Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

CANDY VOICE

CANDY VOICE 2021年03月08日 18:00

【ねこぐらし。】コラット猫(CV:佐倉綾音)序章

いつもご支援頂き、ありがとうございます!
CANDY VOICEです。

本日はコラット猫の序章をアップ致します。
公式HPに猫娘たちの序章をアップしておりますので、是非ご覧頂ければ幸いです。「ねこぐらし。」の主人公になった心地で、ASMR音と物語を楽しんで頂けたら幸いです。

ねこぐらし。公式HP 
https://necogurashi.com


【序章〜コラット猫の場合〜】

ボクには、若い猫娘たちのような過去はないんだよ…。
どうやって“猫鳴館”にたどり着いたのかもわからないし、元々 、“人”なのか、“生き物”なのかさえわからない。だからね…心のどこかで、最近の若い猫娘たちのこと羨ましいって思っているのかも…

物心ついた時には一人だったし、ずっと暗闇を彷徨って、幽世の世界しか知らなかったボクを救ってくれたのが、ここ“猫鳴館”…。もう100年以上も前の話だけどねw

最初は何が何やらわからなくてさ…
他人と話したこともなかったし、ましてや誰かのお世話をするなんて考えもしなかったけど、当時の猫神様や、アメショ姉さまが手取り足取り教えてくれて、辛い時も、楽しい時も、ずっとそばに居てくれたんだ。ブリショ姉なんかは実の妹みたいに可愛がってくれたし、逆にバーマンなんかは実の妹みたいにイラッとくる時あるしw

ボクはここに来て…初めて“愛情”を知った…。

孤独から生まれたからこそ、誰かを素直に愛せるようになったのかもしれないね…。
ふふっ、悲しいのか嬉しいのかわからないねw

今から、猫神様がやろうとしていること…そして、アメショ姉さまが考えていること…。
ボクは生まれながら勘がいいから、なんとなくわかっちゃうんだよね。。。

キミはまだ昔のこと、思い出せてないかな…?
ふふっ、今はまだそれで良いと思う。

ただね、ボクはこれからどうなろうとも、みんなを好きでいたいし、そのために出来る限りのことをしようと思ってる!

若い猫娘たちが…もし戻りたいというのなら…その時は…。

〜つづく〜

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

  • DLsite作品

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索