*えあてぃれん*@彼方ゆうあさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

投稿記事
*えあてぃれん*@彼方ゆうあ

自作防音室[壁枠組み立て編]

動画と一緒に見ていただくとわかりやすいかと思います

該当動画はこちらです


※画像クリックでyoutubeに飛びます

こちらは自作防音室を作った際のまとめ記事です。
私自身が実際作ってみて
わからなかったこと、
一瞬でも悩んだこと
こうしておけばよかったこと
などなどを
備忘録も含め記事を書いています

動画を前提として書いていますので
一度動画を見ていただくとわかりやすいかと思います
(動画のほうが絵や写真などを多く使って説明しています)
※※防音室は11月上旬に完成しています


準備編0の記事はこちらから

自作防音室制作記事[準備について]

制作中に細かく書いた記事

↓こちらからどうぞ!ヾ(o´∀`o)ノ
→自作防音室記事一覧←


記事自体はフォロー(無料)していただくと見ることが出来ます


壁を作るのに私が使ったもの

・インパクトドライバ
(・トンカチ)
・タッカー
・軍手
・メジャーまたは定規(定規は30cmくらいの長いもののほうが良いです。あとかなり汚れました)
・ボールペン
・キリ(キリで穴をあけたほうがインパクトドライバを使うとき怖くないです)
・コーキングガン
(・シリコンシーラントを綺麗に伸ばすヘラ)


材料

・遮音シート
・板にする材料
 (木材またはMDFボードなど)
 ※MDFボード1枚だけを壁にして作っている方もいましたので一応書きましたが、私はラワン合板を使いました
・枠組みになる木材
 (私はホワイトウッドの2×4材を使用しました)
・シリコンシーラント
 (何種類かあったのですが、私の場合はお風呂場が結構近かくてカビが怖かったので、PRO用防カビのシリコンシーラントのクリアタイプを選びました)
・ビス
メインで使っていた32mmのビスは、バンバン使っていたら最終的に580本入りで足りなくなりました


道具や材料に関しての詳しい説明は
動画内にてお話しています

よろしければ見ていただけると嬉しいです(✿´ ꒳ ` )



土台となる木枠を作ります

多くの方は床を作って
その上で作業をしていましたが
私の部屋はとても狭く
そんなことを出来る余裕がないので
枠をすべて作ってから組み立てる方法で作成しました


枠を作った順番としては 


一番奥の壁
天井

扉の左右、上の壁
電源コードの壁
ロスナイの壁



という感じです


インパクトドライバを使用する際
ジョイントマットのような
少し固めのクッションマットを敷いていました

最初は柔らかい座布団を敷いていたのですが
インパクトドライバを打つと向きがずれるので
固めのマットに変えました

木材に関して

動画の中では説明しきれなかったのですが
板が結構状態が良くないものが多かったので
穴が開いてそうなところにはシリコンシーラントを詰めて
気持ち補強しました


一応余裕があるなら木を選んだほうが良さそうです

私は売り場にある木が少なかったので
選べなかったのですが
枚数が沢山あれば
選んでいたと思います


同時に、ホワイトウッドの角材から
蜜のようなものが垂れてきていて焦ったのですが
木材を使用する場合は珍しいことではないようです


調べたところこれはヤニで、温かくなったりすると
垂れてくることが多いそうです


ひとまずエタノールで綺麗にして
シリコンを塗ってしまいました

 

穴あけが必要な合板に穴を開ける

ロスナイの穴を開ける円の大きさは
ロスナイ本体に付いている銀色のプレートの円を基にしました


水色の線のほうがただの円ではなく
変なうにょうにょが出ているのはそのためです
  
 
電源コードの四角は
6cm×3.5cmを基準で開けました
中に入れる予定の電源の延長タップがするっと入るくらいです

 
 
私はキリで地道に開けましたが
穴あけドリルビットやホールソーを使用すると
大分作業が楽だと思います


それぞれの切り口は少しヤスリで整えて
薄くシリコンシーラントを塗っておきました
 
 
 

枠を組む

私は角材をビスで止める前に
合板に遮音シートを貼りましたが
角材で枠を作ってから遮音シート貼った方が
木の切れ目の部分も遮音シートで覆えるので良さそうです
・先に板に遮音シートを貼る図


外枠からビスで留めて
最後に中心の角材を留めました


片方上手くいっても


片方で合わなくなる事もありますが

最終的に組み合わさればいいので
細かいことは気にしないで行ったほうがいいです
 
 
ズレが酷かった箇所を一度外して刺しなおした部分もありましたが
木材自体の反っている影響などもあり
あまり改善できなかったので
その壁以外は多少ずれてもそのまま作業を続行してました
(あまりにずれてしまった場合は打ち直した方がいいかもしれません)
 
 
ビスを入れ直すときは同じ位置は難しいので
新しい位置にビスを指します

一度開けてしまった部分にはシリコンシーラントを詰めました
 
 
中心の縦に入れた角材は

外枠を止めたあとひっくり返して
キリで穴をあけて
押さえながら
キリの方向と同じ向きに長いビスを打ち込んで留めました
合板に角材をビスで留められたら
 
 
取る順番を考えて置いておきます

使った順番は私はこんな感じでした


先の方に使う


一番奥の壁
天井2点(吸音材を先に入れて避けておく)
扉(吸音材を先に入れて避けておく)
コード穴を開けた壁
ロスナイ用の壁
扉の左右の壁

最後の方に使う


 
先に使う枠から順に使えるように保管しておくと
作業効率が高いと思います



 
以上の枠が全部出来たら次は
床を完成させて、実際に組み立てていくパートになります!

 

以下私が実際使用した道具などのリンクを貼っておきます

【私が使った道具】(一部ホームセンターで購入したものもあります)
・リョービ インパクトドライバ
https://amzn.to/2s2pepl

・トンカチ(ハンマー)
https://amzn.to/38mtTTN

・軍手
https://amzn.to/38j22Ur

・メジャー
https://amzn.to/36oLUPx

・定規
https://amzn.to/36gLbiW
(直角定規としても使えるのでこういったタイプも良いと思います)

・キリ
https://amzn.to/2LApt1B

・タッカー
https://amzn.to/2LAck8L

・タッカーの芯(6mm)
https://amzn.to/2qwMifr

・ゼオン化成 軟質遮音シート サンダムCZ-12
https://amzn.to/38iOI2n

・コーキングガン
https://amzn.to/2s5bJFd

・コーキングヘラ 
https://amzn.to/38hPaxA コーナー用

・セメダイン 防カビ剤入り JISシリコンシーラント 8070プロ
 https://amzn.to/2sRzWiB
(現在1本からでも購入可能なようです)

・18vコーススレッド65
https://amzn.to/2YwHROm

・18vコーススレッド32
https://amzn.to/33VSScR
(こちらの太さ4.2mmのネジを使用しました)

下記のような【木材用】のコーススレッドのほうが扱いやすいかもしれません
https://amzn.to/2qvd6fV

・上記製品リンクURLはAmazonアソシエイトリンクを使用しています

\いいね・ツイートで応援!/
*えあてぃれん*@彼方ゆうあ

防音室動画第二弾近日公開です~~(✿´ ꒳ ` )

こんばんはーっ!
∗えあてぃれん∗の彼方ゆうあです!
 
 
今月もあっという間に一週間!><
最近はずっと防音室動画をまとめてました!

そんな中スマホのSDカードが壊れてしまってデータが吹き飛んで
悲しみに暮れています……(´・ω・`)
(防音室関連の画像は無事でした) 
 
今年最後の一か月になりますが
よろしくお願いいたします(o∗。_。)o

今月の目標

・防音室動画(全部)
・アバター服モデリング
・立ち絵素材リリース

フォロワー以上限定無料

どんな活動をしてるのかな?と思っていただけた方はこちら!限定記事を見ることが出来ます!

無料
\いいね・ツイートで応援!/
*えあてぃれん*@彼方ゆうあ

自作防音室制作記事[準備について]

制作中に細かく書いた記事

該当動画はこちらです

※画像クリックでyoutubeに飛びます

↓こちらからどうぞ!ヾ(o´∀`o)ノ
→自作防音室記事一覧←


記事自体はフォロー(無料)していただくと見ることが出来ます


制作中に書いていた記事なので、
動画やまとめの記事より
制作中に困ったこと
合板のサイズを変更した諸事情など
その時々の事が書いてあります

※※防音室は11月上旬に完成しています

動画と合わせて見ていただくと
よりわかりやすいかもしれません><


自作防音室制作のための準備編

防音室制作のために必要な設計図を描く

作る防音室のサイズを決めて


(実際作ったサイズは長辺153cm短辺120cmです)

壁や床、天井などのパーツ図を描く

外寸から決めた場合は床と天井のサイズはすぐ決まると思います

壁から2cm弱離して作りました

当初は部屋の壁から5cmくらい離す予定でしたが
最終的に作った場所は壁から2cm弱くらい離したところに作りました

床のサイズ

床は自分の作りたいサイズに合板を切ってもらって
あえて天板と床の枠の下の木は切り方を変えました


画像で見ると

下の木

天板

という順番です


強度的な部分で、
互い違いになっている方が良いのではないかと思ったからです

実際の強度が上がったかはわかりません……(´・ω・`)


同じ切り方にする場合は、
動画にあるように中心の切れ目に角材の端材を入れると落ち着くと思います
(入れた端材も天板のほうからビスで留めました)

天井は重たくなるので同じサイズのものを2つ作りました

扉のサイズ


開閉部分に別途作ったパーツを取り付けるので
枠の長さと内側の合板の横の長さが10cm短くなっています

そして、扉の周りに遮音シートを入れる予定なので
約5mmほど小さくしてあります
(赤い線の部分に遮音シートを挟む)


本来は木がなるべくぴったりになるように作ったほうが良いと思いますが
削るより遮音シートですき間を埋めるほうが労力的に少ないと思ったので……

高さは内寸基準

床の上に乗せて作る計算なので
壁の高さ=部屋の高さ
になりました

計算方法

※この計算方法は私が使用した木材&私の防音室のサイズです
 使用する木材や作るサイズによって数字が変わります


私の使った角材は、

38mm・89mm・1820mm

のホワイトウッド材です

89mmを壁の幅として使用するので、
枠組みとしては38mmの計算になります

なので、上の画像の通りに角材を使用するとして
1750mmの高さの壁を作るために

1750(全長)-38(上の枠部分)-38(下の枠部分)=1674mm(必要な分)

という事になり、画像でいうAの壁(ドアから見て一番奥の壁)には

1674mmの角材を4本、
壁の横の幅1530mmの角材が2本


買う予定の合板のサイズが 1820×910サイズだったので
(私はラワン合板を使用しました)
横の辺の1530mmを優先して

横1530mm 縦910mm 2枚(内側と外側の分)
横1530mm 縦840mm 2枚(内側と外側の分)

にカットしてもらいました


同じように全ての計算をしたのが
2個上の画像です

で、サイズを計算して合板を切るのですが、
そのために書いたのがこちら



手順を決める

組み立てる順番を決めました
枠の作る順番は何でもいいと思います


何となくの手順のイメージが出来たら
実際使用するための道具をそろえます


次回は実際使った道具などをはさみながら
枠組みについての記事をお届けできたらと思います!

\いいね・ツイートで応援!/

記事を検索