SukeraSparo/Sono Mar/16/2023 19:00

PLAY BACK THE MEMORY -夏藤なゆ-

PLAY BACK THE MEMORY -夏藤なゆ-


❇︎


ひとりぼっちは、慣れっこ。

学校での一日なんて、
机の上に突っ伏して音楽を聴くか、
図書室で借りた本を読んでいれば、
さっと、瞬く間に、過ぎゆく。

もし学校にいかなくていいなら、
家にいてスマホ触るか、ゲームするか。
部屋に篭ってダラダラすることでしょう。

学校に通うという細い糸で、
なんとか私は世界と繋がっている。
正直ギリギリ。かと思われます。


❇︎


中学の頃は、今よりも社交的だった。
でも周りと趣味や考え方が合わないことが多く、
結局「話さない方が楽かも」というひねくれた結論に至ってしまった。

しかし極力人と話さない日々が続くと、
自分がどんな声を持っていたのか忘れてしまう。

たまに話しかけられると、
瞬時に対応できず、思うように声が出ない。
その度、醜態を晒してまい、後でこっそりため息をつく。

独り言やファミくまに向かって話すときは
溢れるように言葉が出てくるのになあ。

一度だけ「独り言を話すように会話してみよう!」と試みたけど、
そもそも話しかけているのかどうかわからなかったらしく、
相手を混乱させて微妙な空気になった。

なかなかどうして、上手くいかない。

まあ話せなくても出来る仕事は、この世にたくさんあるし。
別に一生、このままでもいいかな。

どこかでそう思っていた。


❇︎


高校一年生の秋。

雨の匂いと湿気でうんざりして早く帰りたかったが、
そういう日に限って掃除当番だった。

一緒の当番になったのは、
まだ一度も話したことがない子だった。
その子は、クラスであまり目立たない感じではあったが、
優しく朗らかな雰囲気は遠目でも伝わってきていた。

ゴミ捨てや掃除する箇所の分担を決めて、さっと会話を終わらせる。
お互いに無言で、淡々と、掃除をしていく。

私の話し方がぶっきらぼうなこともあってか、
いつもならすこし気まずい空気になるのに、
なぜか彼女といる時は、その喋らない時間が嫌じゃなかった。

こんなことは初めてだったので掃除を終えた後、
とっさに聞いてしまった。

「私、嫌な感じ出てませんでしたか…?」

彼女は一瞬目を丸くしたのち、すぐ微笑んで、
「そんなことないよ」と伝えてくれた。

そして私の目をみて、流れるように自然に、
魔法のような「言葉」をくれた。
生まれてはじめて言われたその言葉に私は高揚と動揺に包まれ、
その場から逃げるように立ち去ってしまった。

さっきまで煩わしいと思っていた雨の音が心地よく響く。

話さない方が楽なのに。
ひとりぼっちでいいと思っていたのに。

たった一言で、世界が変わってしまった気がした。


❇︎


これはきっと、気の迷い。

帰ってゲームして配信して眠って。
明日からもまたいつものような日常を過ごすだろう。

変わるはずがない。
私が、変われるはずがない。

あんな優しい人と私が交わる奇跡はもう起きない。
気持ちに蓋をして謙虚に生きよう。
それがいい。それでいい。




……ほんとに?




『はつこいリターンズ!~ミステリアス声優は上手く喋れない~』
夏藤なゆ編は好評発売中!

https://www.dlsite.com/home/dlaf/=/t/s/link/work/aid/sukerasparo_sono2/id/RJ01026607.html

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles