hina miyazu May/15/2024 15:23

ポリエチレンフラノエート(PEF)業界動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

市場の定義

ポリエチレン フラノエートまたはポリエチレン 2,5-フランジカルボキシレートは、フランジカルボン酸から製造され、エチレン グリコールと重合された芳香族ポリエステルです。これは 100% リサイクル可能な植物ベースのバイオポリマーであるため、バイオベースのボトル、繊維、フィルムの製造に広く利用されています。

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-113817

ポリエチレンフラノエート市場の成長要因

当社のポリエチレンフラノエート市場分析によると、主な成長要因の一部は次のとおりです:

さまざまなエンドユーザー産業におけるポリエチレンフラノエートの採用の増加 – さまざまな産業における技術進歩の成長と、医療産業におけるバイオベースポリマーの使用の増加により、予測期間中にポリエチレンフラノエート市場の成長が促進されると予想されます。さらに、包装業界も飲料およびアルコールの包装にポリエチレンフラノエートベースの材料を採用しており、それによってポリエチレンフラノエート市場の成長に貢献しています。当社のポリエチレンフラノエート市場動向に関する洞察によると、毎年 77百万本以上の 9 リットルボトルのウォッカが消費されています。

バイオプラスチックおよびリサイクル可能な製品の使用の増加 – 環境中の温室効果ガス排出削減に対する環境への関心の高まりにより、世界中のさまざまな業界でバイオプラスチックおよびリサイクル可能な製品の需要が高まっています。さらに、いくつかの厳しい政府規制により、リサイクル不可能なプラスチックの使用が禁止され、業界が環境に優しい代替品の使用に移行することが奨励され、その結果、ポリエチレンフラノエート市場は大幅に成長しました。例えば、FDCAはリサイクル材料から製造され、ポリエチレンフラノエートの製造に使用され、それによってポリエチレンフラノエートPef市場の成長に貢献します。

最近開発

2023年11月:Avantium N.V.はPANGAIAと提携し、PANGAIAがアパレルコレクションに使用する植物由来のリサイクル可能な素材ポリエチレンフラノエート(PEF)を購入すると発表しました。

2021年12月:TOYOBO CO., LTD.は、100%植物由来原料を使用したPET樹脂の重合に成功したと発表した。同社は、PEFの適用に向けて取り組む目標を設定し、2050年までにすべてのフィルム製品にバイオプラスチックを使用することを目指すことも発表しました。

ポリエチレンフラノエート市場の動向分析と将来予測:地域概要

アジア太平洋地域はポリエチレンフラノエート市場で最大のシェアを占めており、予測期間中に最高のCAGRを維持すると予想されます。この地域の市場の成長は、中国とインドの包装産業および繊維産業からのポリエチレンフラノエートの需要の増加によるものです。さらに、消費財、食品・飲料、医薬品分野からのポリエチレンフラノエート製品の需要の高まりも、ポリエチレンフラノエート市場の成長を促進しています。当社のポリエチレンフラノエート市場動向に関する洞察によると、2022 年の医薬品プラスチックボトルの総売上高は 24.7億米ドルを占めています。

さらに、日本におけるリサイクル可能なボトルの生産の増加が、ポリエチレンフラノエート市場の成長を促進しています。さらに、国内の容器包装製品の需要の増加が市場の成長に拍車をかけています。当社のポリエチレンフラノエート市場動向に関する洞察によると、日本はペットボトルのリサイクル率が約 80% で世界のリーダーです。

競争力ランドスケープ

世界のポリエチレンフラノエート市場の成長に重要な役割を果たす主要な主要企業には、Avantium N.V.、AVA Biochem AG、Corbion NV、Swicofil AG、The Coca-Cola Companyなどが含まれます。 さらに、日本のポリエチレンフラノエート市場のトップ5プレーヤーは、Mitsui & Co., Ltd.、 Toyobo Co., Ltd.、 Toray Industries Inc.、 Inabata Co., Ltd.、 およびToyo Seikan Co., Ltd.などです。 この調査には、世界のポリエチレンフラノエート市場分析レポートにおける詳細な競合分析、企業概要、最近の動向、およびこれらの主要企業の主要な市場戦略が含まれています。

Monthly Archive

Search by Exclusive Perks

Search Articles