わたわたさんをフォローして、最新情報をチェックしよう!

マイページへ

Ci-enはクリエイターに対して、金銭的な支援を送ることができるサービスです。

わたわた

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その6

脚本『願いの果実』第2章「ハニートラップ!?」その6

邦洋(20♂):演出・衣装   【配役】保留
良平(20♂):小道具・舞台監督【配役】保留
浩太(20♂):脚本・演出助手 【配役】保留
香南(19♀):小道具・情報宣伝【配役】保留

 部室で両腕をパイプイスに縛られたままの浩太。
 カミングアウトした香南は、浩太の質問に即答できずに立ちすくむ。
 その様子を画面越しに見ている邦洋と良平。

邦洋「ハニートラップだったのか」

良平「全米を揺るがすほどのショック到来」

邦洋「行こう」

 邦洋と良平、サブステージから去る。

香南「ごめんなさい。わたしが好きなのは、浩太じゃなくて……」

浩太「プロデューサーとは、できてんのか」

香南「ううん、わたしが一方的に好きなだけで、きっと向こうは、そんな相手山ほどいると思う」

浩太「探偵部の情報、合ってたじゃないかよ。ホテルに入ったとこを見たって」

香南「でも、お金とか受け取ってないから。援助交際じゃないから」

浩太「さしずめ晩飯にされた兎ってとこだな」

香南「……」

浩太「利用されてんのは、カナの方じゃないか。おれは、ちょっと夢見させてもらっただけで、傷も浅いし。でも、一番、傷ついてるのはカナだろ。アイドルになるために、一番、犠牲を払っているのは」

香南「……本当にごめんなさい」

 邦洋と良平が入ってくる。

香南「あ」

良平「ごめん、全部、聞かせてもらった」

香南「え……盗聴?」

良平「盗聴というより、盗撮」

 良平、大道具を動かし、奥にあるタブレットを取り出す。

香南「わたし、疑われてたってこと」

邦洋「この際、全部話そう。いいな、浩太」

浩太「分かった」

良平「腹を割れよ、お調子者」

浩太「ああ、悪かったな、二人とも」

邦洋「浩太は撮影されていることを知りながら、自分から言った。すでに腹を割る覚悟はできてるはずだ」

良平「言っておくが、浩太がカモられてたショックより、おれたちに二人の関係を秘密にしてたショックの方がでかいぜ」

邦洋「他に、言えない理由が、あったんだろ」

浩太「ああ」

良平「何だよ、まだあんのか」

邦洋「願いの果実、あれはすでにカナがキャストに入ることを想定されていた」

良平「え?」

浩太「何でも分かるんだな、邦洋は」

邦洋「恋沙汰とまでは見抜けなかったけどな」

良平「どういうことだ」

邦洋「説明しろよ、自分の口で」

浩太「ああ。その前にお願いしたいことがある」

邦洋「何だよ」

浩太「リアルにトイレに行きたい」

フォロワー以上限定無料

フォローしていただくだけで無料プラン限定特典を受け取ることができます。

無料
\いいね・ツイートで応援!/