Posted Articles

Locatone's articles. (4)

SWORD’S/永遠神剣公式 Feb/15/2023 21:42

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

SWORD’S/永遠神剣公式 Jan/06/2023 09:03

異世界のヘリオン製作記② 声優さんレコーディング編

異世界のヘリオン記事の続き……その前にLocatone creator contest 2022のグランプリ&特別賞の3組をソニーミュージックさんがインタビュー記事を出してくれました。

前編 https://cocotame.jp/series/036739/
後編 https://cocotame.jp/series/036779/

異世界のヘリオンに関してとLocatoneの試みに関して話させていただきました。
舞台めぐりの話も懐かしいです。

グランプリ寺田さん、特別賞(アイディア賞)TAKAHASHI×2さんの2組のお話もかなり刺激的でした。ゲーム畑じゃないだけに同じツールを使ってもアプローチもアイディアも全く違っていてまた何かでお会いできたらと願っています。

写真はさすがソニーミュージック。
なんかアーティストっぽい感じで恥ずかしさがありました笑
よかったら読んでみてください。


異世界のヘリオン予告編

話は戻って前回の続き。声優さんのキャスティングを固めていざ収録開始です。

↓前回記事
異世界のヘリオン製作記① 企画と声優キャスティング編
https://ci-en.net/creator/11851/article/765836


声優経験ゼロの岸みゆさんと、声優経験ゼロの方を収録する経験ゼロの自分と、音響チームでのスタジオ入り。これは緊張感あります笑



収録の流れ、マイクの使い方、声優的な発声技術などは未経験なのでディレクションありきでしたが、岸みゆさんはかなり台本を読み込んで家で練習してきてくれたのがわかるお芝居。

台本を読み込んできているかどうかは録れば結構わかります。

キャラを把握している。
感情のラインが間違っていない。
漢字の読み、イントネーションを全て調べてある。
固有名詞なやセリフの意図で不明点があれば質問を先にしてくれる。

などなど。
声優さんが台本にめちゃくちゃメモしているのを見ると向き合ってくれていると嬉しくなります。


ゲームはキャラごとの抜き録り(ひとりずつブースに入り自分のセリフだけ収録)なので、前後の他のキャラのセリフの感情も想像した上でお芝居を考えなければいけません。

シャドーボクシングじゃないですが相手の動きも自分で作る必要があります。
そのため下読みは超大事です。


完全に余談ですが、『聖なるかな』などでも収録時に「この役はどなたが演じられますか?」と声優さんに聞かれたりもしました。

誰か分かると「その人だったらこういう芝居をする」と想像しお芝居を調整したり、セリフの間合いを変化させていました。

ここがグチャグチャになると会話のテンションがよくわからなくなったりします。

次に収録する声優さんが「○○さんが先に録ったこのセリフを聴いてもいいですか?」とセリフを聞いた後に「なるほど〜こうきたか〜」と言ってからお芝居したりするのはエキサイティングだなって感じました。

ライター側や音響ディレクターが違っていたら調整します。
それでも最初から台本を読み込んできてくれる方はしっかりシナリオに沿った演技プランを持ってきてくれます。

収録前に「このセリフを言う時の感情がちょっとわからないのですが」と質問してくださったりもして非常に助かります。

多忙な方は台本を読み込む時間がなかなかない現実もあるのですが、やっぱりシナリオライター的には嬉しいですね。


話を戻します。

声優経験ゼロの場合は、無口系や感情があまりない系のキャラだと形になりやすい(形というかそれっぽくなる)とヨスガはお芝居難易度を下げたキャラにしようと考えていました。

ですがプロット作っているうちに、さらにシナリオを書いているうちに、元気で喜怒哀楽がはっきりした芝居が必要なヨスガになってしまいました。

感情表現が豊かなキャラクターは声だけで表情付けがかなり必要で、声優初挑戦の方にはハードルが高いです。
なぜなら台本を「読む」ことに集中して「キャラクターが話している」空気にならず、棒読みっぽくなりがちです。

そこの部分は正直かなり心配していたのですが、むしろナチュラルに感情が弾むようなお芝居が上手くハマり、声も高音ハスキーでノイズのないクリアボイスと特徴的で、録れたものは想像を超えるものでした。

岸みゆさんヨスガを演じきってくださり大感謝です。

知り合いのクリエイターやディレクターにも「初声優でキメのシーンがしっかりキメてるのはすごいね」と高評価でした。

声優さんもアイドルさんも俳優さんも、少しベクトルは違えど表現者としてのスキルはとても高いと改めて感じました。


岸みゆさんの後に、主役である羽黒ヘリオンを前田佳織里さんの収録です。

収録前に前田さんのお芝居は色々と聞いていたので、かなり安心して収録に臨みました。

羽黒ヘリオンは剣聖ヘリオンとは別人であり同じ人なのですが、前田さんの声は元々のヘリオンの雰囲気に自分的イメージが近いです。

このヘリオンは「元々のオドオド弱気で自信がない妹キャラ」と真逆。
「生真面目で行動的で引っ張っていくキャラ」になっています。

当然声優さんも異なるので性格も声も違います。
それなのにしっかりヘリオンの印象が保たれているのがすごいです。

お芝居全編にわたってお芝居がとても細かいからだと感じました。

今回のシナリオは意図的に音声だけで状況を説明しないといけません。

「外で聞く」
「聞き直すことがまずない」
「移動先と状況の説明」
「物語」
「ゲーム的な指示」

これらの条件のセリフはほぼヘリオンに集約されています。

唐突にメタな「MAPを見て○○に移動してください」という音声も物語の中に入ってきます。
個人的にゲームはシステム的解説もキャラがやった方が好みだったりします。

永遠のアセリアではエスペリア、聖なるかなではレーメが担当していましたね。

前田さんのヘリオンはすべてのセリフが緻密な印象でした。

車で言えば「直線とカーブで印象的な走り方をする」というより「コースすべてで細かく精密なアクセルとブレーキをコントロールしている」的なお芝居でした。

例えがわかりにくいですが、全部がヘリオンだからキャラが立体的に解像している感じです。
喜怒哀楽の臨場感とも言いますか……。

まさにLocatone版コンセプトの「隣に自然にいる」感覚になり、ヘリオンがヘリオンらしくなったのだと思います。
すごく難しいことを実現していて前田さんにお願いしてよかった!と大感謝です。

異世界の少女であるヘリオンの緻密なお芝居と、現実のアイドルであるヨスガの少し浮世離れした雰囲気がマッチする不思議さ。

ゲーム作りの音声周りはまだまだ奥が深い、と我ながらとても勉強になりました。


今回のオペレーターの根津辰彦役の波多野翔さん。今作の唯一の男性声優さんです。

実はこの役は難しく、ほぼ司令室のような場所から遠隔でプレイヤーとヘリオンに指示をしています。

事件の現場にいるわけでもなく、無線で「今どうなってる!?」や難しい決断を迫られたりする役回りです。

「踊る大捜査線 The Move」での室井さんの役割ですね。刑事ドラマ好き的には必要なポジションです。
大体こういう役は、マイク前で眉間にシワを寄せて、状況がわからないけれど責任負わされる立場……つらいですね。

根津は物語でもそんな感じです。

キャラの掛け合いも遠距離ですし、状況は確実には掴みきれない、それでいてお芝居自体は聞いているプレイヤーに通信で話すもの。

しかもプレイヤーとヘリオンどちらに対しても兄のようなポジション。

それでいて警察として正義に対しての葛藤も持っている。

こちらの提供するキャラの背景などの情報が不足していて、感情の置き所がやたら難しいキャラを波多野さんが頑張って演じてくださいました。

「お芝居の迷いはシナリオ・キャラの迷い」と心に刻んでいるわけですが、自分のシナリオ・キャラの迷いで苦戦させてしまった部分もあり大変申し訳なく!

情報が足りない中で、収録中にキャラをまとめてくださって大感謝です。
次回はもっとキャラクターの解像感をあげておきます。


以上が今回のキャラクター収録編です。

声優さん以外にも、音響ディレクターさん、音響エンジニアさん、芝居指導の声優さん、各マネージャーさんのおかげで、新鮮で刺激的な作品が作れました。

自分の方がとても勉強になりました。

前田佳織里さん、岸みゆさん、波多野翔さん、関係者の皆様ありがとうございました!

異世界のヘリオンの物語はまだ始まったばかり。
ヘリオン、ヨスガ、根津は今後もストーリーに登場します。ご期待ください。

異世界のヘリオン遊んでくださった方ありがとうございました!

渋谷で遊ぶことが叶わない方向けに今後何らかの公開方法を考えていきます。

以上で異世界のヘリオン収録編②を終わります。

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

SWORD’S/永遠神剣公式 Dec/24/2022 11:00

異世界のヘリオン製作記① 企画と声優キャスティング編

異世界のヘリオン製作記① 企画・キャスティング編

Locatone creator contest 2022コンテストが終了しました。
参加作品『異世界のヘリオン』は特別賞オーディエンス賞を頂きました。

(※流行病の体調不良にてご報告が遅れました。そして流行病で記憶が曖昧で過去に書いた内容と重複部分も多いかと思いますがご了承ください。また流行病の後遺症で一ヶ月ほど諸々遅れていて申し訳ありません)

↓表彰式(自分は流行病で出席できず)
https://robotstart.info/2022/11/12/locatone-creator-contest-2022.html


ファイナリスト発表から完成まで二ヶ月間(翌日稼働開始)というタイトすぎるスケジュールの中で、実質の開発期間一ヶ月でやりたいことをやれるだけ詰め込みはできました。
作り込みの部分は全てにおいてもっとやらなくちゃと思うのですが、それでも頑張って作り上げたと思えるものになりました。

いろいろな順序は変わってしまい、この異世界のヘリオンが自分が直接作る永遠神剣シリーズの最新ゲームとなりました。15年ぶりです。まさかヘリオン主人公のものが先に出るとは……。

このゲームはソニー株式会社の位置情報を利用したサウンドARアプリ Locatone 上で稼働するコンテンツです。

前にもお話し致しましたが、ソニーミュージック(当時はソニー企業株式会社運営)が展開する聖地巡礼アプリ『舞台めぐり』にて、位置情報オリジナルコンテンツ『Wake Up' Girls! Another Real』『うぇいくあっぷがーるZOO!あなざーりある』『ガールズ&パンツァーうぉーく!』のゲームデザインなどをさせていただきました。
位置情報ゲームでやってみたいことや、自分のコンテンツで作ってみたいという想いもありLocatone Creator Contest 2022に応募しました。

↓Wake Up' Girls! Another Real(サービス終了)
https://www.butaimeguri.com/event/miyagi/wug-ar/

https://youtu.be/eycSDzdNZsI

↓ガールズ&パンツァーうぉーく!(サービス終了)
https://event.butaimeguri.com/girls-und-panzer-walk/

タイトルである『異世界のヘリオン』は、少し前から「現代日本を舞台にした永遠神剣作品を作ろう」という考えがあり、また「ナンバリングタイトル続編である『悠久のユーフォリア』とは異なる、前提設定をあまり知る必要がない新規のファンが入りやすい実験的な作品」作りをしたいと企画していました。

位置情報サウンドARアドベンチャー、アプリケーション上での実装、コンテスト出品と新しいことだらけのLocatone Creator Contestにはピッタリじゃないか!と、異世界のヘリオンでの開発を決めたのです。

ファンタズマゴリアに残されたヘリオンたちの次の冒険として、同人誌でも描いた王獣戦争に向かった物語(スピたんとの連結)とは別の、ある意味パラレル的とも言える世界観がこの「異世界のヘリオン」となります。
分岐点(というのが正確とはいえない)があってのヘリオンであるため、羽黒ヘリオンは剣聖ヘリオンとは別のヘリオンとなります。別という言葉が定義的に正しいかはこの時点ではあんまり話せないですが、大体そんな感じです。なので「一応、別人」と解釈を現状ではしておいてもらえたら嬉しいです。


今作は刑事ドラマ的な雰囲気の現代世界を舞台に、これからヘリオンたちの活躍を描く物語となっています。理由としては自分が刑事ドラマ系が好きだからなのと、位置情報作品を作っている時から現代日本をメインの舞台にした作品も作りたいと思っていたからです。
「ディファレント」と呼ばれる異界から現れた存在たちから、ディファレントでありながら人々を守る役割を果たすヘリオンのひとつの事件がLocatone版では描かれています。Locatone版はどうしても渋谷の現地に来ないと遊べないため今後、PCゲーム版などで遊べるようにしたいなと考えております。

さてコンセプト的な部分はここまでにして開発面の話でも……。
この『異世界のヘリオン』はLocatone Stadio(一般公開前)というLocatone専用開発環境で制作されています。

これがなかなか優れもので、現実のMAP上にイベントをマッピングできる仕組みで、これゲームマップのイベントマッピングでも使えたらいいなと思いました。
元々がゲーム開発に特化したシステムではないため、複雑なフラグ管理などはできません。今回の異世界のヘリオンくらいのゲーム内容は実装できる優れものでありました。
他のストーリーも現実世界にマッピングできたら面白いなと思いつつも、どうしても東京近辺の方しか遊べない問題は聖地巡礼系(というのが正しいかは微妙です)の最大な難点ですね。同時に魅力の部分でもあるのですが。

今回の作品コンセプトは「プレイしてくれる人数の多さを目標値にする」というのを企画当初から立てていました。
聖地巡礼系の最大の難しさは「人を現地に運ぶこと」です。前に商売では二階と一階では同じ店舗だとしても集客が段違いになると聞きました。階段を上がるという行為だけで高いモチベーションが必要とされることから、特定の地域に時間をかけて移動することの難易度は容易に想像ができました。

地域によって集客は異なるため渋谷は微妙にゲームファン・アニメファンが訪れるスポットが少ない……。そこでどうしようと考えました。
以前製作に参加させていただいた、舞台めぐりさんのWake Up' Girls! Another Realでは宮城県全域スポット踏破がクリア条件でした。かなりの難易度でしたがクリアー人数がとても多くびっくりした経験があります。ワグナーさん強い!と頼もしさを感じました。

また最近営業関係の方に「まったく別ジャンルの方とコラボすることは、まったく新しい人たちに作品を知ってもらう機会がある。ひとりでも普段なら絶対に届かない人に届くならばとても価値がある」と聞きました。

それならば、渋谷によく行き、新しいものに抵抗がなく、位置情報ゲームのようなアクティブなゲーム性に興味を持ってもらえそうなオタク層は……と経験値的に繋がったのがアイドルファン層です。
最近はセカンドキャリアで声優さんになるアイドルさんも増えてきています。
ならばアイドルキャラを実際のアイドルに演じて貰えば完全新規層に遊んでもらえるのでは?

ユーフォリアでは若手声優さんたちを起用してきた経験を活かして、適切な人選をすれば声優の技術的に未熟でも、才能とこちらの台本、キャラ設計次第とキャスティング次第では作品に取り込めるはずと考えました。
とにかく新しいチャレンジでドキドキしたい自分は「やってみたらいけるかも?」と思うと行動に移してしまいます。


我らが主役・羽黒ヘリオンのキャストです。

今後「異世界のヘリオン」もシリーズ化が可能ならやっていきたいと考え始めていて、ユーフォリアのキャスティングと同じく「人気は関係なく、真面目に作品に取り組んでくれて才能ある方」を探すことになります。ただコンテストの期間が極めて短いため本当に緊急キャスティングでした。
思い描いている羽黒ヘリオンのキャラクター性と、お芝居の雰囲気が合う声優さんでボイスサンプルなどを聴いて「この方が羽黒ヘリオンと合う」と感じたのが前田佳織里さんでした。
色んなご縁もあり前田佳織里さんに出演していただけることも確定しました。
実はこの時点で大人気の方と知らず、そのことを収録二日前に知るのですが……。

https://twitter.com/ES03_Euphoria/status/1584135878800089090?s=20&t=K_Tamz2k24poWAC8GMEcmw

https://twitter.com/kaor1n_n/status/1584155187307982849?s=20&t=K_Tamz2k24poWAC8GMEcmw


今作のヒロイン・上杉ヨスガのキャスト。

別件でユーフォリア楽曲とエノン楽曲でお世話になっている音楽製作会社のプロデューサーに相談させて頂き、声優経験ゼロでも声質が個性があってかなり良いこと、配信番組で見たナレーションがとても良かったことから#ババババンビの岸みゆさんに、新人アイドルの上杉ヨスガ役で出演をお願いしました。

https://twitter.com/ES03_Euphoria/status/1584136515797458944?s=20&t=K_Tamz2k24poWAC8GMEcmw

https://twitter.com/miyu_kishi0213/status/1584832255494885377?s=20&t=K_Tamz2k24poWAC8GMEcmw


オペレーター・根津辰彦のキャスト。

『異世界のヘリオン』は特に永遠神剣の若返りも裏テーマにしているため、オペレーター的な役回りの男性キャラ根津も20代前半の若手男性波多野翔さんにお願いしました。
声が若いけれど主人公やヘリオンに先輩風吹かす感じがピッタリと考えました。

https://twitter.com/ES03_Euphoria/status/1584136887865729024?s=20&t=K_Tamz2k24poWAC8GMEcmw

https://twitter.com/hatakake_0506/status/1584132190991896576?s=20&t=K_Tamz2k24poWAC8GMEcmw

音響チームも20代でスタッフを固めて、もうおっさんは自分だけという盤石の体制になりました。

なんとか台本を完成させいよいよ収録になります。

収録編と編集編につづく

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

SWORD’S/永遠神剣公式 Aug/31/2022 22:24

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search Articles