眞名井蒐集堂 May/28/2024 08:58

短編 怖い話「死霊の森」

彼らは森の奥深くに潜んでいる。生者の世界から隔絶された場所で、彼らは暗闇の中でじっと待ち構えている。彼らは人々の恐怖の源であり、その魂は飢えている。死霊たちの存在は、何世紀にもわたってこの森を呪い続けてきた。誰もがその存在を忘れようとしても、彼らの影響は消えることはない。

死霊の森は、まるで時間が止まったかのような静けさに包まれている。樹木は古く、蔦は蔓延り、太陽の光はほとんど遮られている。森の中に足を踏み入れると、まるで別世界に足を踏み入れたような錯覚に襲われる。

夜が訪れると、森はさらに不気味な雰囲気に包まれる。風が不気味なさえずりを運び、枝が恐ろしい音をたてる。その暗闇の中で、死霊たちは活性化する。彼らの影は、月明かりの中で不気味に揺れ動き、悪霊の声が森の中に響き渡る。

死霊の存在は恐ろしい。彼らはかつて生者だったが、今や人間の感情や思考からは遠く離れている。彼らは魂の飢えを満たすために、森の中をさまよい歩き、獲物を探す。彼らの目は赤く輝き、彼らの手は生者の肉を引き裂く。彼らの声は悲鳴のようであり、その姿は地獄から来たかのように恐ろしい。

森に足を踏み入れた者は、二度と戻ることができない。死霊たちは彼らの魂を喰らい、自分たちの一員にする。彼らの悲鳴は森中に響き渡り、その恐怖の響きは永遠に続く。

数多くの人々が死霊の森に踏み入ったが、ほとんどは姿を消したまま戻ってこなかった。彼らの遺体は決して見つからず、その運命は永遠の謎のままである。生者たちはこの森が忌まわしい場所であることを知っているが、それでもなお、好奇心や欲望に駆られて森に足を踏み入れる者が後を絶たない。

死霊の森は、深い闇に包まれたまま、その恐怖の影響を広げ続けている。彼らの存在は生者の世界においても忘れ去られることはなく、その森は永遠の恐怖の象徴としてそびえ立ち続けるのだった。

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Latest Articles

Monthly Archive

  • 2024

Search Articles