Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

藤波透子 Jun/02/2022 19:23

【お知らせ】pixiv社による性加害・ハラスメントへの個人的な対応

※pixivに全文載せていたんですが、6月のどこかでアカウントを削除することに決めたので、こちらに時系列順に残しておきます※
※6/5 プライド月間(PRIDE MONTH)にアカウントを残しておくのがしのびなかったので、お知らせから間もない段階とはなりますが削除しました! 今までありがとうございました。引き続き自己表明として以下の文章を残しておきます



SOGIハラスメントの報道を受け、pixiv編集部様に取り上げて頂いた「四雲天国妖詩篇」の第一話、及び「宝石と魔女」の第一話以外のすべての作品を非公開にしました。

上記二作を残したのは、お話に出会って下さった方々にこの問題を知ってもらいたいという思いがあったからです。(……といってもほとんどの方がご存じだと思いますが)
今後pixiv社の対応等で、このアカウント自体を削除することも視野に入れております。

わたしはすべての差別に明確に反対していますが、近年のトランスジェンダーへの差別は特に深刻であると思っています。故に、今回の事件には非常に落胆しておりますし憤りを覚えています。

2018年に起きた性加害の事件からpixiv社様ではセクハラ・パワハラ等に関する社内研修や勉強会、意識改革などの取り組みはなされていなかったのでしょうか?

pixiv社は特にオリジナル小説において「百合文芸」「BL特集」をはじめ、多様な開かれた物語に力を入れているサービスだと思っておりました。pixiv漫画でも多くのクィア作品が連載されていましたし、現在もされていると思います。
そういったコンテンツを取り扱いながら、社内では多くのパワハラ・セクハラ、性犯罪・差別により苦しめられている人たちがいるというのは本当に最悪だと思います。

芸術プラットフォームとして多様でひらかれた繊細な作品を募っているpixiv社が、根深い差別と暴力を容認しているのなら、我々投稿者は安心して作品を載せられません。この騒動の後、作品を投稿し載せること自体が、マイノリティへの暴力の加担になるのではないか、という恐怖があります。なので、この騒動についてpixiv社が対応するまでは、何か特別な意図がない限り投稿はやめるつもりです。どういった姿勢が(自分の中で)良いのか、考え続けていくつもりです。

pixivは大きいプラットフォームですし、仕事でポートフォリオ代わりに使っていて消せない……非公開にするのはちょっと、という方もいらっしゃると思います。そういう方々へ強要するつもりはありませんし(そんな権利ないですしね……!)正直「なんでユーザー側が非公開にしたり退会にしたりして抗議しなきゃなんないんだよ!」という思いもあります。そんなことしなくとも、やっちゃダメなことやんないでほしいよ! ほんとにさ! っていう意味です。でも現状わたしは何かしないと気が済まないので……今自分が出来るのは非公開にすることと、取り上げて頂いた作品のキャプション及び自分のページにスタンスを書くこと、プレミアム会員を解約し、抗議文を送ることだなと思ったので実践しています。
他に何が出来るかは引き続き模索していきます。

2021~2022の活動期間、編集部さんには二度に渡って拙作を取り上げて頂き、丁寧な紹介や激励の言葉をかけて頂きました。深く感謝しております。特に「四雲天国妖詩篇」はさまざまな性・在り方で生きるひとびとを描いている作品です。作品を取り上げて頂き、本当に心強く思っておりました。
だからこそ、pixiv社全体が性犯罪・性差別を容認し温存する姿勢を続けるのなら、作品を載せ続けることは出来ない、と思うのです。

pixiv社で起きたハラスメント事件(性加害)について、公式から誠実かつ迅速な対応をのぞみます。
「ご不快構文」ではなく根本からの意識改革・社員研修等、具体的な今後の対策を発表して頂きたいです。

今後の動向で、退会等も視野に入れ、対応していきたいと思っています。
最後に。今回の被害者女性含め、被害を受けた方々は現在もpixiv社で働いていらっしゃるということで、辛い思いをした・し続けている方々が少しでも早く安心して仕事が出来ることを願っています。

大急ぎで書いたので、諸々変な箇所・至らない箇所等あるかもしれません……都度更新していきます。

(2022.05.28)

*近年、SNSを中心にトランスジェンダー排除言説が広まっております。トランスジェンダーへの知識やファクトチェックに役立つURLも記載します。
・トランスフォビアへの抵抗とトランスインクルーシブなフェミニズムのためのリソース集→https://transinclusivefeminism.wordpress.com/
・はじめてのトランスジェンダー→https://trans101.jp/

(追記 2022/05/29)
この件で、トランス女性への被害を透明化してはならない/トランス差別をやめろ、という文脈へ「特別扱いをするな」という言葉が見受けられます。生きていくための当然の権利を主張しているだけなのに、そういう言葉でマイノリティを陥れることには断固反対します。

また「性別関係ない」という文脈で話している方もいますが、その言葉は被害を訴えた女性の被害を矮小化する言葉になりかねず、二次加害を起こす可能性があります。よかれと思って言ってしまっている方も居ると思うのですが……。そうなんです……。
すべてのひとにセクハラ・パワハラ・性加害をしてはならないことはもちろん前提です。ただ今回被害を受けたのは(トランス)女性なのに、そこに「性別関係ない」という言葉を被せるのは暴力になりかねないのです。

上手いたとえが浮かばないんですけど……「わたしこういうつらいことがあって」と話しているのに「みんな生きてたらつらいよ!」といわれたら「わたし」を無視されているように思いませんか。「わたし」を矮小化し、「みんな」という言葉で破壊されたような気持ちになる。まして相手が自分より強い立場(マジョリティ)だったとしたら、より深刻です。

トランスの方のミスジェンダリングによる傷は、本当に想像できないほどに苦しく耐えがたいものだと思います。だからこそ、漠然とした言葉では無く、個々を指す言葉で表現すべきだと思っています。

こうして話していますが、わたしも以前は特にトランスジェンダー・及びフェミニズムについて不勉強で、間違った言葉の使い方をしたり、よかれと思って言葉にしたことで更にマイノリティを傷つけかねない最悪なことをしてしまったこともあります。今も様々な本を読んで、いろんな考えを見聞きしているものの不勉強だとも思っています。

すべての差別に明確に反対する一方で、差別をしない人・差別意識の無い人間はいないと思っています。わたし自身もそうです。自分の中の差別意識や偏った思想を根絶するのはとても難しい作業だし、果てがあるとも思いません。一生やってくしかないんだと思う。
でも、だからこそ、自分の中にある内なる悪や差別意識の醜悪な種をつんで燃やしていきたいと思いますし、差別に反対しています。

「わからない」「しらない」「言葉にするのは怖い」……わたしもそうです、みんなもそうです。だけど、目を背けるのでは無くて、少しずつ進んでいくべきだと思っています。

(追記 2022/06/02)
悩んでいましたが、6月をもちましてpixivのアカウントを削除することにしました。具体的な日程は未定ですが、今月中に削除するつもりです。
退会のきっかけはpixiv社内の性暴力事件・セクハラ・パワハラ問題、及び30日づけで発表された社の声明です。

Twitterアカウントでも言及しましたが、本文に被害者への謝罪が無いこと、問題を認識し「接近禁止」としていたのにもかかわらず何故か同じ部署へ配属したことへの言及が無いこと、「性別・性自認・性的指向等に関わらず、万人に対して許されない行為であると認識しております」というトランス女性への加害を矮小化しかねない文章(よかれと思って書いたんでしょうが……)、上記すべてを含めた誠意のなさと社への不信感から退会を決意しました。

お題箱で「文面で謝罪すること=被害者への謝罪にはならないのでは?」と質問を頂きましたが、被害者女性が公的な場所で問題を明かし戦っていることから、わたしは公的な場所で非を認め、被害者女性へ謝罪する旨を書く必要があると思います。
このお知らせ文は一貫してわたしたち「ユーザー」に向けられて書かれていますが、まず向き合うべきは被害者女性及び加害を受けた方々であり、被害者に向けた謝罪とおかした罪を認める言葉、そして今後の対策・改善策を含めた社の方針をわたしは見たかったので、被害者女性を透明化するようなお知らせ文に誠実性を感じませんでした。

報道があった後、社にメールで意見を送り、この表明も本当に取り急ぎ……といった感じでしたがpixivに載せて、Twitterでも言及しておりましたが、SNS等での退会批判ツイートの多さ、消すか消さないか・非公開にするかしないか(それによって自分たちがどう見られるのか)しか書いていない、被害者を透明化するような自己中心的な論争を見て、pixivというサービスにかなりマイナスなイメージをいだき、サービスを引き続き使っていくのがしんどいなと思うようになりました。
正直この超絶大きいサービスから撤退するのは仕事のポートフォリオとして運用していたのもあってメチャクチャ痛手でしんどいんですが、本当につれ~~~~え! となってしまったので退会します。空から仕事ふってきてほしい。

※繰り返しになりますが「消すかどうか」などは個々の判断なので消さないからどう、とかではまったくないです。そういう論は無意味とさえ思います。わたしのようにポートフォリオとして使っているから消せないよ……という人や数百作品近くを移転するのは……等さまざまな問題・事情を抱えているひとがたくさんいらっしゃると思いますし、個々が判断することです。要は削除がどう、非公開がどう、とかじゃなくて今も戦っている被害者女性や社内で性暴力・セクハラ・パワハラを受けた方々に、わたしたちはなにが出来るかってことだと思うので。そのやり方は人それぞれだと思います。何もしないはナシじゃないの……と思いますが。

小説は引き続き 小説家になろう等各種サービスで投稿していくつもりです。
このお知らせ文章はあくまで自分のスタンスの表明とpixiv社への反抗・批判のつもりで書いたので、この記事にはURLをはりません。

今までpixivで読んで下さっていた方々、ありがとうございました。
多くの人に作品を読んで頂けて……感謝の気持ちでいっぱいです。
ファンアートなども投稿して頂けて本当に嬉しかったです。
活動は引き続き、生き生き続けていくつもりなのでよろしくお願いします!

最後に。
繰り返しになりますが、わたしはあらゆる性加害・性暴力・ハラスメント・差別に反対します。特にトランス差別には強く反対しています。
自分の中にある内なる邪悪・差別意識とも引き続き戦っていきます。

今回の被害者女性含め、被害を受けた方々が少しでも早く安心して仕事が出来、正しいケアを受けられることを強く願っています。

藤波透子

以上の文章をpixivに投稿しておりました。
Ci-en、及び「小説家になろう」では引き続き活動していきますし、HPもちょっと更新をサボってますが引き続き稼働しているので、今後はそちらで発信していきます。
Ci-enユーザーのみなさんには特に関係の無い話題で申し訳ないです……。が、pixivで読んで下さっていた方々もいると思いますし、自分としてもこの文章を残しておきたかったので、此処に載せました。

本文にもあるとおり、わたし自身もまだまだ差別と偏見を持った人間です。でも、内なる邪悪を排除し、差別をしない・偏見をもたない人間になれるよう努力は怠らないでいくつもりです。まったくそれらがない人間なんて存在しなくとも、捨て去るようにつとめることは誰にだって出来ると思うので。

まだまだ不勉強なところも多々ありますが、引き続きよろしくお願いします。

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

この記事にはコメントできません。

月別アーカイブ

限定特典から探す

記事を検索