山崎理恵さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事
山崎理恵

雲龍の守り人~9月の短編ファンタジー



        


 誰かが名前を呼んでいる。
 眠いのに。
 ねっとりした沼の底にいるように眠い。
 まただ、また誰かが私の名前を呼んでいる。
 眠すぎて、まぶたが開かない。

「みや」
 しつこい。いったい誰だろう。
「みや。
 みや」

 重たいまぶたをやっとのことで開けると、白く透き通った人が空に浮かんでいた。
「え!!」

 いっぺんに目が覚めた。
「ゆ、幽霊!」
 すると、幽霊が言った。
「幽霊は、みやだよ」

「は?」
 思わずすっとんきょうな声が出た。
 何を言ってるんだろう、この幽霊は。

「何言って・・」
 すると幽霊が、下を指さした。

 私は、空に浮かんでいた。
 マンションの屋上がはるか下に見える。

「え? 何これ、どういうこと?」
 幽霊が答える。
「正確に言うと、まだ正式な幽霊じゃない。
 幽体離脱状態ってことだね」

「な、なんでそんなことに?」
「覚えてない?
 バイクにはねられたでしょ?」
「え?」

 記憶をたどる。
 ゆっくりと、記憶が戻ってくる。
 そういえば、スーパーからの帰り、突然背中に激痛が走った。
 キキーっという音。
 それから記憶がない。
 あれは、バイクにはねられたのか。

「じゃ私、死んじゃったってこと?」
「まだ確定してない」
「死にかけてるってこと?」
「そういうことだね」

 ああそうなのか。
 病気もなく健康でまだ21歳なのに、人はこんなふうに死んでしまうんだな。
 両親が悲しむだろうな。

 すると、幽霊が言った。
「助かる道はある」
「え? そうなの?」
「この子の命をみやにあげれば、みやは助かる」

「この子?」
 すると、幽霊の隣にすうっと小学生くらいの男の子が姿をあらわした。
 ぐあいが悪いのだろうか、横たわって目を閉じている。
 白い着物を着ている。
 なんだろう、どこかなつかしい気がする。

「この子の命をみやにあげれば、みやは助かる」
 幽霊はもう一度言った。

「21歳で死にたくはないだろう?」
「そうだけど。
 でも、この子はもっと若いわ。
 9歳くらい?」

「この子は人じゃない」
「人じゃない?」
「そう。雲龍だ」
「うんりゅう?」

「雲に住む龍だ。
 この子は雲龍の子どもだ。
 弱っていて、どちらにせよこのままだと危ない」
 幽霊が、みやの顔をのぞきこむように見る。

「どうだ?
 この子の命をもらって、生きながらえるか?」
 雲龍の子の命をもらえば、私はまだ生きられるの?
 この子は人じゃない。

 雲龍の子の小さな肩が、息に合わせて小さく動く。
 人じゃなくても、生きている。

「逆はあるの?」 
 みやは聞いた。
「私の命で、この子は助かるの?」
「助かる」
 幽霊が言った。

 みやは、ふうっと息をはいた。
「じゃあ、この子を助けて。
 私はここで死ぬことになっていたんでしょ?
 この子の命をうばってまで、生きようと思わない」

 そもそも、私はこの世界にそんなに執着がない。
 小さな頃から、まわりと合わなかった。
 自分がどこか異人のようにいつも感じていた。
 それは母親と合わなかったからかもしれないし、母親だけではなく性質が他のみんなと違っていたからかもしれない。

 もうずっと、この世界で深い孤独を抱えていた。
 この世界に執着はない。

 幽霊が、みやをじっと見た。
 怖いくらいに。
「本当に、それでいいんだな?」
「うん」

 すると、幽霊の姿がみるみると大きくなった。
 はっきりとあらわれた姿は、白い大きな龍だった。

「あっ!」
 雲龍の子も、白い龍の姿になっていた。

 大きな龍の顔がみやに近づいた。
 食べられる!
 目をぎゅっとつぶると、ふうっと吹き飛ばされた。

 声が聞こえてきた。
「おまえはこれから、この子を守っていくんだ。
 この子がおまえを守ってきたように」


            


 気がつくと、道路わきに倒れていた。
 大勢の人が、みやを取り囲んでいる。

「あ、目を覚ました!」
「だいじょうぶか? 救急車呼んでるからしっかりしろ」

 どこも痛くなかった。
 血も出ていない。
 私、助かってる?
 どうして?

 結局みやは救急車で病院に運ばれたものの、どこもけがをしていなかった。
「奇跡ですね」
 医者も看護師もそう言った。


続きはフォロー(無料)をどうぞ。
全部読むには、「無意識からの言葉」プラン以上にご入会してくださいね。
9月を過ぎてもずっと見られますので、途中入会は損ということはありません。
「無意識からの言葉」プランでは、個別のカード引きや一斉遠隔気功が受けられます。
フォローのしかた、ご入会のしかた、過去月購入のしかた、入会された皆さんへ
 

フォロワー以上限定無料

今すぐフォローをどうぞ! ①詩・エッセイ・雑感など。 ②上位プランの進歩状況などのお知らせ。

無料
【 無意識からの言葉 ファンタジー・カード 】プラン以上限定 月額:1,000円

・ファンタジー作品 月1本(短編、もしくは連載の1本) ・無意識からの言葉(遠隔気功) ・カード

月額:1,000円
プラン詳細
\いいね・ツイートで応援!/
山崎理恵

100万のサービス売れるセールスレターの書き方〜9月の文章術講座

お待たせしました。
無料文です。
短いですが、教えたくないくらい重要なことを言っています。


例文見るとわかりやすいよ。
例文、詳しい説明、テキスト(文章化したもの)は文章術講座で↓
個別に添削を受けたい場合は、個別添削コースをどうぞ↓

いつから始めてもだいじょうですが、3月からやりたいという方は、過去月購入をどうぞ↓
講座ご入会のしかた、過去月購入のしかた、入会された皆さんへ

【 文章の魔術講座でビジネス・人生アップ! 】プラン以上限定 月額:5,500円

【3月開講】 文章の魔術を習得する講座を月1回配信 プライベート・ビジネスの向上に! 下位プラ

月額:5,500円
プラン詳細
【 文章課題添削個別コース 】プラン以上限定 月額:20,000円

月1回の文章添削。 下位プラン見放題(遠隔気功はつきません)

月額:20,000円
プラン詳細
\いいね・ツイートで応援!/
山崎理恵

心理術講座9月号〜自分の力を信じる方法



続きは「無意識からの言葉」へどうぞ、
「自分で稼ぐ力、転機とは」を見るには、「心理術講座」へどうぞ↓
「無意識からの言葉」では、ムダなエネルギーを使わない方法。
「心理術講座」では、さらに自分の力を信じられるようになる方法、などかなり重要なことを言ってます。
フォローのしかた、ご入会のしかた、過去月購入のしかた、入会された皆さんへ

【 無意識からの言葉 ファンタジー・カード 】プラン以上限定 月額:1,000円

・ファンタジー作品 月1本(短編、もしくは連載の1本) ・無意識からの言葉(遠隔気功) ・カード

月額:1,000円
プラン詳細
【 美と知性・ビジネスアップ心理術講座 】プラン以上限定 月額:3,300円

美と知性を高め、ビジネス人生を変えていきましょう! ①月に動画1本 ②一斉遠隔気功 ③下位プラ

月額:3,300円
プラン詳細
\いいね・ツイートで応援!/

記事を検索