hina miyazu May/17/2024 16:49

濃硝酸の産業規模、洞察、地域動向、2033年までの予測

濃硝酸 市場分析

自動車、家具、建築・建設業界で金属、木材、ガラスの代わりにナイロン6,6、合成ゴム、エラストマーを使用する傾向の高まりは、今後数年間でアジピン酸とニトロベンゼンの需要が牽引されると予測されています。これにより、市場の成長が推進すると予想されます。ニトログリセリン、トリニトロトルエン、トルエンジイソシアネート、ニトロベンゼン、アジピン酸、硝酸アンモニウムはすべて濃硝酸で作られています。エレクトロニクス、自動車、爆発物、農薬などのさまざまな最終用途セクターがこれらの製品を利用しています。これらの最終用途セクターの拡大は、今後数年間で世界の濃硝酸市場の成長を後押しする可能性があります。また、工業用硝酸アンモニウムの需要の高まりは、濃硝酸市場におけるさまざまな成長機会をさらに後押しします。

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-108734

濃硝酸市場セグメント

濃硝酸市場は、タイプ別(強、発煙)、用途別(硝酸アンモニウム、アジピン酸、ニトロベンゼン、トルエンジイソシアネート)、最終用途産業別(農薬、爆発物、自動車、電子機器)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、強セグメントは2023ー2033年の間に最大なCAGRで成長すると予測されています。

強硝酸には、50ー85%の範囲のさまざまな濃度が含まれており、濃硝酸のほぼすべての用途に対応しています。強硝酸は、硝酸アンモニウム、アジピン酸、ニトロベンゼン、ニトロクロロベンゼン、トルエンジイソシアネート(TDI)、トリニトロトルエン(TNT)などのさまざまな用途の製造に使用されます。濃硝酸の70%以上が硝酸アンモニウムの製造に使用されています。農薬や爆発物の中間体として使用されます。クラス2の酸化剤である強硝酸は、接触している材料の燃焼速度を適度に増加させます。この特性は、二次爆薬の開発に使用されます。これらの要因がこのセグメントの成長を促進すると予想されます。

濃硝酸市場の地域概要

濃硝酸市場調査は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

競争力ランドスケープ

濃硝酸市場の主要なキープレーヤーには、Agrium Inc.(カナダ)、CF Industries(米国)、Deepak Fertilizers and Petrochemicals Corp. Ltd.(インド)、Hanwha Corporation(韓国)、Koch Fertilizers LLC(米国)、LSB Industries Inc.(米国)、National Chemical Group (ロシア)、OCI NV(オランダ)、Shandong Fengyuan Chemical Stock Co. Ltd.(中国)、Ube Industries(日本)、Yara International(ノルウェー)などがあります。この調査には、濃硝酸市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles