Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

老津ちお

老津ちお 2021年04月28日 18:57

希望の帝王

それは傍若無人だったが、ブジンと言うならば武人と言った方がしっくりくるような、猛々しい体躯に恵まれた男だった。
サングラスをしてガムを噛み、派手な服装の男。第一印象にまず、ヤバイ人だと思った。
見るからに素行が悪くて、普段だったら関わりたくない人。
だから俺は、内心苛立ちをぶつけた
「なんだよ。他所行ってくれよ」
くちゃくちゃ。
ガムを噛む音が返ってくるだけで、帰ってはくれないようだった。
靴を脱いで投げてみても、男は動じない。
命中することのなかった靴が男の背後に消える。
沈黙が流れた後。俺はまた急に、自分が情けなくなってきた。
明らかに虚勢を張って威嚇してるみたいで、死んでしまいたい。片方だけ露わになった靴下を通じて、湿り気のある土を感じた。
踵を返して、男から逃げるように立ち去る。いや、ふらふらとしていて生気がなく、きっと逃げてるようにすら見えてない。
そこで男が口を開いた。
「なあ、そこから飛び降りる気?」
俺は歩みを止めて、答える。
「見ればわかるだろ」
大きなため息をつかれた。
「そうしたいのはこっちの方だ。つかれるんじゃなくて、こっちがため息をつきたいよ。……もう疲れた」
轟々と音を立てる滝壺に進む。
ため息を?なんて、男は独り言のような訳のわからない返答をしてくるけど、いちいち取り合うのも煩わしい。それほどまでに俺は疲弊していたのだ。
はは。
心の中で乾いた笑い声が生じた。
深夜みたいな、疲れてる時特有のつまらないギャグを思いついていた自分を笑ったんだ。
嗚呼、こんな風に終わるつもりなんてなかったのにな。なんだよ、『疲れてるな俺、最後のため息もつかれちゃうし』……って。
——って。え。さっき男はなんて言った?
ともすると俺は、今際の下らないギャグすらも奪われてしまっていたのか?
「うっせぇわ‼︎」
俺は憤慨して振り向くと、思いっきり殴られ、倒れる。
「どうせ死ぬなら一回殴らせろよ。むしゃくしゃしてんだ」
殴ってから言うなよと思うけど、もう一度殴られて、あ、こっちのことを言っていたのかと理解する。
もしくは、殴った後にまた殴らせろと言われたのかもしれないけど、その真偽を確かめるすべはない。
顎に当てられた2発目で、俺は気絶した。




目が醒めたのは、住宅街のゴミ捨て場でだった。
頬の痛みと、長時間変な体勢でいたために節々が痛い。
「…………いや、首の痛みは殴られた時のやつだ」
日はすっかりしずみ、薄暗く、気温は低くなっていた。
自殺をしようとしていたのは日の高いうちだったから……
推測によって、過ぎた時間を大体把握すると、こんなにも寝たのはいつ振りだろうと若干清々しい気持ちすら湧いてきていた。
そして、すっかり自殺願望が失せていることに気がついた。
流石に、はっとした。
危うく俺は死ぬところだった。
高々、睡眠不足によって気を病んで。
あんなにも後がないと、一辺倒の思考になっていた誰かのことを思い出してみると、愕然とさせられた。
我ながら想像を超える豹変振りに立ち尽くしていると、身震いが体を揺する。
「さむっ」
いやに今夜は冷えるらしい。
近くに自販機が見えたので、暖かな飲み物で体を温めるべく、財布を取り出す。
財布を取り出そうとする。
すると、どのポケットにもそれらしきものがない事実が次第に明らかになってきた。
自販機の前で慌てていると、陽射しが目に入る。
あれ、と。
どうやらお天道様は登ってきているようだ。
俺は一晩中気絶していたらしい。
「はは」
ありがたい。こんな状況なら、あそこまで俺を追い詰めたあの職場に今日は行かなくていいだろう。
憑き物が落ちたように気が楽になった俺は、十数分後、警察署に行った。




後日見つかった男には、お礼を言った。
警察の方々にはその時点で被害届を取り下げ、不起訴処分としてもらう。
男は家賃滞納の代替として、自殺の名所になっていたあの場所で番をしていたらしい。
なんでも、大家さんの知り合いの住居が川沿いにあり、定期的に死体が流れつくものだからという奇縁であったようだ。
そして、この一連の体験は、
『人の迷惑になる死に方をするな』
『ひいては迷惑にならない死に方などない』
『よって、迷惑な生き方をするな』
といった、人生訓を得る糧となった。
だがしかし。家賃滞納をする生き方でも、場合によっては働き詰めて精神を病むような人の救いになると。今ではもっぱら、笑い話にもなっている。

フォロワー以上限定無料

絶望と希望と切望と

無料

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • クリエイタータグ

最新の記事

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索