蔦森くいな Feb/17/2024 18:00

日常のごほうび、ゲームのようにアップデートしよう! #人生を楽しむゲームデザイン

✨人生を楽しむゲームデザイン✨

🎮個人ゲームクリエイター「蔦森くいな」が、ゲーム開発のかたわら、人生をゲームのように楽しく攻略していきます!🎮


今週の日常漫画

「今年の冬はヤバイなぁ……」


現在手がけている作品

『少年期の終り』

インディーゲームレーベル「WSS playground」、ゲームパブリッシングブランド「PLAYISM」、ゲーム制作サークル「ブリキの時計」がお送りするプロジェクト『少年期の終り』の開発に参加しています。

発売時にはぜひお手にとっていただけますと幸いです。
https://www.youtube.com/watch?v=K_1ZPRvYDDQ
https://www.youtube.com/watch?v=ArHZfFsUb40


日常のごほうび、ゲームのようにアップデートしよう!


みなさん、ゲームに夢中になって時間を忘れること、ありますよね?

私たちがゲームに夢中になる理由の一つに、新しいステージへの好奇心やストーリーがどう進むかのワクワク、そしてゲームの中で成長したり、ご褒美をもらったりすることへの喜びがあります。

これらは、ただゲームを操作する楽しみを超えて、成功した時のうれしさや満足感をくれるんですよね。

そして、これが次への一歩を踏み出す力にもなります。


たとえば、『ゼルダの伝説』をプレイするとき、小さな成功ごとにもらえるご褒美が、次の探険のためのモチベーションを生み出します。


同様に、私たちの日常生活においても、新しいスキルの学習をゲームの「レベルアップ」と見立てて、達成ごとに自分自身への「アイテム獲得」として報酬を設けることができます。

さらに、「次のステージに進みたい!」と思う気持ちは、長期的な目標や夢に向かっての好奇心とつながって、毎日の小さな仕事にも大切な意味を持たせてくれます。


ゲームデザインを生活に取り入れると、自分の行動に意味あるご褒美を設定して、持続的なやる気を作り出すことができるんです。

日々の挑戦をゲームの「ミッション」や「クエスト」だと思って、一緒に楽しんでいきましょう!

マリオに学ぶ、日常を楽しむ秘訣


私たちの日常にあるご褒美システムは、お金や成績といった「数字を増やす」ことに重点を置いていますが、時間がたつにつれてそのやる気は少しずつ減っていくものです。

例えば、「マリオ」で敵を倒すとスコアが上がりますよね。

0点から100点、200点と増えていくときはうれしいですが、1,000,000点が1,000,100点になったときには、多くの人があまり感動しなくなってしまいます。

ずっと増え続けるだけのスコアよりも、コインを集めると1UPキノコがもらえるようなシステムの方が、ずっとモチベーションを保ちやすいですよね。

ここが、ゲームのご褒美システムを日常生活に取り入れる際の重要なポイントです。


ゲームで「次のステージに進みたい」「レベルアップしたい」「アイテムを手に入れたい」という気持ちは、プレイヤーに持続的なやる気を与えます。

これらのご褒美は、単に数字を増やすだけでなく、プレイヤーの体験や物語の展開と直接関連しています。


このように、日常のご褒美システムをゲームの原則に沿ってデザインし直すことで、私たちは毎日の行動に対する持続的なモチベーションを保ち、最終的には大きな目標を達成する手助けができるのではないでしょうか?

ゲームデザインで日々をアップグレード


目標を達成する過程をもっと楽しく、そして効果的にするために、ゲームデザインの考え方を取り入れる方法はたくさんあります。

運動の習慣づけから新しいスキルの習得、毎日の仕事や家事に至るまで、小さなご褒美を設定することがキーポイントです。

ここでは、実際に私が試してみた方法を例に、このアプローチを実生活に取り入れる具体的なアイデアをご紹介します!

Exclusive to users above "Follower"Free

全体公開の「今週の出来事」に加えて「ここだけのお話」を閲覧できるようになります!

Free

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search Articles