Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

Marcenary Artist 2021年11月28日 15:00

【お知らせ】Inscribe Chronicle第四章公開!

Inscribe Chronicle第四章公開!

現在進行形で執筆中の「Inscribe Chronicle」の第四章を公開しました!

物語は急激に変化し、ゲームで言えばラストダンジョンでもあります。

今後の展開に乞うご期待!

Inscribe Chronicleのノベルアップ+でのURLは下記となります。

Inscribe Chronicleこちら

第四章のまとめ

 ニムロド隊を撃破し無事にオルディア大陸の南サンクチュアリへと入ったブレン達。しかし、入管でヤステルファルクが渡したパスポートは「偽造品」であることが発覚する、そこに挑戦者だと言わんばかりに現れたリーダーとブレンはタイマンになり戦うことになった。
 撃破には至らなかったものの「力を示した」ことで偽造パスポートでも全サンクチュアリへ行けるようになったのだ。
 リリーアの故郷である「オルヴィス村」の場所を把握し、飛行艇で北サンクチュアリへと向けて出発する。北サンクチュアリでオルヴィス村に向かうトラックに相乗りし遂に「リリーアの故郷」へと到着した。
 「真の幼馴染」であるフィオとの交戦、メルの陽動でスキを見せたところでリリーアが白兵戦で殺さないように無力化して圧倒する、だがそれを追ってきたアヴローラと名乗る女性の迎撃が起こったもののメルのお守りが発動し戦いは終わった、そして「元王妃」であるレアによって物語は更に発展する。
 
 リリーアの真実を知ったブレン達は「最期の時」となる場所にて約束を破ったレアに対しブレンは射殺してしまう、その後生きているとは分かったものの目を覚まさない状態であった。

第五章へのあらすじ

 光属性の七大天珠であるリリーア、共に身を捧げると誓ったフィオ、そして明らかになる大男の正体とは、物語はクライマックスへと向かっていく。


今回はここまで、次回もお楽しみに!

エピローグ含め4~5章での構成を予定しております、ラノベだと一般的な300ページ相当になる見込みです。
また挿絵・扉絵は草案はあるものの自分の腕では「あまり興味が引かれない絵」なので誰かに依頼する予定です。

今後ともよろしくお願いいたします!

フォロワー以上限定無料

フォロワー以上限定で元ネタ内容を含みます。

無料

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

  • 外部リンク

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索