おしそ / ◯904.  May/04/2024 18:16

【進捗報告】花の悪魔と紅茶使い 1

5月のはじめ……
それは唐突に起こった出来事だった。

「そろそろゲームを公開しないとやばい気がする
 でも今作ってるゲームって時間かかっちゃうしな
 体験版とか出すタイプじゃないしなー」

ほんのり、ゲーム制作の息抜きにゲーム制作を始めるという
本末転倒なことを考え始めるというスタイル

しかし、奴が来てしまう。
アイデアの、神様ってのが……

そして私は決めたのである

「つくるか。今つくりたいゲームをよ」


たしかこれ、去年の6月くらいにも同じことをやっている気がするんだけど
なにも学ばない……だめかも……




そんなわけで5月の活動ですが

最長1ヶ月でゲームを作ろう!! になりました。
最初の構想は3分くらいの簡単なものだったけど
なんか風呂敷広げたら、あれよあれよとのびちゃったな……
多分20分~30分くらいになると思います。

制作ソフトはティラノビルダー
作品のタイトルはサムネ通りです。

これ、なんだとおもう?
これね、昨日ベクターツールで作字しようとおもったけど
自分の手書きが致命的にダメだったので
sai2とフォントをお借りしてデザインしたロゴ!!!

ベースとして「851マカポップ」をお借りしています!


それでどんなゲームかっていうと

紅茶を淹れて貴族を喜ばせよう!!!!!

ってゲームです。 シンプル!!!



主人公(名前変更可)は、ひょんなところから転生しちゃって
貴族の一時的な使用人になる。

使用人となったあなたのお仕事は5日間〈紅茶〉を淹れること。

こうやってお嬢様である「リリー」という悪魔がやってくるので
言われた通りのお茶を作って、満足してもらおう!!!

と、そういうストーリーだったりします。


私は作品作る時に日数制限を決めがちなのですが
今回もそのパターンにのっとってます。

5月のまじで1日からつくりはじめていま4日目ですが
まあいろいろ難航してたりしました。

進捗としては 40% くらいかな……
背景素材と立ち絵は揃ったので、あとは組み立てたり
音楽素材を探したりする感じとなります。


これは1月に描いた資料。
「天の底から」シリーズに出てくるちょっと個性の強い
貴族悪魔とその使用人…… これが今回の登場人物になります。

ええ、そうなんです。
今私は

「天の底から」のゲームの息抜きに「天の底から」のゲームを作ってます
何を言ってるかわからなくなってきたな。わぁ!!

UIとかもだいぶ決まってきてるのですが
初日と2日目はとにかく難航して、3案くらいにらめっこしてました。
その点ネタが切れたときに出すかもしれないし、出さないかもしれません




やったこと

1日目  ・シナリオの起承転結を考える。
      Nolaをつかいました。たすかる~
     ・UIのモックアップをつくる

2日目  ・とりあえずOPをつくろう。自作ウィンドウだから微調整しようね
     ・やりたいシステムの試運転。できたよ
     ・この勢いでチュートリアルをつくろう。専用の素材も作った
     ・UIも、つくったよ
     ・スプレッドシートに仕様を軽くまとめる。大丈夫かな?

3日目  ・なぜかこの勢いで背景を2枚描いた。何やってるの?
     ・1日目の流れを作った

4日目  ・そろそろ名前決めたほうがいいかもしれない
     ・名前きめた。ロゴつくろ。できた
     ・今の私「BGMどうするかな……」


なにこれ っていうボリュームをやってます。
GWの使い方、なんか間違ってる気がするよ。



そういえばプラグインをいくつかお借りしてたんですが
指示通りにぶち込んだらエラー吐きまくってたので困ってよく見たら
ティラノスクリプト用だった。っていうのが結構ありました。
気をつけよう。エンジン違い

あとは常時スクリプトリファレンスを参考に
メモ帳とかで編集しては貼り付け……みたいなことを
このようにしています。

ここまでやるならティラノスクリプトのほうがよくないか?
っていうことを去年もしでかしてるんですけど
GUIがわかりやすいのでティラノビルダーに落ち着いてしまう……



予定としては5月の末までに出す予定です。なんとかなるやろ!!!!
悪いところとしたら、熱中したら寝る時間犠牲にしはじめたので
そのあたりをどうにかしたいなーと思います。

これが、ランナーズハイ!

If you liked this article, support the creator with a tip!

Sending tips requires user registration.Find details about tips here.

Monthly Archive

Search Articles