Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어

Translated by machine

投稿記事

初心者の記事(1)

徳島ゲーセンリバース 2021年07月05日 13:13

初心者救済の落とし穴!!

初心者救済の罠!!


初心者の育成には力を入れるつもりだし、
20年くらいそう思ってやってきているけれど、
格ゲーなんかは難しいから、初心者救済措置を入れろって意見。
これには条件付きで反対なんだな。


初心者にしか使えない救済システムならまだしも、
通常の救済システムや切り返し手段みたいなものは、
上級者も使えてしまうわけだ。


初心者の人には名前を出してもわからないかもしれないから、
ここは読み飛ばしてもらってもいいんだけれど、
一番ゆるい初心者救済として存在する、

定番の「オートガード」だ。
オートガードは攻撃を出していようが、勝手にガードする仕組み。
初心者救済っぽいよな。

次にガードキャンセルも初心者救済かな?
ずっと攻められている状況を切り返すためのシステムだからね。
初心者ほど一方的に攻められるだろうしな。

さらに技術が必要なものとして、
アドバシングガード(ガード中に入力すると間合いが離れる)や、
ブロッキング(相手の攻撃を受け流し、隙を作らせて反撃する)
なんかがある。

ほかにも、システム面で一方的な展開を救おうという
試みはいろいろやられたけれど、
結局いえることは、こういったシステムは初心者専用じゃないってこと。
上級者ほどうまく使いこなしてしまうんだ。

コンボの途中で強制的にコンボを終わらせる「発動」なんて仕組みも
あったりするけれど、初心者はコンボなんてできないと思うけどさ、
万にひとつ、長いコンボができたとして、上級者が相手だったら、
発動されて終わっちゃうよね。万が一のチャンスがフイになっちまう。



実力差が「余計に」広がる結果しか産まなかった。

オヤカタは、だからこういうゲームはダメだといいたいんじゃない。
こういうゲームはすばらしいと思う。

試みたこと自体がすでにすばらしいし、
ゲーム自体をおもしろくしている。
ただ、初心者は救済できなかったというだけだ。

また、こういった仕組みで「格ゲーは死んだ」とかいう人もいる。

「ZERO3のオリコンで〜」については、賛同する部分もZEROではないが、
「ブロッキングのせいで格ゲーは死んだ」というのはどうかなぁ?

そういう人は、オヤカタみたいに30年間スト2やってんの?
超シンプルだから安心だけど?
とも、正直なはなし、思うわけなんだ。


初心者を救済する方法は、簡単じゃないんだ。
上手い人ほど、その仕組みを上手に使えてしまうからね。

あと、みんなも知っているように、カードシステムとかかな。
それとマッチングのシステムも現実問題不可能だ。
サブカードとかカードなしに対応するために
顔認証にしてカードと一対一にするのも難しかろうし、
そもそも常時数千人接続してないと実力が近いもの同士を当てられない。
実力が近くても、一方勝ちもあるだろうし、文句は絶対に出るよね。


初心者には2種類いる

元も子もないいいかただけれど、
初心者には「今日はじめます。いますぐ勝たせてください」ってのと、
「負けてもいいんで練習させてください」ってのがいる。


両方とも同じ競技をするわけだから、一緒くたにしちゃいがちだけど、
ここはね、ちゃんとみてないといけないと思う。

初心者救済って傘の下に両方ともを入れちゃダメってことだ。
厳しいようだけどね。


練習しないでいますぐ勝ちたいって人は、仕組みによる救済を好む。
でも、仕組み(システム)で救えないってのは先のとおりだ。
また、ブレイカーズリベンジ※みたいな救済方法も好まない。
たぶんなんだけど、一方的に勝ち続けたいってメンタルなんだと思う。

まあ、負けるより勝ちたいってのはわかるんだけど、
全部勝ちたい、一切努力しないで勝ちたいというのは、
相手がいる競技では難しいね。相手もそう思ってるなら、
結局努力しなきゃいけないからね。


オヤカタの生まれた昭和の時代に、
野球部で今日からはじめるんでエースで投げさせろなんていった日には、
先輩にボコボコに殴られてたね。全裸で走らされたかもしれねえな。

ま、これは悪き習慣だからなくなってよかったと思うけれど、
一方で「現実」というかさ、「実力差」があって、
勝ち負けがつく場面ってのが減ったと思うんだよね。

負け慣れしてないというかね。
だから、いきなり勝たせろってはなしも出てくるのかなって。

ちょっと昔話が過ぎたかな。
でもさ、人間どこかで負けるんだから、ゲームくらい軽いもので
負けと現実、世の中を知っておくのはいいもんだぜ。
上手く活かせば、先々役に立つ。

これだけは断言しておこう。



難しいことを難しいままに受け入れる


別の機会にもう少し追記ついでに書き直すつもりだけど、
オヤカタは、難しいものは難しいままでもいいと思ってる。

車とかパソコンとか、技術が向上して簡単になるのはサイコーだけど、
趣味の世界、競技の世界は、ある程度の不自由が認められるべきだ。

昔にも書いたけれど、自動演奏のピアノを聞いて感動するかってことだ。
奏者がいるなら、機械打ち込みより生で演奏してくれたほうが感動するだろう。
(ゲーム音楽はシンセサイザーでつくってる云々は別問題だ)

水泳なんてそうだったよな。水着を着たらメチャ速くなったりさ。

「そこはそうじゃねえだろ」って思うわけ。



練習しないとできないことは、あってもいいはずなんだ。
そのせいでみんなが楽しめないってのは、おかど違いだと思う。
オートマ車の運転を自慢しにくいように、割と誰でもできることに
価値や熱狂ってのは生まれにくい。

練習することでできるようになるってのは、
それだけでこれからはじめる奴らにアドバンテージを取れるってこと。
そんなセコい考えはしたくないっていうなら、
練習してできるようになったら、その技術は誰にも奪えないし、
自分の身になったと実感できるということ。

自分が成長した実感が極めて手軽に得られる。
格ゲーもシューティングも、そういう点でとても優れていると思うんだ。


さいごに

最後になってきたからもう一度確認のために書くけれど、
初心者を突き放しているわけじゃないんだ。
初心者は苦しめともいってないし、上級者に負けてはいつくばれなんて思わない。

成長することを楽しむのがゲームであって、勝利自体や、
それによって相手を否定することを楽しむもんじゃないと思っててさ。
だから、そこに価値を置いている初心者にとってオヤカタは「敵」に見えるだろうね。

でも、成長の実感を楽しみたいって人には、仲間までいかなくても、
それなりに見えてて欲しいかなとも思う。

初心者救済の道は険しい。システムや思いつきですぐに救えるものじゃないんだ。
ましてや全員なんてのはほぼ不可能なんだね。

みんなが成長の実感のために多少苦労をしても、
ゲームを遊ぶ人になってくれることを切に願うよ。



【蛇足】ブレイカーズリベンジの初心者救済

蛇足中の蛇足なんだけど、ブレイカーズリベンジの初心者救済は
本当にスゲーんだよね。


例えば、相手に攻撃を当てなければ当てないほど攻撃力ボーナスがかかる。
つまり、攻められっぱなしでも、一撃当てれば大逆転。
これは待ちキャラを使う上級者にもかかる補正(ボーナス)ではあるんだけど、
このゲーム、待ちが弱いからね。上級者が得ばかりとはいかない。


また、連勝すると攻撃力ダウン。
3連勝くらいからわからないレベルで下がっているようで、
10連勝もしたら露骨に減らなくなる。
強い方が損をする仕組みなのだ。

これのなにがいいって、強キャラも割を食うって点だな。
長い目でキャラパワーをマイルドにするシステムを持ってるんだ。


なのにこのゲーム、全然遊んでもらえない。


初心者救済! キャラ差は悪!!


オメーら、年中いってるじゃねえかよ!!


「そういうのじゃないんですよね〜」ってどういうことだよ!!

ブロッキングは悪! オリコンはなくすべき!!
初心者も勝てるように!!

これを実現したらしたで文句が出るし、遊ばない。
つまり、一方的に自分が勝ちたいわけなんだな。
そりゃわかるけど、だったらそういわなきゃ。
練習せずに自分だけ勝ちたいんですけどって。
システムのせいにして、初心者が〜なんてゴマかすのはズルだぜ。


世の中の超上級者やゲーセンのオペレーターが、
いよいよ初心者保護に懐疑的になった経緯は、
こういうところにあるのかもしれね。
報われない努力はしないよってことになるんだな。

だからさっき、初心者には2種類いるってはなしをしたわけなんだ。
「楽してボコりてえ〜」って人と、誠実な人をまとめて
「初心者」とくくっちゃいけないよっていうためにね。



つーわけで、ブレイカーズリベンジは「いまからはじめる」のにベストなゲームだ。

リバースでも稼働させられるから、ぜひ稼働の要望&プレイヤーを募ってくれ。
初心者のための格ゲー環境がないからできねえっつーなら、
そんぐらいのガッツは見せてくれよ!
応援するからよ!!

初心者うんぬん抜きにしてもおもしろいゲームなんだぜ?

  • アイコン
    daisuke ID00164148
    微力ですが、ゲーセン維持の為に使ってください。

1件のチップが贈られています

チップを贈るにはユーザー登録が必要です。チップについてはこちら

\いいね・ツイートで記事ランキングアップ!/
ツイート

月別アーカイブ

記事のタグから探す

記事を検索