Gitの導入方法➀ Gitの導入、GitHubのアカウント登録方法編

記事の概要

個人でGitをバックアップ機能として使用、または既存のリポジトリをローカル環境に複製する方法をまとめました。

三つの記事に分けており、この記事ではGit/GitHubの導入方法を記載しています。

Gitの導入

文字通りGitを使うのに絶対導入が必要
超簡単に言うとファイルを管理するもの

Gitの公式サイトからダウンロードし、インストール

https://gitforwindows.org/


ライセンスの説明

インストールフォルダの設定

  • インストールしたいフォルダを入力し「Next」を選択

インストールするコンポーネントの設定

  • 今回は既定のチェックで十分なので「Next」を選択

スタートメニューのフォルダ名の設定

  • 特にこだわりがなければGitのまま「Next」を選択

Gitで使用するエディターの設定

  • 今回やりたいことには関係ないので既定のまま「Next」を選択

初期ブランチ名の設定

  • 新しいリポジトリの最初のブランチ名。そのまま「Next」を選択

環境変数 PATHの設定

  • 真ん中の推奨にするとGitコマンドをコマンドプロンプトやPowerShellから実行できる模様。今回は別に使いませんが、そのまま「Next」を選択

Gitで使用するSSHの設定

  • 今回SSHは使用しないので関係ありませんが、そのまま「Next」を選択

HTTPSの接続設定

  • 通常はGit内の証明書ライブラリを使用するようなので、そのまま「Next」を選択

改行コードの設定

  • チェックアウト、コミット時の文字コードの設定。そのまま「Next」を選択

Git Bashで使用するターミナルエミュレータの設定

  • 既定のMinTTYを使用。そのまま「Next」を選択

プルコマンド時の動作設定

  • 既定のままで「Next」を選択

Git接続の際のパスワード認証機能の設定

  • 認証情報を保存する設定。そのまま「Next」を選択

追加オプションの設定

  • 既定のファイルシステムのキャッシュのみにチェックで「Next」を選択

試験的なオプションの設定

  • 今回関係ないのでそのままチェック無しで「Install」を選択

インストール完了後

  • 「Launch Git Bash」にチェックを入れ、
    「View Release Notes」のチェックを外し「Finish」を選択
    ※開かれたGit Bashは次の初期設定で使用します。

Gitの初期設定

「Git Bash」にて初期設定を行います。
先ほどのインストール時に開いていない場合は
Gitをインストールしたフォルダにある「git-bash.exe」、又は
スタートメニューの「Git」⇒「Git Bash」を実行して「GitBash」を開く

gitbashにて以下を設定します。

ユーザ名設定

  • git config --global user.name 設定するユーザ名
    (例)
  • git config --global user.name "Tarou"

メールアドレス設定

  • git config --global user.email 設定するメールアドレス
    (例)
  • git config --global user.email Tarou@gmail.com

確認方法

以下のコマンドを入力し、user.nameとuser.emailが入力した通りになっていればOK

  • git config --list

GitHubの導入

GitHubを導入することにより、管理されているファイルをグラフィカルに操作・見ることができます。
※他にも色々な機能がありますが、今回は省きます。

GitHub公式サイトにアクセスし、アカウントを作成

https://github.com/

アクセス後、右上にある「Sigh up」を選択

GitHubアカウントの各設定を入力

  • 以下を参考にして入力し、最下部の「Create account」を選択
    ➀メールアドレス
    ②パスワード
    ⓷ユーザネーム
    ④アップデートした際のメールを受け取るかどうか。「y」か「n」を入力
    ⑤人間認証。同じマークがある画像を二回選んだらOK

GitHubローンチコードを入力

  • 8桁のローンチコードがメールで送られてくる。
    ※画像では隠していますが、赤枠の中に8桁のローンチコードがあります。

  • 8桁のローンチコードを入力。

GitHubのヘルプ

  • 何人で開発するか、教える側・教えられる側なのかの設定。
    とりあえず画像の通り「Just me」と「Student」で「Continue」を選択

「Git/GitHubの導入」は以上で完了

「Gitの導入方法② SourceTreeの導入」に続きます。
※最下部の「次の記事」を選択してください。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

記事のタグから探す

記事を検索