SukeraSparo/Sono Dec/24/2022 18:00

『澪菜さんは甘やかしたい 〜隣に住んでるお姉さんに看病される話〜』発売記念【安齋由香里】インタビュー

昨日、2022年12月23日(金)百合音声サークルSukeraSono【百合体験】の最新作『澪菜さんは甘やかしたい 〜隣に住んでるお姉さんに看病される話〜』が発売されました!!

【百合体験】澪菜さんは甘やかしたい 〜隣に住んでるお姉さんに看病される話〜【CV:安齋由香里】

発売を記念して、”あなた”が憧れる隣のやさしいお姉さん『澪菜さん』を演じていただいた安齋由香里さんのインタビューをお届けします。

安齋さん、よろしくお願いします!


●ご自身について

――自己紹介をお願いします

安齋由香里さん(以下、安齋さん)
『澪菜さんは甘やかしたい』にて松木澪菜役を演じさせて頂きました、安齋由香里です!
よろしくお願いいたします。

――「百合」についてお伺いしてよろしいでしょうか?

安齋さん
百合にはじめて触れたのはアニメ作品だったのですが、その時になんて美しい世界観なんだろう!と好きになって、今でも百合作品は漫画などでよく読んでいます。表現が美しいけど人間らしい感情が見えたり、儚さや切なさを感じる作品の中で描かれてる女の子たちの関係値が大好きなのですが、百合作品ではそういう作品に触れることが多かったです。

――この作品はいわゆる「音声作品」と呼ばれるジャンルとなりますが、「音声作品」というカルチャーはご存じでしたか?

安齋さん
はい!ここ数年で音声作品にとても興味を持って、いつかお仕事できたらなと思っていたのでお話いただいた時はとても嬉しかったです!百合作品も好きだったので実はSukeraSonoさんも存じ上げていました!

●キャラクターについて

――安齋さんからみた澪菜はどんな女の子ですか?

安齋さん
根がすごく優しくて、とても献身的な子だなと思いました。基本的にはみんなに優しいタイプなんだとは思いますが、親しい子や好きな子には特にそれが増すのかなと思いました。献身さ故に距離感近めなシーンがあるのですが、多分半分くらい無意識で行動していたのかなと思ったので、澪菜さんって少し天然なところもあるのかな?と思ってシナリオを読んでました。

――始めてこのキャラクターに出会った時の印象は? また、ご自身と似てるところはどんなところですか?

安齋さん
かわいい!!と声を出してキャラクターデザインを見て、そして原稿を読み終えた後には、隣に住んでたら絶対頼ってしまいそうだし、これでもかってくらいに甘やかされて私ダメになってしまうのでは…と感じました。私ものんびりしている方だったり、自分の親しい友達にはなんでもしてあげれたらなって思うので、性格的には近いなと感じる部分は多かったのですが、確実に澪菜さんの方が包容力があるなと「私」ちゃんに対して尽くしているシーンを読んでて思いました。

――役にはすぐに入っていけましたか?それとも苦労しましたか?

安齋さん
澪菜さんの話し方やこういう時にこう言うかな?みたいな所は、普段の自分と結構似ていたので澪菜さんってこういう子なのかな?という全体像は掴みやすかったですし、そこから役にもすぐに入っていけたと思います。「私」ちゃんを想像すると、より自然に没入できた感覚はありました。


●音声収録について

――収録までにどんな準備をされましたか?

安齋さん
音声作品の経験が浅い分、事前準備としてSukeraSonoさんの作品と、シナリオを書いてくださっている淡乃晶さんの作品には触れておきたいなと思い5作品ほど購入して聴いてました。あと「私」ちゃんとの会話は全部想像して埋めていきました。一箇所ここの息遣いはどうすれば…と思うシーンがあったのですが、想像力を働かせたり、今まで観た映像作品を思い出したりして、その上で澪菜さんならどうするかな?と考えて試行錯誤していました。

――収録はいかがでしたか?

安齋さん
電話をするシーンがあるのですが、本当に電話をして収録をしたことがすごく印象に残っています!マイクの耳元に携帯を置いて、自分はブースの外で話すという形で収録をさせていただいたのですが、音も演技もリアルな質感が出たのではないかなと思います!

――澪菜を演じられていかがでしたか?

安齋さん
とても楽しかったなという気持ちで収録を終えたのを覚えています。澪菜さんに対しての印象は台本を初めて読んだ時と大きく変わらずだったのですが、収録でディレクションを頂いたり、後半の方になってくるとより澪菜さんと目の前に「私」ちゃんを感じて演じれた分、演じている内に変わっていったこともあると思います。

――澪菜を演じる上で一番こだわったことはなんですか?どんな部分が難しかったですか?

安齋さん
自然体で「私」ちゃんと会話をすることを1番に心がけました。本当に隣にいて話してくれている、という感覚を得れるのが音声作品の私の好きなところだったので、そういう部分は聴いてくれている「私」ちゃんが感じてくれたらいいなと思って演じていました。

●『澪菜さんは甘やかしたい』について

――初めて台本を読んだとき、作品の印象はどのようなものでしたか?

安齋さん
私、このお話好き!となりました。作品全体が纏う雰囲気や2人の関係性が好きなんです!2人の間に漂う空気感がとても良くて…。まだ恋人同士じゃない2人が、看病を通して更に心の距離を詰めていく過程が本当に可愛くてすごくよかったです。読み終わった後の満足感と、これからの2人がどんな感じになっていくのかな?という想像が捗りました。

――安齋さんの思う『澪菜さんは甘やかしたい』のみどころは?または、おススメのシーンはどんなところですか?

安齋さん
澪菜さんの雰囲気がそれまでと違くなるシーンがあるんです。多分だいぶ違うので聴いていて気づくと思うのですが、私はあのシーンで澪菜さんに対して「私」ちゃんが抱いている印象ってどんな感じなんだろうと興味をすごく駆り立てられたし、実はこういう一面も実はあるのかな?と思えてすごく印象深かったです。そのシーンの2人の空気感もすごい好きだったのでぜひ見つけてもらえたらなと思います。

――最後に作品を待つファンの皆様へメッセージをお願いします!

安齋さん
改めまして松木澪菜役を演じさせていただきました、安齋由香里です。澪菜さんと「私」の物語を聴いて、実際に澪菜さんが隣に住んでいると思ってもらえたら嬉しいです。いっぱい甘やかされていると思いますので、沢山癒されて欲しいです。ぜひ『澪菜さんは甘やかしたい』を楽しんでくださいね!

――ありがとうございました!

勉強熱心な安齋さん!是非、別の機会に他の #百合体験 の感想も聞いてみたいですね。人肌恋しいこんな季節には『澪菜さんは甘やかしたい』オススメです。感想、レビューもよろしくお願いします!!


安齋由香里


●プロフィール
・CUE!(夜峰美晴)
・アイドルマスター シンデレラガールズ(西園寺琴歌)
・もういっぽん!(滝川早苗)
公式ツイッター

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles