hina miyazu Jun/18/2024 15:22

世界の自動車保険業界の市場規模調査、シェア、動向、洞察、需要分析概要 - 2024-2036年予測

自動車保険 市場分析

自動車保険市場が出現する前は、自動車事故によって生じた損害が補償されることはほとんどありませんでしました。その結果、これらの費用はオーナーのポケットから支払われることになりました。 19 世紀以前は自動車が豊富ではなかったので、自動車保険会社が存在しませんでしました。

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-85362

当社の自動車保険市場分析によると、以下の市場傾向と要因が市場成長に貢献すると予測されています:

技術の進歩―先進安全機能やテレマティクス システムの導入など、車両技術の進歩は、保険料や補償のオプションに影響を与える可能性があります。保険会社は安全技術を搭載した車両に割引を提供する可能性があり、需要の増加につながります。当社の分析によれば、テレマティクスサービス産業は2023年までに約200億米ドルに達し、今後も成長が見込まれます。したがって、テレマティクスの収益が増加し、これが自動車保険市場でも同様の需要を誘導することになります。

経済的要因―GDP成長率、インフレ率、水準などの経済状況は、車両や保険料の手頃な価格に影響を与えます。経済が成長すると、自動車や保険商品に対する消費者の支出が増加することがよくあります。当社の分析によると、世界の雇用は 2024 年に 3.1% 増加する見込みです。したがって、経済は成長しており、これにより自動車保険市場も同様に上昇することになります。

自動車保険市場の動向分析と将来予測:地域概要

アジア太平洋地域の自動車保険市場は、中国、韓国、ベトナムなどの国々で中間層が拡大し、人々の可処分所得と購買力の増加につながっているため、成長しています。この層は資産を守るために自動車や保険に投資する傾向があります。当社の分析によると、2030年までに、アジア太平洋地域の中流階級の人口は2015年の13.8億人から34.9 億人に増加すると予想されています。それは人々の可処分所得と贅沢品への支出能力の増加をもたらします。これにより、自動車の販売が増加し、自動車保険市場の需要が誘導されます。

日本の自動車保険市場は高齢化の進行により成長しており、これにより運転習慣や好みの変化が起こり、自動車保険市場に影響を与える可能性があります。たとえば、高齢のドライバーは、ニーズに合わせてさまざまな種類の補償や保険商品を選択する場合があります。当社の分析によると、2023年に日本の高齢者人口(65歳以上)は36.21 百万人に達します。したがって、高齢者人口が増加しており、彼らは優先条項のある保険商品を選択することになります。これにより自動車保険市場の上昇が見込まれます

自動車保険業界の概要と競争のランドスケープ

SDKI Inc. の調査者によると、自動車保険市場は、大企業と中小規模の組織といったさまざまな規模の企業間の市場競争により細分化されています。市場関係者は、製品や技術の発売、戦略的パートナーシップ、コラボレーション、買収、拡張など、あらゆる機会を利用して市場での競争優位性を獲得しています。

世界の自動車保険市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要企業には、State Farm Mutual Automobile Insurance Company、American International Group, Inc.、The Progressive Corporation、Zurich Insurance Group Ltd.、Liberty Mutual Insuranceなどが含まれます。 さらに、日本の自動車保険市場のトップ5プレーヤーは、Tokio Marine & Nichidio Fire Insurance Co. Ltd.、Sompo Japan Insurance、Mitsui Sumitomo Insurance Group、Aioi Nissay Dowa Insurance Co. Ltd、Rakuten General Insurance Co. Ltd.などです。 この調査には、世界の自動車保険市場分析レポートにおける詳細な競合分析、企業概要、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles