらしいぜ。その電波をジャックしたのが、無線同好会のやつらだ。探偵部の配下には無数の同好会がいるからな」

邦洋「おい、浩太。その辺にしとけ」

香南「今、思ったんですけど。その情報、文化祭前に仕入れてますよね」

浩太「え」

良平(声)「ゲロゲロ~」

邦洋「さ、蛙も鳴いたことだし、そろそろ帰るとするか」

香南「おかしいと思ったんですよ。どうして、アキラくんが迷子になって、どうしてあいつがアキラくんに会いに来て、どうして演劇部の舞台にいたわたしと会話できたのか」

浩太「やば、リーチ」

香南「もしかして、全部、仕組んでたんですか。あいつとわたしを別れさせるために、何から何まで、あなたたちの脚本だったんじゃないですか」

浩太「ビ、ビンゴォオオオオオオ!」

フォロワー以上限定無料

フォローしていただくだけで無料プラン限定特典を受け取ることができます。

無料

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
« 1 2 3 4 5 6 7

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索