フロントビューバトルとサイドビューバトル

戦闘ビューについて



唐突ですが、制作中のRPG、
『時を診る猫』の戦闘画面はフロントビューバトルです。





これって適当に決めたわけではなく、ちゃんと理由があります。
決して横向きのキャラを作るのが面倒だったというわけではない





それは、時を診る猫は主人公の名前を自分で決めることが出来ますが、
これは誰かの物語ではなく、あなたの物語、という体だからです。





フロントビューバトルはいわばFPSであり、
サイドビューバトルはTPSですよね。





これ気付いた時ハッとなったんですが、
ドラクエはフロントビューバトルで、
FFはサイドビューバトル……





ドラクエは自分が主人公の物語であり、
(主人公の名前を自由に決められる、主人公が喋らない、等…)
FFは誰かの物語……
(主人公はセシルやバッツなど、誰か)





ちゃんと意識したのかどうか、
それにあつらえたかのような戦闘ビュー設定になっている。





名作はさすがだな、と思いました。





自分の作る物語は、誰かの物語を見るのではなく、
自分自身が体験しているかのように
感情移入が出来て没入出来ることを大事にしているので、
自ずと「あなたの物語」形式になるんですが、
そうなると戦闘ビューはフロントビューバトル一択になります。





作によってはイレギュラーで
サイドビューになることもあるかもしれませんが、
そういう思いを持ってビュー設定をしています。

Search by Article Tags

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles