Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

したい印のまりあ 2021年06月20日 17:42

蜜と夜

本日午前0時からの配信で朗読した短編小説です。
特に山場がある訳でもない、単に「おねショタ・お姉さん視点」というのを書きたかっただけです、はい。
それでも、「文章による写実主義」を目指しているまりあとしては、できるだけ現実的に書いたつもりです。

舞台は例によって(?)夜行列車。その個室です。
いやほんと、NLですけど山なしオチなし意味なしですよ。

フォロワー以上限定無料

単なるおねショタです、過度な期待はしないでください

無料

【 短編小説が全部読めるプラン 】プラン以上限定 月額:500円

実は最後に少しだけ山場があります。

先月以前に投稿された記事のため、この限定特典を閲覧するには[ バックナンバー購入 ]する必要があります。

月額:500円

この記事が良かったらチップを贈って支援しましょう!

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

無料プラン (月額0円)以上に加入している場合のみ、この記事にコメント投稿・閲覧ができます

※バックナンバー購入は対象外です。

プラン一覧
  • クリエイタータグ

月別アーカイブ

記事のタグから探す

記事を検索