hina miyazu Jun/19/2024 15:55

世界のグリーン水素産業分析レポート、成長、機会、トレンド概要 - 2024-2036年予測

市場の定義

再生可能エネルギーを利用して製造される水素は、グリーン水素または再生可能水素と呼ばれます。生産プロセスでは、水の電気分解に再生可能電力が使用されるため、温室効果ガスの排出量が非常に低くなります。 したがって、グリーン水素の主な目的は、地球温暖化と気候変動を制限することです。

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-115231

グリーン水素市場の成長要因

当社のグリーン水素市場分析によると、主な成長要因は次のとおりです。

電力の低い変動費―エネルギー投入のコストは、グリーン水素の製造に関連する全体的なコストの主要な決定要因です。 しかし、さまざまな資源からの再生可能エネルギー生産の急激な減少が観察されており、これはグリーン水素市場規模の拡大に役立つはずです。たとえば、過去 10 年間で太陽エネルギーの生産コストは 24% 以上減少したと推定されています。この生産コストの削減にはいくつかの要因があり、その中には、生産技術の進歩、生産効率の向上、原材料の手頃な価格などが挙げられます。

電解槽の価格を下げること―電解槽のコストは最近大幅に削減されています。 同様に、より効率的な固体酸化物電解槽などの技術の研究開発にも多額の投資が行われています。さらに、2023 年 2 月、FuelCell Energy, Inc. は、オーストラリア、アジア、ニュージーランドで大規模な固体酸化物電解槽施設を開発するため、マレーシア マリン アンド ヘビー エンジニアリング Sdn Bhd (MMHE) と覚書を締結しました。この施設は、グリーン水素の大規模生産に役立つことが期待されています。 このような取り組みは、グリーン水素市場規模の成長も促進するはずです。

最新の開発

2022年6月、Siemens Energy and Air Liquide は、ヨロッパでの大規模な再生可能水素電解槽の生産のための合弁会社を設立したと発表しました。

Osaka Gas Co., Ltd and ENEOS Co., Ltdは、2023年8月に日本で初めてe-メタンの大規模生産におけるグリーン水素の活用を開始すると発表しました

競争力ランドスケープ

世界のグリーン水素市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要プレーヤーには、Linde plc.、Air Products and Chemicals, Inc.、L’AIR LIQUIDE S.A.、Cummins Inc.、Nel ASA.などが含まれます。 さらに、日本のグリーン水素市場のトップ5プレーヤーは、MITSUI & CO., LTD、 Toray Industries, Inc、 Toshiba Energy Systems & Solutions Corporation、 Festo KKおよびAsahi Kasei Corporationなどです。この調査には、世界のグリーン水素市場分析レポートの詳細な競合分析、企業プロフィール、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles