ゲームスタジオみづき広報室 Q部!さんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

休部?キューブ?いいえ、Q部です!


    「始めましての方は始めまして!
     キューこと金城 麻朝(きんじょう まあさ)です!」

           「大森 聖奈(おおもり せな)だよー。
            セナって呼んでね!」

    「ここでは主に”ゲームスタジオみづき”の
     新作の進捗などを広報していきます!」

           「え?違うよ?」

    「違うの?」

           「ただのギャグ枠だよ?」

    「ギャグ枠ぅ!?」

           「そうだよ。
            真面目な話はホームページで十分なんだよ。
            だから、ここはギャグ枠。」

    「確かに作品自体が高頻度でギャグだしなぁ…
     って事なので、真面目な雰囲気の進捗が欲しい人は
     リンクにあるホームページからお願いします!」

      ゲームスタジオみづき


           「ただし更新頻度はお察し。」

    「うん…まぁ、そうだね…
     あ、ここでも進捗自体は扱ってるので、
     私たちのほうでしっかり紹介していきます!」

自己紹介!だけど未読スキップ!


    「まずは私たちの自己紹介だね。」

           「あ、それいらないから。」

    「え?いらないの?」

           「いらないよ。キューはさ、
            ”話しかけたら長々自己紹介するモブ”に
            興味ある?」

    「ないね。」

           「それと一緒だよ。私たちは
            ”話しかけたら面白い事言うモブ”で
            十分なんだよ。」

    「あれ?それじゃそもそも、私たちである意味なくない?
     何かの作品に出てるヒロインたちでも
     動員すれば良かったのに。」

           「それはあれだよ。
            特定作品を贔屓する事になっちゃうから。」

           「後は利権問題。立ち絵の著作権とか。」

    「絶対後者だな…」

活動内容紹介!

ゲームスタジオみづきってどんなサークルなのよ?


    「じゃ、仕切り直して活動紹介行くよー!
     えーとですね…
     ”ゲームスタジオみづき”は主に長編RPGを制作しつつ
     たまに短編ノベルゲームを制作してるサークルです!」

           「プログラミングに疎いから
            RPGツクールとかの既存ツールに頼ってるのが
            残念なんだよねぇ…」

    「ま、まぁツール組み上げるなんて
     時間的にもそうそう出来る事じゃないから…」

    「あ、でも”くらふと☆そーされす!”は
     独自のシステムを組み込んだ経営RPGで、
     一時期ふりーむ!様のデイリーDLランキング2位を頂きました!
     皆様のおかげです!」

くらふと☆そーされす!特設ページ


           「作中の会話のノリはここに近いから
            ここが楽しめる人ならDLして損ないかもね?」

    「既に続編の制作にも着手してて、
     経営RPG界の有名人になれたらいいなー、って
     サークル代表がちょっと言ってましたが…
     あんまり期待しすぎないでください。」

           「多分流行した
            ア○リエシリーズやどう○つの森に
            喧嘩売るつもりじゃない?」

    「せめて流行に乗るって言ってあげて…
     それに、喧嘩売っても勝ち目無いから。絶対。」

           「ざんねん。
            ”セナのアト○エ”とかできると思ったのに。」

    「できたら夢のようだけどね…」

Ci-enでの活動 って、冒頭で既に言ってない?


           「え?この項目要る?」

    「冒頭で既にやってるからね…
     そもそも、ノリの合わない人は既にブラウザバックしてるよね?」

           「もう誰も見てなかったりして。」

    「無いとは言えないからなんとも言えないなぁ…」

支援してくださる皆様へ


    「ほら、ここは何が何でも真面目に行くよ!」

           「えー、やだ。」

    「そんな事言わない!」

           「えー、やだ。」

    「なんで!?」

           「えー、やだ。」

    「天丼は2回までだっての!!」

   ※天丼=漫才などで同じネタを繰り返す事


           「やっとヘッダー画像の伏線が回収できたね。」

    「できたけどさぁ…それ、今やる?」

           「回収し損ねるのイヤだなーって。
            で、真面目に行くんじゃなかったの?」

    「あ ん た が 言 う な」

    「えーと、ここでのコンテンツには一部有料のコースがあります。
     それらで頂きましたお金は作品の制作に使わせて頂きます。
     主に以下のような用途です。」
  • ホームページのサーバー維持費
  • イラスト、BGM、OP&ED曲などの制作依頼
  • 制作ツールの充実
  • 天ぷらを食べに行く


    「ちょっと待って最後の何コレ」

           「”リアル天丼”コースの場合のみ、だね。
            チェーン店に天ぷらを食べに行って
            その感想を記事にするコースだよ。」

    「需要が謎だなぁ…」

           「コースとして設定しておくのはタダだし?
            って感じで、とりあえず置いてみたらしいよ。」

    「な、なるほど…
     そんな謎のコースは一旦置いておいて。
     皆様から頂きましたお金は作品のクオリティアップに
     利用させて頂く事をお約束いたします!」

           「主に、だけどね。」

    「だいたいその謎のコースのせい」

           「あ、それと…
            直接クオリティアップになるとは限らないよね?
            ペンタブ買っても絵が上手くなると限らないようにさ。」

    「た、確かに…
     絶対ペンタブ買って頑張って描いたサークルメンバーの絵より
     最初から依頼したほうがクオリティ高いもんなぁ…」

    「と、いう事で…
     確約はできませんが、可能な限りクオリティアップに努めます!」

           「裏金に回ったりしない?」

    「しないから!
     信用落とす発言やめてもらえる!?」

おわりに もうちょっとだけ付き合ってね!


    「じゃあ、そろそろ〆るよー」

           「はーい。
            もうだいたい全て伝えきったかな?」

    「たぶん…
     あ、そうだ。ひとつだけ。」

    「”ゲームスタジオみづき”ではゲーム制作に多くの時間を割くため
     ここの更新頻度はあまり高くありません月1、2ペースです
     あらかじめご了承ください。」

           「制作しながら高頻度で記事上げてる人もいるけどね。」

    「ま、まぁ私たちには私たちのペースがあるから…
     毎日記事上げてる人もいるよね。すごいよね。」

           「ネタだけなら私たちも
            毎日のように出るけどね。」

    「こうして記事としてまとめるだけでも
     それなりに時間使うからね…
     ネタに困らないのはいい事だけどさ。」

    「と、こんな比較的ゆるめのコンテンツですが、
     皆様に楽しんで頂けるよう頑張ります!」

           「がんばれー」

    「セナも頑張るの!」

           「はーい」

    「それでは皆様、
     これからよろしくお願いします!」

           「明日も元気に!」

    「レッツ!きゅー!」