R-ion/要餅 Apr/10/2024 22:57

イドコロあれこれ(制作のあれこれ編)

ごあいさつ

こんにちは。見てくれてありがとうございます。この記事は拙作【ナツノイドコロ】のネタバレを多分に含みますのでご注意ください。シークレットバッジまで取ってくれた方向けです。

▼いままでの記事
キャラ紹介編
https://ci-en.net/creator/24466/article/1114632

シナリオ解説編
https://ci-en.net/creator/24466/article/1115246

はじめに

この作品や原案となった創作とかについてあれこれ語ってます。たぶん一番どうでもいい内容。比較的短めになると思うので気楽にお読みください。

制作のきっかけ

いろんなところで言っているような気がしますが、ティラノフェス2023の応募締め切りまでに2週間ほど時間があってそわそわしており、何か作れないかな~と考えていたところ、ちょうど短編ゲームにできそうな案があった…という感じです。それだけです。なので本編は10日で作りました。シナリオは4日で書きました。ちなみに本作で初めてシナリオを完成させてからもろもろの作業をしました。(いままで同時進行だった)一日にスチル二枚描いたりして大変でしたね…でも楽しかったです。バグ修正の時間がなくて致命的なフリーズバグが残ったまま出してしまったのは反省しております…(今は修正済みです)
もともと密かに動かしていた創作がたくさんあったので(みつめ・樹怪もそう)たまにこんな感じに勢いで形になってしまうことがあります…いつも勢いでゲームを作ってます。でも今回は比較的計画的にやってます。じゃないと10日で作れないので…

アプデについて

本当はバッジとバックログへの文章の追加だけの予定でした。一週間くらいでやる予定だった。無茶すぎる。結局おまけシナリオやら隠しキャラやらがくっついてきて結局3週間くらいかかりました。本編より時間かかってる。まあいろいろ追加できましたし好評だったので良しとしましょう。バッジはほぼ一日で描いた記憶。バックログ追加文章の実装にもあまり苦労はしなかった気がしますが(いろんな解説記事のおかげです…感謝…)おまけシナリオはかなり苦戦しましたね…話として書き上げた没シナリオが二編ありますし…それも次の記事で公開します。副読本に収録するつもりでしたので…あとスチルも灰エンドに追加するだけ(いろいろわかりやすくするため)のつもりだったのにおまけシナリオにも入れたくなったおかげで8枚描くことになったのも大きいです。白のおまけに至っては三枚入れてる…計画性とは。合計スチル数は16枚です。ほとんど背景描かなかったとはいえ制作期間に対して私にしては多い。時間とスペースの関係でCGモードを作らなかったのでどこかでまとめたい。

バッジについて

今作にもバッジを実装しました。各エンドとクリアバッジとシークレット、合計五つです。全て回収していただけたでしょうか。シークレットバッジはまあまあ分かりづらいところにあるのでちょっと心配です…バッジのデザインに入れている花にはちょっとした意味があります。本当にちょっとしたフレーバーテキスト的なものですが…あと、人物のうしろにある四角形の形も真白はそのまま、緋色は少し欠けている…というように、キャラごとに変えています。とくに意味はありませんがデザインに共通点があった方がいいかなって…。
バッジっぽいちんまりとしたかわいいデザインになっていてとても気に入っているので、ぜひ回収してほしいです!取得時の一言もいろいろ考えたので考察してみてください。これは誰のセリフなのか…とか。

取得時の一言、エンド回収時のものは実は全文あります。長すぎるので一言だけにした感じです。せっかくなのでここに収録します。本当に短いですが…

「灰色の結末」
朝7時。いつものようにニュースを見る。朝の特集は昨日起きた事件で持ちきりだ。うちの学校の近くで起きたらしい。知っている町、知らない子。なんてことない、日常の中の悲劇。いつものように誰かが死んで、それを取り上げる誰かがいる…それだけだ。
ーなら、この胸騒ぎは、何なのだろう。

「黒い結末」
夕方四時、部屋に西日が差し込む。少し手が痛くなって目をこする。ぼやけた視界を怯える瞳が貫いた。かわいい愛しい、ただひとりのあなた。あなたはわたしのひとつだけの希望なの。この痛みと汚れでいっぱいの世界の中の、大切なもの…そんなの、ひとつだけ。
ーあなたのことが大好きだから。

「白い結末」
午後三時、今日も飴を舐める。ひんやりとした感触が傷に染み入るようだ。あの人の声が、顔が…口の中で消えていく。ボクはそれを見送ることしかできない。それでもいい。たったひとつの救いは、あの日の幻想。傷も恐怖も消えないけれど、ーそれでもボクは、生きてやる。

原案となった創作

※本編の雰囲気ぶち壊しの内容です。嫌な方は飛ばしてください。





この【ナツノイドコロ】という話には実は原案があります。X見てくださっている方は知っているかもですが…あれです。エイプリルフールのネタにしたやつです。

https://twitter.com/Rionsousaku183/status/1774451601769639971

▲エイプリルフールのポスト。4月1日の嘘は実現しないとかいいますがまあ実現しそうにないからネタにしたわけで…

昔作った「緋に染まる」という創作です。いわゆる黒歴史的なものですが3年近く擦っています。まあざっくり言うとやばい奴だらけの気の狂ったBLですね。いろいろとひどいので内容は詳しく話しませんが…スチルと説明文がすべてを物語っている。というかちゃんとした本編すらないのであんまり話せない。この話はその10年前のif世界線的なものです。ややこしい。
「気の狂ったBLが見て〜」という最低な欲望から生まれた創作です。たぶんこれ考えてたときの私疲れてた。見ての通りまともな奴がいません。もう収拾がつきそうにないので諦めて遊んでいます。創作ってそういうもん。
めちゃくちゃな創作ですが無駄に3年擦ってるのでキャラ設定がやたら細かいです。(キャラ紹介編だけで5000文字くらいある。しかもこれでも全部書ききれてない。)イドコロの原型となるお話自体は結構前から考えていて、これはまだ綺麗だし何らかの形で出せたらな〜と思っていました。つまりはセルフ二次創作。本編の雰囲気台無しですね。すみませんこんな話して…
無駄に擦ってるので話したいことがたくさんですが、きりがないのでこのへんにしておきます…また何か機会があったらお付き合いいただけたら嬉しいです。

記事の感想について

ここだけ見る人もいると思いますので一応。
全体公開なので好きにつぶやいてくださって大丈夫です。本編のネタバレを含む内容の場合はワンクッション挟むなどの配慮をお願いします。

さいごに

ここまで見てくれてありがとうございます。いつもより自己満足色が強いですがちょっとでも面白いと思ってもらえたら嬉しいです。次はアプデの過程で没になったシナリオを紹介する予定です。記事はほぼできてるので早めに更新できると思います。お付き合いいただけたら幸いです。

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles