くすり屋の良佳さん/カエルのきもちさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

新型コロナウイルスについて 2020年10月8日10時現在 陰性証明は必要か?

新型肺炎の情報から38週(266日)ほど経ちました

そんな中、以下のニュースが

コロナ「陰性」証明、ニーズ高まる 県外出張・お見舞い… 相場は2万~4万円台(中国新聞デジタル)(2020/10/12)
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac8a7c6925d6cb3a4ba2b48ffe6944192ec5df52

コロナの陰性証明は全く意味がありませんのでやるだけお金の無駄です。
そのお金で同人誌をポチってください。

では何故無駄なのかというと、

・陰性証明を受けた時点で陰性だと分かっても、生活している間に感染してしまう可能性がある からです

これが肝炎ウイルスのように感染経路が血液や性行為だと分かっているウイルスなら特定出来ますので証明をする意味もあります。
ただしSARS-CoV-2は飛沫感染するということが分かっています。となると日常生活をしている以上、感染するリスクはある訳ですし、誰から感染したかということは分かりにくくなります(濃厚接触者を虱潰しに調べるしかありません)


そういえば過去にこのような記事がありました
コロナ検査バブルで暴利を貪る輩の正体(2020/8/28)
https://dw.diamond.ne.jp/articles/-/29770 

前半難しい話なのですっ飛ばして構いませんが、要約すると「受診者が少なくなって利益が出なくなった病院が、コロナの検査をして一儲けしよう」ということです。


では真面目に医療を行っている医者はどう考えているのか、伊賀市の某医者に聞いてみたところ

・申請や事務員の確保や設備投資に手間がかかりすぎる
・コロナウイルスの検査をすることによって、「あの病院に行くとコロナが移る」という風評被害が出るのではないか

真面目に医療を行っている医者ほど慎重です。(この話は保険適応させるための話かも知れません)

ではどんな医者がやっているかというと、そういった風評被害などを気にしない、俗にいう代替医療系の病院が行っていると考えると辻褄が合いますね・・・・。


週刊ダイヤモンドの記事にも
>「ぼったくりにも近い診療所や、医療とは何の関係もない、コロナバブルに乗りたいだけの業者をもうけさせることに、国が一役買ってしまっている」と憤る。

とありますので、まず間違いないでしょう。


需要と供給のバランスが成り立っているので商売として成り立っているようですが、ウチをお気に入り登録している人は間違っても「陰性証明」を受けに行かないでください。
そんな金があるなら、ウチの同人誌を入手して、友達や同僚や上司に配ってくださいw

\いいね・ツイートで応援!/