hina miyazu May/23/2024 15:58

世界のアスファルト添加剤産業分析レポート、成長、機会、概要 - 2024-2036年予測

アスファルト添加剤 市場分析

アジア太平洋インフラストラクチャ市場地域での開発の増加、アスファルトのリサイクル可能性、ウォーム ミックス アスファルトの開発、および屋根ふき用途でのアスファルトの使用の増加は、世界中の市場の成長に拍車をかけています。 アスファルトの代替品としてのコンクリートとバイオアスファルトの使用、および材料の価格と供給の変動性は、予測期間中のアスファルト添加剤市場の成長の主要な抑制要因として機能します。

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-106855

アスファルト添加剤市場セグメント

アスファルト添加剤市場は、タイプ別(ポリマー改質剤、剥離防止と接着促進剤、若返り、乳化剤)、アプリケーション別(道路建設と舗装、屋根)、テクノロジー別(ホットミックス、コールドミックス、ウォームミックス)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

テクノロジーに基づいて、ウォーム ミックス セグメントは最も急速に成長しているテクノロジー セグメントです。

ウォーム ミックス テクノロジー セグメントからの需要は、他のアスファルト ミックスよりも魅力的なさまざまな特性により増加しています。 アスファルト混合物を加熱するのに必要なエネルギーが少なくて済み、ウォーム ミックス アスファルトを生成するのに必要な燃料が少なくて済みます。 また、排出ガスが少ないため環境にやさしく、アスファルト舗装現場での作業環境を改善します。 これらのプロパティは、テクノロジー分野での市場シェアをさらに拡大します。

競争力ランドスケープ

アスファルト添加剤市場の主要なキープレーヤーには、Nouryon (オランダ)、DowDuPont (米国)、Arkema SA (フランス)、Honeywell International Inc. (米国)、Evonik Industries (ドイツ)、Huntsman Corporation (米国)、Kraton Corporation (米国)、Sasol Limited (南アフリカ)、Ingevity Corporation (米国)、Arrmaz (米国)、BASF SE (ドイツ)、Kao Corporation (日本)、などがあります。この調査には、アスファルト添加剤市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles