Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

妖鬼之夢幻屋

妖鬼之夢幻屋 2021年01月04日 20:04

新年早々に思ったことなのですが、真面目に聞いていただけましたら嬉しいです。

これはほとんど私事に関することなのですが。
私の親族がいわゆる「サ高住」に住まうことになりました。
それで一度個室を見学させていただいたのですが、

絶望的なまでに最高に殺風景

です。
サ高住ですので、病院というわけではなく、
あくまでも介護とか必要な高齢者のための住宅。
つまり、家です。

シンプルなのが良いという人は殺風景とは思わないかもですが、
今まで散々世話になった親族が老いて一人でサ高住とかに入った、
個室は一人で寂しそうです。

絵や写真が趣味の方がクリエイターの技能を使って、
作品をご親戚の方、そしてサ高住とかの施設にプレゼントする、
そういったクリエイターのボランティア活動が広がったらいいな、と
思った次第であります。

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート
  • 外部リンク

  • DLsite作品

月別アーカイブ

記事のタグから探す

限定特典から探す

記事を検索