わたわたさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

わたわた

脚本『願いの果実』第3章「アドリブ オン パレード」その4

脚本『願いの果実』第3章「アドリプ オン パレード」その4

邦洋(くにひろ 20男):【配役】長者・若者
良平(りょうへい 20男):【配役】願いの木・老いた牛
浩太(こうた 20男):【配役】従者
香南(かな 19女):客として観ている。
斎藤(さいとうまじめ 20男):声のみ。アナウンス部員。
迷子(えぐちあきら 5男):声のみ。文化祭の途中、迷子になった。
岩上(いわがみりょう 42男):声のみ。迷子の父親。

 暗転中、ピンポンパンポーンと学内放送が鳴る。

斎藤(声)「迷子のお知らせです。5歳の、エグチアキラくんという男の子をお預かりしています。保護者の方は、A棟2階アナウンス部室までお越しください」

 照明がつく。
 木は無い。浩太(従者)が倒れている。
 浩太が起き上がると、手に、桃をにぎりしめている。

浩太(従者)「あれ、この桃は・・・長者様、長者様!」

良平(牛)「ンモ~」

 良平が現れる。

斎藤(ナレ)「牛は、長者の車をひいてきた牛でした。車は雷が落ちて真っ黒に焼け焦げています」

浩太(従者)「なんてことだ、長者様の車がこんなことに。しかし、牛が無事とは、何たる奇跡!どこにも、傷を負っていないようだが」

良平(牛)「ンモ~、こそばゆい」

浩太(従者)「え」

良平(牛)「あんまり体を撫でまわさんでくれんか。こそばゆくなるからモ~」

浩太(従者)「牛が話した?まさか、さっきの雷で」

良平(牛)「あ~のどがかわいた。水を飲みたい。これ、あんた。水くれんかモ~」

浩太(従者)「信じられないが、本当らしい。待て、今、川に連れていってやろう」

 浩太(従者)、良平(牛)を連れて歩く。

斎藤(ナレ)「従者は、牛を近くの川に連れていき、水を飲ませようとかがみました」

迷子(声)「ね~。ママ、まだ来ないよ。もう一回、放送してよ」

良平(牛)「虫がうるさいモ~」

邦洋(長者)「や~ボク、拙者と遊ぶでありんすよ」

 邦洋の声が響き渡る。

迷子(声)「わーい、おもしろいお兄ちゃんだ。ピエロみたーい」

邦洋(長者)「ほうれ、ほれほれ」

浩太(従者)「長者様の声。もしや近くに」

邦洋(長者)「ママが来るまで、近くで遊ぶでありんす。来たら連絡を」

迷子(声)「ね~もう一回、やって~」

邦洋(長者)「ほうれ、ほれほれ」

 迷子の笑い声が遠ざかる。

浩太(従者)「長者様!長者様~!」

良平(牛)「あ~、川の水はうまいモ~」

浩太(従者)「やはり長者様だ。飲み終えたら長者様を探しに行きましょう」

斎藤(ナレ)「そのとき、従者の手から、桃が落ちてしまいました」

浩太(従者)「あ、しまった。おいしそうな桃だったのに」

良平(牛)「モ~ったいない、どんぶらこと流れていったモ~」

浩太(従者)「この川を下ると、わたしの故郷があるんです」

良平(牛)「故郷?あんたはよそで育ったのかい」

浩太(従者)「はい。わたしはみなしごでしてね。おばあさんに拾われたんです」

良平(牛)「ほお。ええ話の予感がするの」

浩太(従者)「おばあさんは悪い人ではありませんでしたが、料理の腕がひどくて。きび団子なんて、食えたもんじゃありませんでした」

良平(牛)「きび団子とな」

浩太(従者)「ああ、あのきび団子。においはいいが、食べたら最後、三日三晩苦しむことになるんです。犬と猿ときじに食わせたことがありましたが、もう、のたうち回って、犬はそこらじゅうに噛みつくわ、猿は苦しみ悶えて引っかくわ、きじはつっぷして倒れる始末」

良平(牛)「おかしいモ~。黍で作った団子なのにモ~」

浩太(従者)「いや、おばあさん、何を思ってか、団子にシキミをすりつぶして入れていたらしいんです。シキミは猛毒。初めはシキミ団子と言っていましたが、みんな食べるのが厳しいんで、キビシイ団子、キビ団子になったんです」

良平(牛)「それでキビ団子とは。しかし、おばあさんは自分で食べて何とも無いのかモ~」

浩太(従者)「おばあさんは頑丈でしたから。村では、正体は鬼じゃないかと怖れられていたんですよ」

良平(牛)「鬼とな」

浩太(従者)「ほがらかな笑顔で毒の団子を作るものですから、みんな参っていましたよ」

フォロワー以上限定無料

続きを読むには、フォローしてください。無料プランがUNLOCKされます。

無料
\いいね・ツイートで応援!/